Risen 体験版02


嵐を一緒に生き残ったSaraを廃屋に残し周囲の探索に出る事にした。
家が有ったと言う事は少なくともここは無人島じゃ無いって事だな。
Saraが見つけた道を進む。開けた場所に出ると目の前に見えたのは
何かの遺跡だった。

おいでませと言わんばかりの歓迎振りだが素直に入る気は起きない。
取り合えず遺跡の周りを廻って襲って来た蛾を片付ける。

遺跡は大分古いもののように見えるが見た感じは
何か仕掛けが有るようにも見えない。入ってみるか。


中は真っ暗だ。人の気配も無い。
奥に通路が見えたので足を踏み出すと床が抜けた。
うわ・・やられた。落とし穴にまんまと落ちてしまったようだ。

外で倒したのと同じ蛾の化け物が襲い掛かってきた。
こんちくしょう、こんな単純な手に引っ掛かるとは!

蛾を倒して周囲を見渡す。罠の部屋は思ったよりも小さなつくりだった。
直ぐ横に鉄格子の扉が見えるがレバーも見える。
レバーを引き下げると鉄格子はあっさりと開いた。
さて、今度はそう簡単には罠なんかに掛からないぞ?
慎重に階段を進むとついさっき落とし穴に落ちた部屋に出てしまった。
なんだよコレ。ただの嫌がらせか?


気を取り直して坂を上ると家が見えてきた。
おー、やっぱりココは無人島じゃ無さそうだ。
しかし、近寄ってみるとこの家もなんだか酷く荒らされたように見える。

一体全体何が起こったんだろう?
考えても仕方が無いので家の中を調べてみる事にした。
「おい、オマエ!」

驚いて声をした方を見ればごつい人相のおっさんが
武器を構えてコチラを睨んでいる。
あー、人がいたのか。しかしこの状況はあんまし嬉しくない。
「おいオマエ、何をしてるんだって聞いてるんだが?」
まぁまぁ旦那、怪しい者じゃないんで落ち着いて。
「武器を持って家に上がり込んでくるヤツが
同じ事を言ったらオマエは信じるのか?もう一度聞く。何をしに来た?」

こりゃ素直に話をした方が良さそうだ。
ええとですね、船が転覆して沖に流れ着いたんすよ。
右も左も判らないままここまでやって来たって訳でして。
あの、武器を収めて貰えないっすかね?
「ほう、一人は生き残ったって話を聞いたが助かったのは
異端審問のヤツだって聞いたぞ?」
自分はこっそり船にお邪魔してたもんで、、
密航ってヤツっすかね。
「そういう事か。運がいいんだか悪いんだか。
多分、異端審問の連中はオマエを探している。
捕まったら困った事になるだろうな。」
そういう不安になるような事をわざわざ教えてくれなくても・・・
「オレの名はJan。もしオマエが俺の手助けが必要なら
先ずは武器を見つけて来い。この家を漁れば多分見つかるだろう。
俺はその辺にいるから武器を見つけたら声を掛けろ。話はそれからだ。」

Janは武器を収めると家の外に出て行った。
見れば入り口の椅子に腰掛けてタバコを吹かしている。
うーん、もしかしたら良い人?
よし、んじゃ武器を探してみましょうか。

最初に見つけた家に比べれば多少はマシに見えるがこの家も
なんだか荒らされたような風に見える。何が有ったんだろう?
1階は特に何も見つからなかったので2階に上がってみる。
壊れたテーブルに椅子、隅には箱が転がっている。

テーブルの上に散らばった食料を懐に収め
箱をこじ開けると剣が出てきた。錆付いていない。
この紙切れは?地図じゃないか!

ええと、ここが打ち上げられた砂浜でココがこの家か?
何か町や城の様な物も書き込まれている。

これは結構デカイ島のようだ。
階段を降りJanに剣を見せてみた。
「見つかって良かったな。使い方を知ってればもっと良いんだがな。」

からかわれているのはなんとなく判るが今はそれどころじゃない。
ええと、すんませんけどこの辺の事を教えてもらえないっすか?
「何が知りたんだ?」
そうっすね、多分暫くここで生きてかなくちゃいけないだろうし
食い扶持の当てとか教えて貰えれば。
「少なくともこの辺りじゃ無いだろうな。」
ちょ、なんすかソレ。このままここに住み着けと?
「そうだな、ちょっと前ならHarbour Townに行けって
教えてた所なんだが。今はムリだな。
あそこは今は異端審問の連中で一杯だ。
見つかったら連中の修道院に連れて行かれちまう。」

はぁ、そうなんすか。でも異端審問(The Inquisitions)って
言われても今ひとつピンと来ないんですけど。
聞いた限りじゃその町はあんまり安全じゃないと?
「町には俺達の仲間がいるから上手くいけばそいつらが
オマエを助けてくれるかもしれん。
それに、異端審問の連中に捕まっても殺されるわけじゃ無い。」
うーん、訳が判んないっす。それに俺達って?
「俺達はこの島で唯一自由な身分なのさ。
沼の真ん中のキャンプで暮らしちゃいるが自由に代わりは無い。
どうだ?俺達のキャンプに来てみないか?」
素直にホイホイ付いて行って良いのか?って気がする。
取り合えず、Harbour Townに行くか、このJanに付いて行って
キャンプとやらに行くかの選択は出来る訳だ。
えーっと、町へはどうやったら行けるか教えて貰えますかね?
Janは怒る訳でもなく立ち上がった。
「勿論だ。付いて来てくれ。」

Janは後ろも見ずに歩き出した。ちょっと待って!
慌てて追いかける。少し歩くと農家のような建物が見えてきた。
「農場が見えるか?あそこのヤツラは異端審問の連中の手下みたいなもんだが
話をすれば町への道を教えてくれるだろうさ。」

うへ、、やっぱり怒ってるような気がする。
「まぁ、連中に捕まらないように気をつけてくれ。じゃあな。」
ちょっと、待ってお願い!あの、修道院って言ってたけど
捕まったらどうなるんすか?
「殺されはしないって言っただろう?
修道院は連中が新人を訓練する所だ。身も心もな。
まぁ、頑張ってくれ。」

待ってお願い!あの!キャンプに行ったらどうなるんすか!?
「酒に食い物、それと仕事が有る。後は戦士としての訓練かね。
修道院の連中は杖を使うがあんな物は武器じゃない。
オマエの持ってるのは剣だろう?」
なんとなくJanに付いていった方が良さそうな気がしてきた。
んじゃすいませんけど連れてって貰えますかね?
「よろしい、じゃぁ付いて来い。」

まんまと丸め込まれたような気もするけど
修道院とやらに連れ込まれるのも勘弁願いたい。
Janは廃屋を越えて山道に足を踏み入れた。
「そう言えばオマエ、遺跡は見たこと有るか?」

へ?遺跡っすか?そう言えばここに来る前に見つけたっす。
「連中は遺跡にいる事が多いから見つけても近寄らん方が良いな。
捕まったら修道院送りだ。奴隷になりたいか、自由でいたいか。
まぁ、何をするのもオマエの自由だけどな。」
なんか親切にされてるのか脅されてるのか判らなくなってきたぞ?
「よし、このまま行けばキャンプに辿り着ける。また後で会おう。」

Janは来た道をまた戻っていった。ふぅ、このまま進めばキャンプか。
さっきの農家に行ってみるか、このままキャンプに行くか。
暫し考えてみるが答えは出てこない。どうすっかな。
あ!忘れてた。走ってJanを追いかける。

ええと言い忘れてたんだが一緒に浜に打ち上げられた女がいるんだ。
浜の近くの廃屋にいるんだが。
「あぁ、そこは知ってる。判った、後で彼女は安全な所へ連れて行こう。」
あの廃屋にいる事が良いのか悪いのか判らないし
この男に彼女の事を頼むのが良いのか悪いのか判らんが
少なくともあそこに一人っきりって状態よりは良いだろう。
じゃぁ、すまんが頼む。ちょっと彼女と話をしてくるよ。

Janに礼を言って分かれた。浜の廃屋を目指す。
Saraは分かれた時と同じように置き火を前に座り込んでいた。
「あら、帰って来たのね。」

あぁ、ちょっとその辺を調べてきた。
ここは無人島じゃなかったよ。人がいた。
「何を見てきたの?」
おかしな場所みたいだ。聞いた話だけどな。
「そう、私はもう少しここで住む事にする。
まだ何かしようって気になれないし。
何処かここより良い所が見つかればいいんだけどね。」
それなんだが、上で会ったこの島の住人にアンタの事を頼んでおいた。
少なくとも悪いやつには見えなかったから安心してくれ。
「そうなの?有難うっていわなくちゃいけないわね。
そうそう、アナタが出て行ってからポーションを見つけたの。
アナタが戻って来た時に渡そうと思って。」

そうだったのか。礼を言わなきゃいけないのはコッチかもしれんな。
「アナタはこの島に嵐がやってこないのに気づいた?
嵐はこの島の周りだけで起こっている。不思議だと思わない?」
Janもそんな事を言ってたな。嵐は島の中にまでやってこないって。
確かに不思議だけど考えて所でどうなる物でもない。
「それもそうね。この島の人達があの嵐よりは
アナタを優しく扱う事を祈ってるわ。」

むー、コイツ、土壇場でこういう事を言われちゃ
立ち去りがたいじゃないか。
つっても連れて行けるわけでも無いしどうにもならんか。
Saraと分かれてまた降りてきた道を戻ることにした。
農場にでも行ってみよう。
(C)Deep Silver, a division of Koch Media GmbH, Austria, and Deep Silver Inc., Hermosa Beach, USA.

広告

Risen 体験版02」への4件のフィードバック

  1. 名無しさんの野望

    翻訳乙です。デモ版だと短いだろうなって思ってたんですけど製品版での続きを楽しみにしてますw

    返信
  2. Ultra

    どうもこんばんわ。Risenの体験版が4亀に来てたんで自分も遊んでみたんですが最初に出てくる雑魚でもキッチリ殺しに掛かってくるのが洋ゲーらしくて容赦無いですね。後、字幕の文字が小さすぎるような気がしませんか自分はキャラ同士のやり取り見る余裕が全く無いです

    返信
  3. starjes205

    名無しさんの野望さん、こんばんは。自分用のメモを見ながらの適当な意訳ですんで翻訳とかに話が行くと冷や汗しか出ません。本編も日記にしたい所ですが何時になるかは自分でも判らないので申し訳無いです。

    返信
  4. starjes205

    Ultraさん、こんばんは。最初のハゲワシにあっさり倒されてた時は目が点になりましたw字幕は確かに小さいですね。オプションで大きく出来たら良かったのにと思います。

    返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中