Dark Messiah of Might and Magic


2006年10月発売、Arkane Studios製作、販売はUbisoft。
Might and Magicの世界観をベースとしたARPGでSource Engineが使用されている。
The Elder Scrollsシリーズを製作している、Bethesda Softworksの親会社、
ZeniMax MediaがArkane Studiosを買収したと言うニュースを読んで
Arkane Studiosって何?と興味を持ったので検索して辿り着いた作品。
Might and Magic自体の知識は全く無いのでFPSRPGらしいと情報だけで
遊んでみる事にしました。

お話の概略
偉大な魔術の力が封印されたSkull of Shadows。
封印された力を解放しようとするDark Messiahを阻止しなければならない。
体験版
長い修行を積んだ主人公は師である Phenrigと共に、古い寺院にやって来た。
修行の成果を示すために古いクリスタルを見つける必要が有る。
と、言う訳でチュートリアルの開始。

薄暗い洞窟を進み、段差をよじ登ったり道を塞いでいる障害物をどかしたりして先へ進む。
アクションパズル?と思ったら寺院を警護している?兵士の姿が。
よっしゃ戦闘だ!


兵士との戦闘は普通に剣で切り結ぶとのは別に蹴りを入れて吹き飛ばし
壁に叩きつけて倒したりが可能。
Source Engineらしく、オブジェクトを破壊して下敷きにする事も出来る模様。
鎖をよじ登った先にクリスタルが有り、さくっとチュートリアル完了。よっしゃ次は何だ?

場面が切り替わり、洞窟を抜けるとなにやら砦が目の前に。
おーこれはなかなか美しい。
道なりに移動するとオーク?がうろついているのが目に入る。

見張りでうろついているオークの背後に忍び寄り蹴落とす。
こりゃ楽しい。気分は暗殺者だ。

砦の中を伺うと同じようにオークが巡回している。
このまま忍び込むか襲い掛かるか?
試に目に付いたオークを弓で攻撃してみたら
視界に入っていなかったオークがワラワラとやって来て袋叩きに。


物陰に隠れて順に片付けると他のオークは反応しないみたいだ。
結局最後は乱戦になったけど無事に見張りを突破。
さぁ、この先はなんだ?
部屋を進むと井戸のような場所に辿り着く。
上に上ってみると階段が崩れていて行き止まりだ。って事は下だな。

水に飛び込み地下道を抜けると視界が開いた。
奥から巨大なサイクロプスが姿を現す。と、ココで体験版終了。

えー・・・物足りない。
続きは製品版で!って事ですか。
雑感
Source Engineという事で?
壁の質感が素晴らしい。
水面が綺麗、空も綺麗。このまま散策出来れば楽しそうだ。

戦闘はロープを切れば荷物が落ちて敵を攻撃出来たり
箱を投げ付ければ敵がよろめいたりと、戦っている感じは味わえる。
敵が結構真面目に防御を固めるのでむやみやたらと
剣を振り回しているだけでは敵にダメージを与えられない。

敵を攻撃すると武器を振った方向に引っ張られる。
腕だけが攻撃をしているって感じになっていない。
反面、敵の重さがあんまり感じられない。
蹴ればよろめくがなんだか人形のようである。
特に敵の死体はプラプラしておもちゃのようだ。

特筆すべきなのは自分の体が見える事。
腕以外下を見ても自分の足すら見えないゲームばっかり
見てきたような気がするがこのゲームでは胸から下がしっかり有る。
プレイヤーは腕だけの化け物ではない。

製品版の感想をアチコチ拾い読みする限りでは
評価はあんまりよろしくなさそうなんですが
体験版は時間が短い事も有り、遊び足りない。
何処かでセールでもしているか?と探してみたがSteamでは地域規制で購入不可。
UBI公式でも地域規制と。ガッデム。
残念ながら通常ではダウンロード販売で手に入れる方法は取り合えず無さそう。

Dark Messiah of Might and Magic体験版
4gamerGamershellFileplanet
(C)Ubisoft Entertainment. All Right Reserved, Might and Magic, Dark Messiah, Ubisoft and Ubisoft logo are trade marks of Ubisoft Entertainment in the U.S. and/or other countries. Developed by Arkane Studios and Floodgate Entertainment. Valve, Half-Life, and Source are trademark or registered trademarks of Valve Corporation in the United States and/or other countries.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中