作成者別アーカイブ: starjes205

Kenshi 序盤攻略メモ


RTSRPG、Kenshiでゲーム開始の序盤アレコレ的なメモを残してみようかと。
既に先達さん達が情報を積み上げたKenshi 日本語 wiki、動画サイト等で紹介され尽している気もしますしこのエントリ自体がwikiを参照している部分大半なのですがこの手の情報は幾ら有っても重複していても困らないだろうと言う事で。世界観的な物はご自分で探索して見つけてみたり想像してみて下さい方式でぶん投げます。

Chapter1:ゲームスタート
初期設定の選択
キャラクターの選択
キャラクターの名前
キャラクターの操作
アイテムの購入
鉱石を掘って金策
泥棒で金策
追剥で金策

初期設定の選択
このゲームにコレと言ったストーリーは有りませんが初期設定を選択する事でどういう立場でスタートするのか?を選択する事が出来ます。
性別、種族が固定されている初期設定以外では自由に種族、性別を選択出来ます。

放浪者
大陸中央のハブと言う見捨てられた街でならず者(法の加護を受けられない立場)としてのスタートとなります。スタート時点ではこの世界の何処とも敵対はしていないのでローリスク、ローリターンなスタートです。

さすらう商人
大陸北西の都市連合(UC)の都市からのスタートでトレーダーズギルドと言う派閥と最初から友好度が高い状況です。荷物を運べるブルと言う生き物のお供付きですが所持金は無し。商売の商品を何点か所持しているので早目に自分とブルの食べ物を確保する必要が有ります。スタート地点が反乱農民の跋扈する都市連合圏と言う事で初回向けでは無さそうな。

剣聖
エッジタイプ2と言う最強ちょっと手前な武器を偶然手に入れたと状態で放浪者と同じハブからスタート。放浪者より有利そうに見えますがホーリーネーションと言う国と都市連合の君主と完全敵対状態である事に加えて賞金首の状態です。賞金首は対象の都市の衛兵等に見付ると問答無用で攻撃されるので立ち回り方を覚えた人向け?

カニバルハンター
カニバルと言う愉快な人達の拠点から2人組でのスタートとなります。立ち回りが分からない状態ではなす術も無く愉快な人達に捕まってしまう事でしょう。

ハイブ逃亡者
蜂やアリのような女王を頂点とした集団生活を営むハイブと言う種族でのスタートとなります。開始地点は大陸南西のハイブの拠点の何れかとなりますが無一文で丸裸と言う冒険どうこうよりどうやって生き延びるの?そもそもここから人里まで辿り着ける気がしないと言うヘルモード。逃亡者なのでスタート地点での恩恵も受けられません。

指揮官の息子
ホーリーネーションと完全敵対、都市連合と友好マックスだけど放浪者と同様ハブからのスタートとなります。装備は多少豪華ですが友好的な都市連合は遠く、敵対的なホーリーネーションは直ぐ傍です。

奴隷
リバース鉱山と言う場所で働く奴隷として二人組でスタートとなります。奴隷でいる間は飢え死にする心配は有りませんが脱出しようとすれば袋叩きにされ再び奴隷労働に戻されてしまう事でしょう。脱獄とそれまでの過程が楽しめる人向け。

どん底
無一文に加えて丸裸、食べる物は無く飢えていてさらには左腕を失った状態で都市連合の砂漠からのスタートとなります。この状態でサクッと生き延びる手段を建てられる人向けです。

帝国市民
放浪者スタートの都市連合版。ハブよりも危険な場所ですがその分チャンスも転がっているので一攫千金も夢では無いかも知れません。生き延びる事が出来れば。

ホーリーネーションの市民
放浪者スタートのホーリーネーション版。ホーリーネーションとの関係が多少良い状態で街からのスタートとなります。作成したキャラクターがグリーンランド人で男性ならば多少マシな状態で始める事が出来るでしょう。

男一人犬一匹
ホーリーネーションと都市連合の紛争地帯で無人の廃墟の都市、飢えた状態からボーンドッグをお供にスタートとなります。紛争地帯でどうやって生き延びるか?食料はどうする?とかをその場で考えられる人向けです。

自由を求めて
仲間が初期状態で6人、資材と食料と幾らか持った上で大陸各地に有るウェイステーションの中からランダムでスタートとなります。開始地点が良さげな場所か一目散で逃げださなければ行けない危険な場所なのか?で難易度は全く変わって来ます。

名も無き者ども
飢餓状態の仲間5人で無人となったウェイステーション跡地かハブからのスタートとなります。ハブでスタートする事が出来ればどうやって生き延びるかを考える余裕が少しは有るかも知れません。

キャラクターの選択
初期設定を選んだら操作キャラの選択と作成になります。初期設定で特定種族しか選べない物以外では自由に種族、性別を設定する事が出来ます。さらにゲーム中でも見た目の変更は可能なので最初の設定は最低限でも良いかも知れません。種族の詳細なステータス等はKenshi 日本語 wikiにて詳しく説明されていますのでココではざっくりと済ませようと思います。
種族毎に成長にプラス補正の掛かる物とマイナス補正の掛かる物は有りますがマイナス補正のスキルだからこの種族では出来ないと言う事は有りません。序盤に有利位に考えて良いかと思います。

グリーンランド人(男女)
大陸における多数派種族です。得意分野は少ない物の不得手な分野が全く無い隙の無さが特徴と言えます。特定の派閥ではグリーンランド人以外は排除されるパターンも有るのでチーム内にグリーンランド人がいれば潜り込める可能性も有ります。

スコーチランド人(男女)
器用さや隠密にプラス補正が有ります。全種族で唯一防具作成、武器作成に特性が有るので彼らが居ればいずれ作るだろう拠点での武器防具作成は安泰かも知れません。対して筋力に難が有り前衛として武器を振るうには向きません。グリーンランド人が得意とする労働や農業には苦手分野となります。

シェク(男女)
硬い外皮を持つ戦闘種族。攻撃と筋力、打たれ強さに特性が有り生産系はマイナスが多く掛かってしまう脳筋種族。得意では無い労働や農業が出来ない訳では無いので特に問題は無いとも言えますが食料の消費量が人間種以上なので注意です。最終的には重武装に身を包み巨大な武器を振り回す戦士になれるかも知れません。

ハイブプリンス
ハイブ族の指導者的な存在です。グリーンランド人やスコーチランド人の良い所取りな特性を持ちますが体力が低い為に死亡のリスクが高く、手足を失い易いと言う点に注意が必要です。さらに人間系の種族とは体格が違う為にシャツは専用の物が必要となり靴は装備不可能となります。ハイブ族の住む村では巣から逃げ出したはぐれ者として扱われるのでアイテムの購入や売却が不可能となります。

ハイブワーカー
ハイブ族での労働者階級です。技術と農業、労働に特性が有るので彼らがいれば拠点の構築と維持は安泰かもしれません。運動能力の特性で鍛えれば誰も追いつけない全種族最高の脚力を持つようになります。ハイブプリンスと同様の耐久の低さとハイブの村での売り買いが出来ないと言う欠点が有ります。

ハイブソルジャー
ハイブ族の戦士階級でシェクと同じく戦闘向けの特性を持ちますがハイブ種族特有の制約に加えて頭部の形状が特異な為にヘルメットの装備が出来ない不利が有ります。生き延びる事が出来ればシェク同様災厄を振りまく存在になれるかも知れません

スケルトン
見た目そのままのロボットです。ステータスは重武器に特性が有り、隠密系が苦手な戦闘職仕様ですが生産系にマイナスも無いので仕事を選びません。最大の特徴として食料が一切不要なので不毛の大地でも生活が出来る、肉食の野生動物等に倒されても捕食はされないと言う強みが有ります。マイナス面としては他種族の使う治療キットとベッドが使用出来ず専用の修理キットとベッドが必要で、さらに同種族以外のほぼ全てのNPCからの助けが得られない、存在自体を許さない派閥から問答無用で攻撃されたりもします。
極める事が出来ればシェク以上の災厄を振りまく事が可能な存在になりますが初回プレイ向きでは無いかも?

キャラクターの名前
キャラクターの名前はゲーム内ではアルファベットしか入力出来ませんがメモ帳等で書いた名前をCTRL+Vで貼り付ける事でカタカナ、漢字での名前の使用する事が可能です。

キャラクターの操作
放浪者の初期設定で種族を選択してスタートしたと言う事で話を進めていきます。画像の人物がコロコロ変わりますがその辺はご勘弁を。ゲームをスタートするとハブと言う町のど真ん中です。「スペース」キーを押す事でゲームの一時停止が出来るので現状を確認してみましょう。

ゲームの操作は「ESC」→「オプション」→「コントロール」の項目で確認出来ます。画面の回転だけでも「マウスホイールボタンで回転」と「CTRLを押しながらマウスを動かす」、「Q、E キーで回転」と幾つか有るので好みの方法を選択、又はキーをカスタマイズ出来ます。

画面内の建物やオブジェをクリックすると説明が左下に出ます。売りに出されている建物は購入する事で利用可能になりますがココでは省略。歩いているNPCはクリックする事でステータスの確認が出来ます。NPCにカーソルを合わせた時に吹き出しのマークが出る人物は会話が可能です。

キャラクターの移動はマウスの右クリックで行います。移動したい先を指定すると緑のカーソルが表示されて移動可能であればキャラクターはそこへ移動しようとします。町中央のバーへ移動してみます。

アイテムの購入
バーのカウンターにいるバーテンダーに話し掛けるとトレード画面になります。売られているアイテムにカーソルを合わせるとアイテムの説明とバーテンの販売価格と買い取り価格が表示されます。色々な素材や武器、食料が販売されていますが先ずは食料の確保。アイテムの説明で「栄養価」と表示されている物が食べ物です。一番お安い干し魚を購入すると画面右下の所持金が減ります。


食料一つで所持金が半分になりました。強くなる、冒険をする前に飢え死にしない為の金策が必要となって来ます。

とは言えスタートしたばかりのプレイヤーは先ほど見たNPCよりも遥かに弱い存在なのでその辺のNPCを襲う事も出来ません。キャラクターのステータスは右下のメニュー「能力」とクリックするか「 C 」キーで表示させることが出来ます。ステータスは全て1か0なのが確認出来るかと。

この状態からどうやって強くなって行くか?ですが大まかに
・真面目に働く
・盗む
・追剥
となります。どれが手っ取り早いと言う事も有りませんがプレイヤー次第なので順に説明をしていきます。

鉱石を掘って金策
大きく儲ける事も無いけれど比較的安全で確実に金策の出来る鉱石掘りを行ってみます。カメラを移動してハブの街の周辺を見渡してみると周辺の岩山と少し違ったオブジェクトが見つかります。アイコンを合わせてみてツルハシマークが出て来る物が採掘可能な資源となります。これを採掘して先ほどのバーで売却する事で金策を行います。

見つけた鉄の鉱脈は品質100%で3人まで同時に作業可能、銅の鉱脈は品質80%で2人まで同時に作業可能と表示されています。近くの鉄鉱脈を手始めに採掘してみます。採掘はツルハシマークが表示されている状態で右クリックでコンテキストメニューが表示されるので「使用」を選ぶ事で採掘が可能です。

バーから操作キャラが飛び出して鉄鉱山に向います。キャラクターにカメラを合わせたい場合はキャラのポートレイトをダブルクリックするかテンキーの「1」を2回押す事でカメラが追従します。

鉄鉱脈に辿り着くと採掘を始めますが労働のスキルは1なので思うようには進みません。画面右下の三角のマークでゲームの進行スピードを早める事が可能です。加速した場合は野盗などの襲って来る敵や戦闘の速度も加速するので注意が必要です。何時でも一時停止できるようにスペースキーは押せるようにしましょう。

採掘の進行状況は鉄鉱脈を左クリックする事で確認が出来ます。採掘出来た原鉄にカーソルを合わせるとアイテムの説明と売却価格を確認出来ます。採掘した原鉄を入手するには右下のメニューの「インベントリ」を選択して原鉄を自分のインベントリに移す必要が有ります。

銅鉱脈も掘ってみましょう。鉄と比較すると銅の方が2倍近い価格で売却出来るようです。銅を採掘してバーで売り払う事にします。鉄鉱脈、銅鉱脈も共に5個迄ストックされます。それ以上は鉱石を取り出さない限り作業がストップします。

泥棒で金策

採掘とは打って変わって盗みで金策です。盗みには隠密と鍵開け(ピッキング)が必要となって来ます。隠密モードは右下メニューの「隠密」をクリックする必要があります。しゃがんだキャラクターの右側、太陽のマークが周囲の明るさです。左側の目のマークが青なら誰にも見られていません。黄色で誰かの視界に入ってはいるが注意を払われていない状態で目のマークが赤くなると発見された状態になります。敵対しているNPCに見付れば攻撃されます。

ハブの中央の崩れていない建物に忍び込んでみましょう。「ALT」キーを押すと室内のアイテムが表示されるので右クリックで拾う事が出来ます。ハブの街では犯罪にはなりませんが他の街ではアイテムが赤色で表示されており赤色表示のアイテムを拾うと誰にも見られていなくても3秒間の犯罪状態となります。この3秒間に見付ると忍び込んだ店の守衛等に襲われる事か衛兵を呼ばれる事になります。

ピッキング
室内に鍵の掛かった箱が有るので鍵開けに挑戦出来ます。NPCの所有している箱を開ける場合は盗みと同様3秒間の犯罪になります。他のスキル同様ピッキングのスキルの1なので気長に挑戦しましょう。誰にも見られずにピッキングに成功すれば箱の中身を物色できます。ハブのこの建物では犯罪になりませんがバーで同じ事をやると当然見つかって袋叩きにされます。


盗んだアイテムには「盗品」の属性が付き、売る相手によっては盗みがバレて戦闘になる事が有ります。売却する場合はアイテムの売却の可能性の欄を確認しておきましょう。ハブでは問題無しのようです。

追剥で金策
地道な作業でお金を稼ぐのも良いけどKenshiってタイトルなんだしばっさばっさと敵を切り倒したい!と行きたいのですが作ったばかりのキャラクターはこの世界で最弱と言って過言では有りません。その辺を歩いているヤギに挑んでも余裕で負けてしまいます。
ではどうやって追剥をするのか?RPGの定番、自分で倒せないなら倒せる人に倒してもらえば良いじゃない?作戦です。

この世界ではNPC同士での戦闘も頻繁に起こります。戦闘終了後にアイテムを頂いても良いですし自分を餌にしても良いでしょう。普通に採掘しているだけでも野盗に襲われたりするのでスペースキーで一時停止出来る用意はしておきましょう。

何処かで戦闘は起こっていないかと探す間もなく「飢えた野盗」が登場しました。慌てずに「スペースキー」で一時停止して相手のステータスや人数を確認してみましょう。NPCにカーソルを合わせた時に赤く表示される場合は敵対状態です。「飢えた野盗」は操作キャラの次位には弱い存在なのですがそれでも徒党を組んでで襲って来る序盤の脅威なのでさっさとバーに逃げます。採掘の途中で鉱石がインベントリに有った場合は移動速度が低下してしまうので捨てておきましょう。アイテムを捨てるにはインベントリを開いてアイテムをインベントリの外にドロップすれば捨てる事が出来ます。捨てたアイテムは直ぐには消えないので心配無用。

バーに逃げ込むとバーの客や店員と飢えた野盗の戦闘が始まります。余裕が有れば自分も攻撃してみても良いかも知れません。攻撃は戦いたいNPCを右クリックしてコンテキストメニューから「攻撃」を選択すれば戦い始めます。

戦闘が終わったら追剥の時間です。倒れている飢えた野盗をクリックしてコンテキストメニューから「所持品を漁る」でアイテムを奪う事が出来ます。

野盗を担ぎ上げる事も出来ます。担ぎ上げられた野盗は降ろされて気絶から回復する迄は何も出来ない状態になるのでその状態でアイテムを漁る事も出来ますが、簡易な荷物入れとして使う事も出来ます。他の野盗から奪った装備を担いでいる野盗のインベントリに突っ込めば2人分の荷物を運べる事になります。


後は買い取りをしてくれるバーテンに奪った武器や服を売りつけるだけです。

狙って探しても中々襲って来る野盗が直ぐに現れる訳でも無いので採掘をしつつマメに周囲の様子を伺ってNPC同士の戦闘を探すか襲われたら直ぐに逃げられるようにしておきたい所です。

All trademarks and trade names are the properties of their respective owners.

X4: Foundations 序盤のメモ


日本語対応が直前で後回しになったものの無事に発売されたX4: Foundations
X3的な部分、X:R的な部分に加えて新要素と色々覚える事理解しなきゃいかん事の多そうな今作ですが序盤のちょっとしたあれこれをメモ代わり。

既に楽しんでる人には今更な部分ばかりだと思いますが最初のとっかかりになればなと思います。
間違ってたり勘違いしてたり内容がスカスカなのはご勘弁を。
チョットヅツ コウシン スルヨー・・

ゲームスタート

自機に乗り込む
移動と視点変更
ステーションドッキング
ステーション内の移動
船員の雇用
トレーダー
航行モード
マップ
マップの凡例とフィルター
マーカーの設置と移動
犯罪者
違法なアイテム

自機に乗り込む

スタートして直ぐにステーションに放り出されます。自分の目の前に有るのが自機のEliteとなります。乗り込むには普通にタラップを登るか、「Enter」でメニューを表示して「艦船に乗り込む」→「自機」を選ぶ

・ドッキングポートのパネルにアクセスすると上記のメニューが出るので自機を選ぶ事で乗り込む事が出来ます

「Enter」からメニューで自機への移動はステーション内では何処でも可能なので迷う事は無くなります。

コックピットをクリックして操縦可能な状態となります。

移動と視点変更

自機に乗り込んだらメニューの「ドッキングを解除」をクリック、または「SHIFT+D」で離陸が可能です
・マウス左ボタンをドラッグ、又はカーソルキーで方向移動
・W,A,S,Dで上下左右移動
・「X」で加速、「TAB」でシールドエネルギーを使った急加速
・「Z」で減速、「BS」で急減速
・「Q、E」で左右回転
・マウスホイールでも加速、減速が調整出来ます。

「SHIFT+SPACE」でマウス追従の方向移動に切り替えが出来ます。戦闘時にはコチラが便利。元に戻したい場合は再度「SHIFT+SPACE」で。

視点変更は「F・2」で自機の後方視点、再度「F・2」でテンキーで自由に視点変更、「+ / – 」で拡大縮小が可能となります

自機以外の船、ステーションを観察したい場合は対象をクリックして右クリックで出て来るメニューで「外部ビュー」を選択、又は「F・3」で同様に観察する事が可能です。

ステーションドッキング

ステーションへのドッキングは目標のステーションをクリックして「ドッキング依頼先」を選択するか、「SHIFT+D」で緑色の誘導灯が表示されるので指示に従って移動します。画像では10番のドッキングポートが指定されているので一定距離迄近寄ると手動ドッキングの誘導が始まります。


中央のマークにターゲットを合わせて、自機(△)を「A、D」で左右移動、「X、Z」で前進後進の微調整を行い、最後にSで着陸出来ます。
ソフトを購入すれば一定距離迄近づけば自動でドッキング出来るようになるのでそれまでは自力で頑張りましょう


↑中央のカーソルを合わせていないのでそのままだと床にめり込む

ステーション内の移動

ステーション内の移動は通常のゲーム?と同じく「W、A、S、D」で移動「SPACE」でジャンプ、「C」でしゃがみとなります。ジャンプで乗り越えるような場所やしゃがまないと行けない場所等は無いのですがハマった場合にはジャンプとしゃがみでなんとかなる場合が有ります。
地形にハマったら「Enter」で自機に戻れば良いのでやはりジャンプとしゃがみの出番は無いかも知れません。

ベイ内では輸送室を使った移動も可能です。移動は貨物室に入ってパネルをクリックして移動先を選ぶだけ。
他のドッキングしている船が移動先に指定出来る場合が有りますが他所の船内に入って出航された場合は脱出の手段が無いので気をホイホイと乗り込むのは止めておきましょう、又は事前にセーブしておくか?

船員の雇用

X4では自機の船員を雇用出来ます。その辺を歩いているNPCをクリックし、「雇用 〇〇〇Cr」を選択。配置画面でメニュー左側のエリートを右クリックで「選択」→左側メニューで職業「船長」を選択すれば終了です。これで自分が操作しなくても船長に指示を出して自機やいずれ手に入れるだろう機体に命令を出す事が可能になります。

トレーダー
スタート地点であるArgon Equipment Dock限らずセクターでは素材やソフトウェア等の売り買いが出来ます。ステーション内を見回してみてカートマークとハンマーマークを探します。


カートマークは交易商です。
素材の買い取り、売却プレイヤーが自機から宇宙にでて船外活動をする際のスーツのアップグレードアイテム等が売られています。宇宙服スラスターMk2は至急購入したい所です。



ハンマーとスパナのマークは艦船販売業者になります。
自機のパーツのアップグレード、自機の操作の補助を行うソフトウェアの購入が可能。
自機に乗せる船員の雇用も出来ますが直接NPCに話しかけて雇用するよりは高くなるので注意が必要です。

それぞれのパーツやソフトウェアはトレード画面左側のアイコンをクリックする事で切り替えが可能です。他の物は放置してでも真っ先にドッキングコンピューターの購入を目指したい所。

航行モード

ステーションから離陸して探索を進める時に航行モードの切り替えが行えます。

[Shift+1]で高速移動が可能な「航行モード」
移動専用の状態に切り替えます。初期の機体エリートの通常加速は180m/sですが航行モードに切り替える事で2,528m/s迄加速が可能になります。探索や追跡に非常に便利。

[Shift+2]で「近距離スキャンモード」
通常航行時には発見出来ないオブジェを探す場合等にこのモードに切り替えます。
ステーションの周辺でこのモードに切り替えるとステーションの構造をスキャンする事が出来ます。加えて違法なミッションやプロット(大型ミッション)も発見出来ます。

ステーションでノイズが聞こえたら音を頼りに発生源を探す事で通常航行では発見出来ない情報も入手可能。

NPC船の情報もこのモードでスキャンする事が可能です。情報を取得したい機体に近寄って右クリックでメニューから「スキャン」を選ぶ事で通常では「???」となっている部分の情報を取得出来ます。機体情報はエンサイクロペディアに登録されるので後から確認も可能となります。

[Shift+3]で「長距離スキャンモード」
切替後に「R」長押し事で自機の半径30kmを走査出来ます。スキャンの範囲に未発見のステーションやオブジェが有ればマップ上に「?」アイコンが現れます。投棄されたり破壊されたNPC船のコンテナ等も発見出来る優れモノです。探索やゴミ拾い、お宝探しのお供に。投棄された無人船なんて物も発見出来るかも?

「CTRL+SPACE」で航行アシストをオフに出来ます。オフにすると自機には慣性が働くので機体を止めても慣性で流される状態になります。戻す場合は再度「CTRL+SPACE」

犯罪者
ステーションの周囲をウロウロしていると時々赤い表示の小型船を発見出来ます。違法なアイテムを運んでいたりするので倒すとステーション管理者の種族からの評価アップと報酬が支払われます。
攻撃ターゲットの選択は操作画面上の目標を左クリックするか「M」でマップを開いて対象をクリック、又はコックピットの3Dマップ上で対象をクリックする事でターゲットに出来ます。

違法なアイテム
ステーション周辺の犯罪者を倒すと運んでいた貨物が放出される事が有ります。普通にステーションやトレーダーに売却出来るアイテムの場合も有れば持っているだけで警察に追われたり軍が敵対してくる違法なアイテム等々。拾った貨物が違法かどうかは拾った時に赤字で表示されるの間違いようは有りません。
そして違法なアイテムを使う事で作成出来るアイテムが有ります。何を作る事が出来るかはトレーダーのカウンターの横に有る作業台で確認する事が出来ます。

ステーションをハッキング出来たりSETA(加速装置)等持っていれば便利な物が有りますが、普通に探索している時に警察に貨物チェックして貨物を捨てろ!と注意される事が往々にして発生します。対処法は普通に捨てるor逃げる。違法な品を捨てた後の再度拾ってやり過ごすか一旦別のセクターへ逃げると警察の追跡は振り切れるので再度探索を続けることが可能です。

マップ
現在地の表示は[ M ]でマップを開いて確認出来ます。探索が進んでいないスタート時点ではプレイヤーの周囲は未探索を示す灰色表示で埋まっています。 全部手動でマップを開拓していくのもそれはそれで楽しいかも知れませんが周囲に何が有るかを確認出来る長距離スキャンモードを使用してみると探査範囲で何かを発見出来た場合に「?」マークが表示されます。

「?」マークにも種類が有り、オブジェだったり、ステーションだったりと様々です。実際に向ってみて何が有るのかを確認していくとマップの開拓も進んでいく感じです。不明なオブジェの正体が機雷だった場合は不用意に近づくと爆発に巻きまれるので注意

マップの凡例とフィルター
マップ画面は非常に情報が多いので凡例がマップ画面右上に用意されています。クリックする事でマップ上に表示されるアイコンが何を意味しているかを知る事が出来ます。X4では艦船の種類は4種類だとか本部ってなんだろ?とかetc・・・

同じくマップ画面右上にフィルター設定が有り、ステーションの表示を制限したり特定の交易品のみ表示させたりする事も可能です。スタート地点のステーションを見ると購入しているアイテムの価格が表示されています。この表示価格以下で何処かのステーションでアイテムを仕入れて来て売却する事が出来れば差額が手に入る事になります。
表示が邪魔な場合は「交易フィルター」をクリックする事でマップ画面をすっきりさせる事が可能です。

マーカーの設置と移動
未探索だらけのスタート地点を見て軽く絶望出来ますが、探索を進める事で行動範囲を広げる事が出来ます。長距離スキャンモードで発見した不明なステーションへ移動してみます。目視か3Dマップを頼りに移動しても辿り着けますが目標にマーカーを設置す事が出来ます。マップ画面上で目標にしたい位置を右クリックして「目標への誘導を開始」で自機から目標地点までのマーカーを設置出来ます。


操作画面では黄色い丸が設置したマーカーになるのでクリックして「SHIFT+A」でオートパイロット加えて「SHIFT+1」の航行モードで目標まで高速で移動が可能です。目標までの間に障害物が有っても無視して直進しようとしたりする場合が有るので過信は禁物です。

Empyrion – Galactic Survival 惑星生活8日目

溶岩のトラップに超重力、終末観溢れる悪夢の惑星Aestus。
ここでしか取れないらしいErestrum Oreを回収するべく安全地帯確保の為にDrone Base襲撃に向います。突撃戦法で楽勝楽勝!と突撃前は思っていたのですが・・実際タレットの死角を突いてDrone Baseに取り付いた迄は良かったものの、内部はまさにトラップだらけでプレイヤーを殺しに掛かって来ます。

出待ちとしか思えない密度で沸いてくるZiraxやロボットに巧妙にスナイプしてくるタレットが非常に痛い。入り組んだ内部は普段の利用は不便極まり無いと言いようの無い
迷路っぷり。ミニガン持ちのZiraxが遠距離から撃ってる長い通路にタレットまでいた時には生かして返す気はカケラもねーな!こいつ等!と投げ出したくなる程。いや、まぁ呼ばれてもいないのに襲撃してるのはコチラなんですけどね。


しかもヒィヒィ言いながら内部の敵を片付けたらコアの場所が分からない。エイリアンの基地は大体似たような場所にコアが有って大体この辺かなぁ?と当たりが付くのですがそれらしい物が無い。ベース内をくまなく探し回ってやっとコアを見つけてみれば最初にスルーした大部屋にしっかり隠れていたと落ちが付きました。襲撃してる時間よりコア探してる時間の方が長かったかも知れない・・・

とにかくDrone Baseは片付いたのでこれでゆっくりErestrum Oreを回収出来ます。Blue Printに登録していた採掘用HVを召喚して早速穴掘りに・・・いかん、重量きついの忘れてた。Akuaでは問題無く動いていたHVがThrusterSでは前進するのも一苦労だったので脱出用にくっ付けていた筈のThrusterMを点火。おお・・・稼働時間が有り得ない位短いぞコレ。悠長に散策してる時間は無さそう。

抹茶のようなマ緑のErestrum Oreが惑星上に3カ所有ったので大急ぎで回収。まさか穴掘りより移動に苦労する事になるとは思わなかった。ちなみにThruster全開で移動した結果2回程溶岩に突っ込んでます。SVと違って脱出するのに一苦労なのでAestusでHVを運用する場合は安全運転を心がける必要が有りそうです。

頂く物は頂いたのでさっさと惑星から脱出する事にします。こんな夢に出そうな所何時までもいられるか!次惑星に行くぞー!

次の惑星は・・・Oscutune?ワープして目前に広がるのはAkuaのような水の惑星。Aestusの後だと余計に美しく見える不思議。さて、この惑星では何がまっているのやら?


SV2号機で探索を進めると狭い陸地に資源とエイリアン基地が密集しているのが確認出来ます。景色はとてもよろしいのでなんとなくベースを作りたくなる。とは言えCVで生産物その他は完結しているので大掛かりな物を作る必要も特に無し。よし、中立施設を乗っ取ろう。良い感じに海に隣接していたLarge Outpostを乗っ取ってコンクリートを敷き詰めてドッキングの為のスペースを確保。大分大きめなスペースを確保した積りが実際にCVを下してみると全然スペースが足りない。
ドローンの襲撃はCVが勝手に撃退してくれるので資源採取とエイリアン基地の襲撃へ向かわねば。

Copyright © 2014 Eleon Game Studios

Empyrion – Galactic Survival 惑星生活7日目


未知なる惑星Aestusへ到着。何が有るか分からないのでCVは惑星軌道に停止させてSV2号機で地表へ。小技と言う程でも無いですが停止中のCVはFridgeとか稼働させておかないと不味い物以外はグループ化して停止しておくとFuel Packの消費が押さえられます。いざ、マグマ一杯っぽいAestusへ!


あっけなく地表へ墜落。しかも溶岩に一直線。慌てて船外に脱出したもののなんだこれ?SVの挙動がおかしい。満足に飛べないと言うか重いと言うか。真っ先にバグを疑いましたがそれじゃぁオチオチ惑星探索も出来ないよなぁと襲撃に来たドローンを撃退した後にMAPを見てみると惑星Akuaの4割増しの重力だと判明。Akuaでは普通に飛べたけどそりゃ飛ばないわ・・・

先ずは鉱床の位置とかエイリアンの基地の場所確認の積りだったので資材は持ち込んでいない。このままでは惑星脱出もおぼつかないのでThrusterを付け替えて無理やりAestusを脱出、CVへ逃げ帰ります。
さて、普通に考えればThrusterMを付けるべきなんだろうけど機体が薄型なんで付ける余地が無いと言うか付けても剥き出しにしか出来ない。少し悩んでThrusterSを増設する事にしたものの燃料の消費がマッハになったのでGeneratorも追加。よし、これで行ける筈!しかし、CVでいきなり地上に降りなくてホント良かった。下手すりゃ身動き取れないまんまエイリアン基地の傍に墜落してたかも知れない。

再び地上に降りて探索を開始、鉱床もエイリアン基地も把握出来たのだけれどエイリアンの墜落船も発見Crashed Hyperionが惑星Aestusに有るとは思わなんだ。Erestrum Oreも回収したいしエイリアン基地もしばかないといけないけど見つけてしまった以上見過ごす訳にはいかない。ひゃっはーお宝だぁ!

Hyperionから目ぼしい機材を毟りおわったのでエイリアン基地の襲撃に向います。Erestrum Oreが手に入れば特に手を出す理由も無いのだけれど鉱床の傍にどーんと建ってて採掘を邪魔するみたいな場所に有る方が悪い!

安定の突撃戦法でエイリアン基地へ飛び込んでガトリングで壁をぶち抜いてからの強襲でさくっと占領。うん、なんか大分手馴れて来た感が。残りの邪魔そうな基地もさっさと潰してしまおう。

折角の新しい惑星だけど地上の生物はなんだか夢に出て来そうな怖い造形だし地表はダメージ喰らう溶岩だらけでトラップ一杯だし、燃料はバンバン減って行くしでさっさと逃げよう。Drone Base潰して安全を確保せねば。

Copyright © 2014 Eleon Game Studios

Empyrion – Galactic Survival 惑星生活6日目

empyrionakua50
empyrionakua51
Akua Moonで見つけたCrashed Ship。船体がHardened Steel Blocksだったのでひゃっはー!お宝の山じゃー!と解体してみたけど作業足場(コンクリートブロック積み上げて崩壊防止)が必須な上に油断して解体すると直ぐに大崩壊具合に根を上げて半分程解体して退散。まぁブロックとか結構貯まったしね、そろそろ惑星間移動の為のCVを作らねばとAkuaに戻ります。略奪もとい、発掘品を整理しておもむろにCreative Modeへ。

凝った物は幾らでもWork Shopに有るし、何か映画とかゲームの機体を参考にしようとするとそれはそれでハードルが上がってしまって何時まで経っても完成しない(経験済)ので、取りあえず目標を決める。
・他惑星での拠点要らずなオールインワン仕様を目指す。
・HVとSV用のハンガーは大きめに。
・栽培出来る物は全て栽培出来る規模に。
・通路は広めに
・エンジンルームを作る
どうせ、羊羹になるならデカい物を作っちまえ!と園芸区間をメインに船体を作って見る事に。
empyrionakua52
ハンガーは元々コンパクト?な採掘用HVとSV2号機が余裕で収まるスペース!
empyrionakua53
コクピットとひとまとめにしてAdvanced Constructorの2基設置、Cargo Boxも多めに設置。エンジンルームは略奪品のRCS2を積み上げ。
empyrionakua54
empyrionakua55
船体のメインとなる園芸区画は植物1種類に9マス×16枠で全ての栽培可能な作物をカバー!
empyrionakua56
見た目?動きゃいいんだよ!リビングは?そんな物はねぇ。無駄無駄!と言いながら5時間程掛けて完成。Iron Ingotを2万個程使ったClass2サイズのCVが出来上がりました。うん、出来上がって良かった・・・凝りだすとキリが無いから何時まで経ってもAkua脱出出来ないってパターンも有るし。チマチマ集めた材料や略奪したエイリアンCVの部品やらでさくっと建設!
拠点との比較はこんな感じになりました。うむ、それなりにデカいぞ!
empyrionakua57
残った素材を全てCVに移し替えて準備完了、さぁ新しい惑星へ!そのまえにワープ用のクリスタルを集めないといかんか。よし、もう一回Akua Moonだ!
empyrionakua59
Akua Moonの地表を探してクリスタルを300個程確保。これで外周惑星1周位は行ける筈。さて何処へ向かおうか?うむむむ、Omicronに向うのが定番そうな気もするが初回プレイでそっちには回っちゃってるんでなぁ・・・いきなり外周へ向かうのもちと怖いと言う事で惑星Aestusへ行ってみよかぁ。さらば、惑星Akua!

2回ワープして星Aestusへ。さてココにはどんな物が有るのだろうか?
empyrionakua60

Copyright © 2014 Eleon Game Studios