NecroVisioN: Lost Company

NecroVisioN: Lost Company

4GAMER
「海外ゲーム四天王」オールドゲーマーの魂に熱く響く手強いFPS
Green Man Gaming 1 Penny Wonders!で購入(?)した作品です。

本作の主人公は医学者、Zimmerman。
時代設定は前作より過去の話となるようです。
が、前作は未プレイの為この作品のみの感想となります。

導入部。
医学者として怪しげな実験に協力させられていたZimmerman。
兵士の命を救う為に働いてる筈なのに怪しげなブツで
兵士を強化しようと言うのがこの実験の趣旨。
ワクチンを作る筈がゾンビ兵士が出来ちゃったよ!
無敵なZimmerman脱出行の始まりです。

細かい事は良いんだよ!なノリでズンズン進むZimmerman。
さぁ生き延びる事は出来るか!?

ストーリーは斜め読みも良い所なので細かい所はさっぱりですが
ワラワラと湧いてくるゾンビや悪魔さん達をバッタバッタと薙ぎ倒す
愉快な作品となっています。

中盤から悪魔が湧いて来るようになりそちらの戦いにも巻き込まれるZimmerman。
本当に医学者かよと。


感想以上。
作品の特徴は殴りや蹴りを合わせたコンボ攻撃。
ピストルでペチペチ撃ってるよりも蹴って殴った方が
敵を早く倒せたりします。

難易度ノーマル、プレイ時間は7時間程でクリア出来ました。
中盤は敵も多く、割と固めの敵に殴り殺されるパターンが多かったのですが
終盤で力を手に入れたZimmermanのはじけっぷりが凄まじい。

が、よくも今まで散々ボコボコにしてくれたな!
たっぷりお返ししてやるぜ!と意気込んだ所で
最後の戦闘に突入してしまい少し残念な気分になりました。
中盤苦労した分、もうちょっと位無双したかったような気がします。

セールと言う事で特に何の事前情報も無ければ
思い入れも無かった作品でしたが蓋を開けてみればこれが実に面白い。
ボリューム足りないぞ。もっと遊ばせろ!と言うのが
ラストシーンの感想だったのですが
エンディングの最後に「まだ終わっていないぜ!」とのメッセージが。

次回作が何時なのかは知りませんが発売日を楽しみにしたい所です。
さて、Steamで前作を購入したのでコチラも手を付けてみよう。

© 2010 1C Publishing EU s.r.o. All rights reserved. Other products and company names mentioned herein may be trademarks of their respective owners. Developed by The Farm 51. All rights reserved. Uses Bink Video. Copyright © 1997-2010 by RAD Game Tools, Inc. Uses Miles Sound System. Copyright © 1997-2010 by RAD Game Tools, Inc. NecroVisioN: Lost Company uses Havok®. © Copyright 1999-2010 Havok.com, Inc. (and its Licensors). All rights reserved. See http://www.havok.com for details. This product contains software technology licensed from GameSpy Industries, Inc. © 1999-2010 GameSpy Industries, Inc. GameSpy and the “Powered by GameSpy” design are trademarks of GameSpy Industries, Inc. All rights reserved.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中