Venetica

Venetica Demo

舞台は16世紀、死が肉体的な物と考えられていた時代。
死の後継者として世界に完全な死と破壊をもたらす
ネクロマンサーが選ばれてしまう。
不滅の存在となってしまったネクロマンサーを
止める事が出来るのはDoughter of Death(死の娘?)、Scarlettのみ。
と、言う感じのお話らしいのです。(英wiki 斜め読み)
体験版はドイツ語版なのでその辺さっぱりですが
何とかなるだろう!という事で遊んでみました。


冒頭、お祭りらしい村の隅でScarlettと恋人っぽいBenedictとの
良い雰囲気なシーンから始まります。
そこへいきなり襲い掛かる謎(文字通り)の集団。

善戦むなしく力尽きるScarlett。
助けに現れたBenedictと共に斬られてしまいます。

死の世界で何やら選択を迫られるScarlett。
目覚めると村はずれの家のベッドだった。

多分助けてくれたんだろう婆さんに色々教わったらしいScarlett。
お話はさっぱりですが冒険の始まりです。


町の探索はチュートリアルも兼ねているようで、
梯子を登ってみたり、お金の入った壷を壊したり出来ます。
一通り町をうろついて鍛冶屋に辿り着くと
鍛冶屋の親父さんから何か頼まれてる。
うん、ごめん。さっぱり判んないや。ごめんな親父さん。

Journalでクエストは呼び出せるので地図に目印でも無いかな?と
見てみると幾つか目的地が表示されてます。
どれがどれか判んないけど取りあえず向かってみようー。

漁れる箱とかトレーニングをしてくれるらしいおっさんと適当に遊んだ後に
鍛冶屋の親父さんの元へ戻ってみると、何かくれるらしい。
オープニング画面の装備に無事?着替える事が出来たScarlett。
これで町の外に出られるようです。

町の外に出るといきなり襲われる。
誰かの手先なのか判断付かないけど襲ってくるって事は敵だろう!

身包み剥がして先を進むと町を襲った謎の集団が。
Benedictがどうなったのかハッキリしないけど敵を取らせて頂こう。
敵は防御を使いこなすので攻撃連打だけでは一向に片が付かない。


攻撃してくる瞬間に合わせて側転で攻撃をかわして反撃する。っしゃ、片付いた。
と思ったらまだ奥に何やら色違いの集団が。ついでだから襲っておこう。
無事敵を片付けるとクエストが進行した模様。

うーん、この雲を掴むような感じはなんとかならんだろうか?
暫く町の周りを散策してデモは終了となりました。
戦闘は敵との間合いを見切ってかわしたり
カウンターを決めたりでRisenの戦闘に近い印象を受けました。
魔法は最初から一つ持っていたのですが何に使うのかいまいち良く判らず。

町や外の光景はとても綺麗で散策する楽しみは有りそうです。
ちょっと残念なのはScarletttはジャンプが出来ないようで、
ちょっとした段差を乗り越えられないし、屋根から飛び利降りたりする事が出来ない。
その辺をうろついて転落死という事は無さそうですが
何も無い所で見えない壁に突き当たるという場面も。

Scarlettのキャラクターは固定のようで、キャラメイクは無し。
個人的にはScarlettの造形は許容範囲ですが、
やっぱりキャラメイクは出来ないよりは出来た方がいいかなぁと。
VENETICA (C) 2010 dtp entertainment AG, All rights reserved.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中