Lead and Gold: Gangs of the Wild West

Lead and Gold: Gangs of the Wild West。

日本語字幕対応。2度目のFree Weekendと言う事で今度こそ遊ぼうと手を出してみた作品。
マルチプレイ専用でシングルプレイはチュートリアルのみとなっています。

ゲームモードは2チームに分かれてのデスマッチや拠点防衛等、特に目を引く物は有りません。
今回はチームデスマッチのシュートアウトを中心に遊んだのでその感想を。
マッチングは全て4対4で行われ、使用出来るキャラクターは4種類。
リボルバーを使い、中距離の連射をこなすガンスリンガー。
スナイパー兼、相手を一時的に動け無くなる罠を設置出来るトラッパー。
ショットガンを使い、ダイナマイトで広範囲を吹き飛ばすブラスター。
カービン銃を使い中長距離をカバーするデピュティ。




4人にはそれぞれ共闘ボーナスが付き、重複しないボーナスは以下の通り。
ガンスリンガー=精密射撃
ブラスター=装甲
トラッパー=クリティカル
デピュティ=ダメージ
4人全部揃ったバランスの良い状態で以上のボーナスが全て付く事になります。
ただしステージによって有利なキャラクターが変わってくるので
この面子が揃うと言う事は余り無かったような気がします。

操作は非常にシンプルでALTでキャラ固有の特殊操作。
(罠を設置する、ダイナマイトを投げる、連射する)
CTRLで側転を使った回避。
カバーやLearn keyを使ったアクションは無く、
キルカメラで自分を倒したキャラを目視出来るので物陰から延々狙撃、
と言う様な事は出来ません。

今回はトラッパーを中心に使用。
キャラクターの説明画面は結構美人さんに見えるのですが
実際のゲーム画面では(以下自粛)
遊んでいる最中は後姿しか見えないので無問題。

狙撃はアイアンサイトを覗いた状態で撃つまでの時間が結構長めの為、
撃つまでに撃たれると言うパターンが多かったような気がします。
サブウェポンのピストルは無いのも同然なので
ガンスリンガー等と鉢合わせすると逃げ回るしか有りません。(自分の場合)

特殊アクションのトラップは狙撃ポイントの手前位に設置しておくと
襲いに来た敵チームがポンポンと引っ掛かってくれて愉快ではあります。
久々のマルチプレイと言う事で楽しく遊ぶ事が出来ました。

緊張感の欠片も無いBGMに簡単操作と言い方が悪いですが
終始家庭用ゲーム的な雰囲気で倒したり、倒されたり。
死亡時は復帰場所を選ぶ事が出来ので延々倒されると言う事も無し。

関係無いですが今回はアクションと言う事で
スクリーンキャプチャソフトの自動撮影の間隔を5秒にしてみたのですが、
思いもかけない面白い場面や狙ったかのような瞬間が撮れています。

土日で7時間程遊ばせて貰って十分元も取れたし自分的には特に不可も無し、
面白いですよ?と言いたい所ですが・・・
Free Week Endの状態で人が一杯と言う訳でも無く、
次に人が集まるのは恐らく次のセールか
同じようなFree Weekしか無いのでは?と思うとちょっとお奨めは出来ないような気もします。
$7で悩むような物では無さそうですが、
同じくFree week endで楽しめたので購入したAltitudeは
それっきりサーバーがほぼ無人と言う状態が続いているので。

人が少なくても遊べるだけの人数がいれば問題無いかと思いますが
週末のサーバーの数を見る限りそれも望みが薄いような気もします。
これがシングルプレイもシナリオやストーリーも有って
マルチプレイも出来るゲームなら即買っている所。
このキャラクター達で荒野とか歩き回れたら楽しそうだなと思うだけに
マルチプレイ専用なのが惜しいところです。

© 2009 Fatshark AB. All rights reserved

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中