月別アーカイブ: 2017年3月

Empyrion – Galactic Survival 惑星生活8日目

溶岩のトラップに超重力、終末観溢れる悪夢の惑星Aestus。
ここでしか取れないらしいErestrum Oreを回収するべく安全地帯確保の為にDrone Base襲撃に向います。突撃戦法で楽勝楽勝!と突撃前は思っていたのですが・・実際タレットの死角を突いてDrone Baseに取り付いた迄は良かったものの、内部はまさにトラップだらけでプレイヤーを殺しに掛かって来ます。

出待ちとしか思えない密度で沸いてくるZiraxやロボットに巧妙にスナイプしてくるタレットが非常に痛い。入り組んだ内部は普段の利用は不便極まり無いと言いようの無い
迷路っぷり。ミニガン持ちのZiraxが遠距離から撃ってる長い通路にタレットまでいた時には生かして返す気はカケラもねーな!こいつ等!と投げ出したくなる程。いや、まぁ呼ばれてもいないのに襲撃してるのはコチラなんですけどね。


しかもヒィヒィ言いながら内部の敵を片付けたらコアの場所が分からない。エイリアンの基地は大体似たような場所にコアが有って大体この辺かなぁ?と当たりが付くのですがそれらしい物が無い。ベース内をくまなく探し回ってやっとコアを見つけてみれば最初にスルーした大部屋にしっかり隠れていたと落ちが付きました。襲撃してる時間よりコア探してる時間の方が長かったかも知れない・・・

とにかくDrone Baseは片付いたのでこれでゆっくりErestrum Oreを回収出来ます。Blue Printに登録していた採掘用HVを召喚して早速穴掘りに・・・いかん、重量きついの忘れてた。Akuaでは問題無く動いていたHVがThrusterSでは前進するのも一苦労だったので脱出用にくっ付けていた筈のThrusterMを点火。おお・・・稼働時間が有り得ない位短いぞコレ。悠長に散策してる時間は無さそう。

抹茶のようなマ緑のErestrum Oreが惑星上に3カ所有ったので大急ぎで回収。まさか穴掘りより移動に苦労する事になるとは思わなかった。ちなみにThruster全開で移動した結果2回程溶岩に突っ込んでます。SVと違って脱出するのに一苦労なのでAestusでHVを運用する場合は安全運転を心がける必要が有りそうです。

頂く物は頂いたのでさっさと惑星から脱出する事にします。こんな夢に出そうな所何時までもいられるか!次惑星に行くぞー!

次の惑星は・・・Oscutune?ワープして目前に広がるのはAkuaのような水の惑星。Aestusの後だと余計に美しく見える不思議。さて、この惑星では何がまっているのやら?


SV2号機で探索を進めると狭い陸地に資源とエイリアン基地が密集しているのが確認出来ます。景色はとてもよろしいのでなんとなくベースを作りたくなる。とは言えCVで生産物その他は完結しているので大掛かりな物を作る必要も特に無し。よし、中立施設を乗っ取ろう。良い感じに海に隣接していたLarge Outpostを乗っ取ってコンクリートを敷き詰めてドッキングの為のスペースを確保。大分大きめなスペースを確保した積りが実際にCVを下してみると全然スペースが足りない。
ドローンの襲撃はCVが勝手に撃退してくれるので資源採取とエイリアン基地の襲撃へ向かわねば。

Copyright © 2014 Eleon Game Studios

Empyrion – Galactic Survival 惑星生活7日目


未知なる惑星Aestusへ到着。何が有るか分からないのでCVは惑星軌道に停止させてSV2号機で地表へ。小技と言う程でも無いですが停止中のCVはFridgeとか稼働させておかないと不味い物以外はグループ化して停止しておくとFuel Packの消費が押さえられます。いざ、マグマ一杯っぽいAestusへ!


あっけなく地表へ墜落。しかも溶岩に一直線。慌てて船外に脱出したもののなんだこれ?SVの挙動がおかしい。満足に飛べないと言うか重いと言うか。真っ先にバグを疑いましたがそれじゃぁオチオチ惑星探索も出来ないよなぁと襲撃に来たドローンを撃退した後にMAPを見てみると惑星Akuaの4割増しの重力だと判明。Akuaでは普通に飛べたけどそりゃ飛ばないわ・・・

先ずは鉱床の位置とかエイリアンの基地の場所確認の積りだったので資材は持ち込んでいない。このままでは惑星脱出もおぼつかないのでThrusterを付け替えて無理やりAestusを脱出、CVへ逃げ帰ります。
さて、普通に考えればThrusterMを付けるべきなんだろうけど機体が薄型なんで付ける余地が無いと言うか付けても剥き出しにしか出来ない。少し悩んでThrusterSを増設する事にしたものの燃料の消費がマッハになったのでGeneratorも追加。よし、これで行ける筈!しかし、CVでいきなり地上に降りなくてホント良かった。下手すりゃ身動き取れないまんまエイリアン基地の傍に墜落してたかも知れない。

再び地上に降りて探索を開始、鉱床もエイリアン基地も把握出来たのだけれどエイリアンの墜落船も発見Crashed Hyperionが惑星Aestusに有るとは思わなんだ。Erestrum Oreも回収したいしエイリアン基地もしばかないといけないけど見つけてしまった以上見過ごす訳にはいかない。ひゃっはーお宝だぁ!

Hyperionから目ぼしい機材を毟りおわったのでエイリアン基地の襲撃に向います。Erestrum Oreが手に入れば特に手を出す理由も無いのだけれど鉱床の傍にどーんと建ってて採掘を邪魔するみたいな場所に有る方が悪い!

安定の突撃戦法でエイリアン基地へ飛び込んでガトリングで壁をぶち抜いてからの強襲でさくっと占領。うん、なんか大分手馴れて来た感が。残りの邪魔そうな基地もさっさと潰してしまおう。

折角の新しい惑星だけど地上の生物はなんだか夢に出て来そうな怖い造形だし地表はダメージ喰らう溶岩だらけでトラップ一杯だし、燃料はバンバン減って行くしでさっさと逃げよう。Drone Base潰して安全を確保せねば。

Copyright © 2014 Eleon Game Studios

Empyrion – Galactic Survival 惑星生活6日目

empyrionakua50
empyrionakua51
Akua Moonで見つけたCrashed Ship。船体がHardened Steel Blocksだったのでひゃっはー!お宝の山じゃー!と解体してみたけど作業足場(コンクリートブロック積み上げて崩壊防止)が必須な上に油断して解体すると直ぐに大崩壊具合に根を上げて半分程解体して退散。まぁブロックとか結構貯まったしね、そろそろ惑星間移動の為のCVを作らねばとAkuaに戻ります。略奪もとい、発掘品を整理しておもむろにCreative Modeへ。

凝った物は幾らでもWork Shopに有るし、何か映画とかゲームの機体を参考にしようとするとそれはそれでハードルが上がってしまって何時まで経っても完成しない(経験済)ので、取りあえず目標を決める。
・他惑星での拠点要らずなオールインワン仕様を目指す。
・HVとSV用のハンガーは大きめに。
・栽培出来る物は全て栽培出来る規模に。
・通路は広めに
・エンジンルームを作る
どうせ、羊羹になるならデカい物を作っちまえ!と園芸区間をメインに船体を作って見る事に。
empyrionakua52
ハンガーは元々コンパクト?な採掘用HVとSV2号機が余裕で収まるスペース!
empyrionakua53
コクピットとひとまとめにしてAdvanced Constructorの2基設置、Cargo Boxも多めに設置。エンジンルームは略奪品のRCS2を積み上げ。
empyrionakua54
empyrionakua55
船体のメインとなる園芸区画は植物1種類に9マス×16枠で全ての栽培可能な作物をカバー!
empyrionakua56
見た目?動きゃいいんだよ!リビングは?そんな物はねぇ。無駄無駄!と言いながら5時間程掛けて完成。Iron Ingotを2万個程使ったClass2サイズのCVが出来上がりました。うん、出来上がって良かった・・・凝りだすとキリが無いから何時まで経ってもAkua脱出出来ないってパターンも有るし。チマチマ集めた材料や略奪したエイリアンCVの部品やらでさくっと建設!
拠点との比較はこんな感じになりました。うむ、それなりにデカいぞ!
empyrionakua57
残った素材を全てCVに移し替えて準備完了、さぁ新しい惑星へ!そのまえにワープ用のクリスタルを集めないといかんか。よし、もう一回Akua Moonだ!
empyrionakua59
Akua Moonの地表を探してクリスタルを300個程確保。これで外周惑星1周位は行ける筈。さて何処へ向かおうか?うむむむ、Omicronに向うのが定番そうな気もするが初回プレイでそっちには回っちゃってるんでなぁ・・・いきなり外周へ向かうのもちと怖いと言う事で惑星Aestusへ行ってみよかぁ。さらば、惑星Akua!

2回ワープして星Aestusへ。さてココにはどんな物が有るのだろうか?
empyrionakua60

Copyright © 2014 Eleon Game Studios

This War of Mine

this-war-of-mine05
架空の都市Pogorenで紛争に巻き込まれた市民が生き残る為に必死になるゲーム。
名作とか大手の大作を抑えてヒットとか色々な評判を受けて面白そう?と思って購入したものの・・・住民の苦痛や泣き言、絶望とか見てしまって早々に根を上げて封印していたタイトルでした。

そもそもはEmpyrionの後、何を遊ぼうか?→Avorion面白そうね→RimWorldも面白そうだ→ポンポン開発しても積むだけだしなぁ→そう言えば手持ちのサバイバル系ゲームでThis War of Mineが有ったじゃないか?と遊ぶのを止めた理由を綺麗に忘れて手を出したのが運の尽き。
this-war-of-mine01
どうせなら攻略とか見ないで初回位は最後まで遊んでみようかと気合を入れてゲームを再開してみたのですが、これがホラーゲームよりメンタルにダメージを受ける事に。サバイバル系のゲームだと飢え死にとか普通に有りますし死んだら装備を失うとかペナルティは有ってもごく当たり前のようにRespawnする訳でそうそう深刻な事態では無く、あー死んじゃったやり直しだなーで済む所。でも、このゲームはそうも行かない。

住人は飢えれば動きが鈍くなり最初こそまだ大丈夫と気丈に振舞いますがだんだん虚勢も張れなくなり食べ物の事しか考えられなくなり動けなくなり、ガリガリに痩せて倒れてしまってそこでお終いとなります。
効率よく食料等を調達出来れば当然飢える事は無いのでしょうが手探りではそうも行かず、餓死させないようになんとかカツカツの食料を確保するにも苦労する状態で操作キャラの筈の住人達に不甲斐なくて申し訳ないと謝るハメになります。
this-war-of-mine02
こんな辛い思いをする位なら攻略でも見た方がよっぽど精神衛生的に良いと思うものの多分手探りの状態じゃないとこのゲームの雰囲気は味わえないんじゃないかと少し進めてはもうダメ進められない今日は止めとこうと言うパターンを繰り返し。
なんとか誰も死なないままやっと12日目迄来れました。

食料はギリギリ、雨水を集めたいが材料が足りない、医薬品は払拭で怪我が治せないわで、なんだこの辛さは!早晩全滅コースしか想像出来ない状態なんだけどそれでも助けを求められれば人助けを出来る事は良い事だとすきっ腹を抱えて呟く住人達に愛着を覚えてしまい、余計に辛い事態に。こりゃ確かに体験するゲームだわと。

また何処かで気分的に限界になって投げるか再スタートを選択する事になるだろうってのも予想できます。操作キャラをなんとか救いたいって強烈に思わせるこのゲーム。要領を掴んでしまえば左団扇な生活が出来るんでしょうか?
そうなったらそうなったでこのゲームっぽくないと感じてしまうのかも知れません。
this-war-of-mine03
次の周回では飢え死にだけは避けたい所。

© 2016 11 bit studios S.A.