X3: Albion Prelude 気楽な海運王生活 11日目 商売繁盛

ArgonとTerranの紛争地帯に突入してUT船団が殆ど壊滅。
両方のご機嫌を取って見たものの、結局どうにも成らなかったので再スタートする事に。
今度は思う存分セクター探索を楽しんでそれから紛争地帯に行けば良いかーと。
X3AP1107
プレイヤーキャラは色々と悩んだけれど再び無名のArgonを選択。
初回と違って勝手が判ってるから資金集めは捗るだろうし、紛争地帯をどうするかの対処はおいおい考えるとして取り合えず危険地域に入らなきゃ問題は無いだろうと問題を棚上げに。

とっても懐かしい気がするArgon Primeでスタートして方針を考える。
・前回と同じ流れってのも芸が無いから何か違う事をやってみよう。
・初回で出来なかったBoardingをやってみたい。
・全セクターを踏破してみたい。

と、大雑把に目的を決めて開始。所持金は変わらずゼロに近い状態なので、パトロールと遺棄船の回収を始める。Xenonの撃退はセクター内の戦闘機が勝手にやってくれるので後ろから付いて行ってデブリを拾う。遺棄船の回収は・・・最序盤の依頼って1,000クレジットとかこんな物だったっけ??依頼の難易度が簡単を下回って”些細”とか。

Discovererの拡張装備は取り合えず後回しにしてImpulse Ray Emitterを2基確保。
ステーションの防衛を引き受けてお約束の海賊を撃退。
運良くDiscoverer Haulerの鹵獲に成功。
X3AP1108
Discoverer Haulerは無印Discovererよりちょっと早くて少し荷物が多く積めて装備もそのまま移し変えられる素敵な機体。早速乗り換えてDiscovererを売却。短い間だったけど有難う無印!
見た目もほんのちょっと格好良くなってる?

中古のMercuryが8万クレジットで買えたので売り払わずにそのままEnergy Cellの行商に。
25MJシールドの買える所まで探索が進んでいないのでシールド無し、武器無し、Hull 55%。
この状態でも運べる荷物の量は変わらないMercuryが素敵過ぎる。
X3AP1113
依頼をこなしつつMercuryを手動で動かしてチマチマとクレジットを稼いでいたら中古のNovaが売りに出されているのを発見。お値段はなんと50万クレジット。手持ちも足りてるし、修理して売れば150万クレジットになる。
なんか作為っぽい物をちょっと感じつつ購入、修理して売却して所持金が150万クレジットに。
うむ、なんだか幸先が良過ぎる。
X3AP1111
X3AP1112
Paranid Prime迄足を伸ばした所で25MJシールドの工場も発見したので購入してMercuryを修理。
Trade Command Mk3を載せてセクタートレードに出す。
少し余裕が残ったのでTM船でも買うか?

その時点でArgon Prime周辺とPranid Prime迄しか探索が進んでいなかったので Paranid のTM船 Heriosを購入。ParanidはArgonに対抗してるのか微妙に性能が上です。YakiのChokaroに比べれば一段落ちますが此方は4隻戦闘機が積めると。
X3AP1105
初回でTM船買う迄30時間位掛かった気がするけど、流石に2回目は早いような。
この時点で探索済みのセクターは10箇所ほど。うん、やっぱり早いね。
次はM7購入資金と戦艦の鹵獲にMarineを育て始めないと。
TM船で海賊と戦うのはChokaroで懲りたのとHeliosでは積める荷物が少ないので海賊狩りは暫くお預けにして一気にM7を購入まで資金を貯めてしまおう。
X3AP1116

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中