Two Worlds日記84 Look in the Temple


水のエレメントを求めてやって来たAshosの町。
寺院へ潜り込む為の方法を探していたが、学者のKanoの依頼でやっと潜り込める事になった。
Kanoが言うには町の外に巣くう虫共は寺院から姿を現しているらしい。
やっと寺院に潜り込んでエレメントを手に入れるチャンスなのだが
Kanoの言うとおりなら寺院の中は虫の群れがいる筈。
単身突撃突撃するのは少しキツイ。さて、どうしたものか・・・
「聞いてくれ大変だ!」
む?目の前に門番のYorunがいて血相を替えている。何が有ったんだ?
「市長が殺害されたのだ!」

Hokoの姉さんだとか行方不明になっている人達を殺してたらしい市長だったが
何処に隠れたのかと思ったら殺されていたのか。
ええと、何か不味い事でも有るのか?
「自分が何を言っているのか理解しているか!?市長が殺されたのだぞ!
そして目撃者はHokoが市長を殺すのを見たと言っている。
お主にHokoの事を頼んだのに一体どうしてこんな事に?
彼女は行方をくらまして追っ手が差し向けられているのだ!」
あー・・・Hokoさんが殺っちまったのか。
確かに姉さんを殺した犯人を教えて放置したし
自力で探し出して敵を取ったって事か。

しかし、何処に逃げたんだ?街中じゃ隠れる場所なんか無いし、
町の外にはオークや虫共がいるしな。
「何とか言ってくれ!」
Yorunが大声を上げる。あ、すまん。考え事をしてた。
ええと、Hokoが市長を殺したのには理由が有るんだ。
「何がどうしたら彼女が市長を殺す事になるのだ!?」
落ち着けってば。ええとカクカクシカジカで市長はどうも人外の存在で
町で行方不明になっていた女性は市長の手に掛かっていたらしい。
証人は町の外に住むヒーラーのYaida。
証拠は市長の家で見つけたHokoの姉さんの衣服。
それに市長が殺されたって言うのなら
あいつの体を調べれば人じゃないってのが判るんじゃないかな?
Yorunは信じられないと言う風に話を聞いていたが頭を抱えた。
「あぁ、Yaholenよ!彼女はずっと辛い思いをして来たのだ。
彼女に何の罪が有ると言うのだ!彼女は今では獣のように追われる身だ・・・」
まぁ、そうだな。気の毒な話だろうけど、
それでも彼女は復讐を選んだんだ。結果は受け入れるんじゃないか?
「戦士殿、お願いだ!彼女を見つけてくれ!追っ手より早く!
そして伝えて欲しいのだ、私が必ず助けると!私が迎えに行くまで自棄にならないでくれと!」

・・・やだよ。そう言う事は普通自分で行く物だろ?
それに追っ手が掛かってるって言うなら急がないと捕まっちまうんじゃないのか?
「追っ手は確かに彼女を追っているが、知っての通り町の外は余りにも危険。
竹林に向かえば全滅も有り得る。彼女が化け物の手に掛かれば
王手間も省けると考えているようなのだ。」
酷い話な気もするが、犯罪者捕まえるのに自分が死んじゃったら意味無いしな。
自分だってあの虫共がわんさかいる竹林にホイホイ足を踏み入れたくないし。
とは言え、Yorunは持ち場を離れる訳にはいかんのだろうし、
Hokoにしても町の外に逃げたのなら追っ手よりも
化け物の餌食になってしまう方が確かに早そうな気がする。
判った。彼女を捜してみるよ。
でも、見つけた時に彼女が無事かどうか、
素直に話を聞いてくれるかどうかは約束は出来んぜ?
「それで十分だ。戦士殿にYatholenの加護があらん事を。」
なし崩しに丸め込まれたような気がするが取り合えず
Hokoさんを捜さねば。ええと先ずは竹林の入り口辺りまで行って見るか?

Ashosの町を抜け、竹林に差し掛かるとゲートの傍にHokoの姿が有った。
・・・追っ手がどうこう言ってたけど全く仕事してないじゃないか。
おーい、Hokoさんよ。
声を掛けるとHokoが振り向いたが何処に逃げる事も出来ずに立ち竦んでいる。
なんにも考えずに市長を殺しちまって逃げて来ただけか。
ええとですね、町から追っ手が向かっているらしいんですよ。
「貴方は私を捕らえて引き渡す積もりですか?」
それで報酬が貰えるなら少しは考えますけどね。
何もまだ言われてませんし。追っ手に捕まれば牢に叩き込まれるでしょうな。
でも、貴方を助けたいって男もいる。
Yorun Togawaの事を覚えているか?
「はい、彼は古い友人です。彼が一体・・・?」

Yorunが貴方を助けたがっている。
「衛兵で有る彼が何故そんな事を?」
Hokoは思い当たる節が無いようだ。Yorunは口説いていなかったらしい。
Yorunには何故貴方が市長を殺したのか説明した。
彼は全てを聞いても貴方を救いたいと言った。もう何故か?なんて聞くなよ?
ほら、アレだ。Yorunは貴方の事を好きなんだ。
「Yorunが私の事を?あぁ、なんて言う事・・・」
ちゅー訳で、ここで待ってくれればYorunに貴方を見つけた事を伝えてくる。
Yorunはすっ飛んでくるだろうさ。
そう言うとHokoは素直に頷いた。くそう、爆発しやがれ。
町の入り口でウロウロしていたYorunの元に戻って来た。
おい、Hokoさんはゲートの傍にいたぞ?
お前の事を説明したら待つって言っていた。どうする積もりか知らんが
行くのならさっさと行きやがれ。

「感謝の言葉も無い。じきに今日の仕事も終わる。
周りに疑われぬよう抜け出して彼女に会いに行く、有難う。」

ま、逃げるにしろ戻るにしろ上手く行く事を祈っておくよ。
Yatholenの加護がなんとかかんとかと言いまくるYorunを残して寺院に向かう事にした。
手にはKanoから貰ったカギが有る。これで大手を振って忍び込めるわけだ。
虫共がたっぷりいるかも知れないけど。

寺院と言うよりはダンジョンの入り口と言った雰囲気の門を抜け、
地下通路に忍び込む。何処にエレメントが隠されているかの手掛かりは無いが
再奥迄行けば多分見つかるだろう。
薄暗い通路を進むとさっそく何か動き回る音が耳に付いた。
虫がいるのだろうか?ま、なんとかなるだろう。

しかし、通路の影から姿を現したのは寺院の入り口に立っていた銅像と同じ
巨大な武器を構えたSerpentだった。
待て、虫は何処に行ったんだよ!?聞いてないぞ!?

水のエレメントが隠されていると言うAshosの寺院。
やっと潜り込んでみると出迎えたのは巨大なSerpentの群れだった。
通路の奥からしゅるしゅると姿を現す人型の蛇達。
見覚えが有るなと思ったら寺院の町のアチコチにこれ見よがしに立っていた彫像だ。
こいつらが寺院の主と言うかYatholenの下僕かなんかなんだろうか?
すいませんお邪魔しますと会話が出来そうな雰囲気では無いので
剣を手に取る。オークよりは強そうだが地上で散々虫共と戦って来たんだ
そう簡単にはやられんよ?
とは言え、いきなり囲まれるのも不味そうだ。一応逃げてみて
一匹になった頃合に戦いを仕掛けてみる事にした。さぁ、来い!

・・・話にならないと言うか虫よりも強い。一撃で昇天させられてしまった。
攻撃動作が早過ぎて反応出来ないぞコラ。
ここが虫の沸く場所だとか言っていたKanoに文句を言いたい所だが
まずは目の前の敵をなんとかしないと。
Serpentには攻撃は通用している。ダメージを与えているのは判るのだが
攻撃を食らったら即死なのでなんだか文字通り嬲り殺しに有っているようだ。
これは囮と言うか下僕を呼び出さなければ延々タコ殴りにされてしまう。

何回目か忘れてしまったがマラソンに終わりが見えないので下僕を召還する事にした。
地上じゃ囮にもならないが狭い地下だったら障害物位にはなるだろう。
下僕が道を塞いでいる所を攻撃すればなんとかならないか。

いかん、まるで役に立たないと言うかゴーレム以外一撃で倒されてしまう。
くそう呼び出すだけ無駄だったか。
こうなったらファイヤーウォールで地道に削っていくしかないか?

通路で炎を呼び出し逃げ回ってダメージを与えると言う地味戦法で
少しづつSerpentを倒していく。
おかしい、もうオークは雑魚って位腕も上がった筈なのに
何でこう、無茶な化け物が次から次に現れてくるのか・・・


丸1日戦い続けてやっと地下通路の再奥に辿り着いた。
巨大な柱に囲まれた祭壇の中央に光を溢れさせるエレメントの姿が。
おー・・・、やっと辿り着いたよ。これを頂けばもう、Ashosには用は無い。

あ、いかん。一応Kanoに報告だけ済ませておくか。
エレメントはもう手に入ったも同然と言う事で報告を先に澄ます事にした。
「寺院の奥はどのような様子だったのかね?」

地上に戻りKanoの家を訪ねると早速質問された。
えー、寺院の奥には銅像と同じ格好をしたSesrpentがうじゃうじゃいましたが
虫の姿は全く有りませんでしたよ。
お陰でもう、二度と学者の依頼は受けたくないと思う位酷い目に会いました。
オイ、こら。適当な事言って人に無茶な仕事やらすなよ!
Serpentの群れを倒すのにどんだけ苦労したと思ってんだ!?
「ふむ、寺院の地下には虫共はいなかったか・・・
そうなるとまた別の原因があると言う事か。早速調べねば。」

おーい、人の話を聞いてるかー?
「む、あぁ、そうだったな。いや寺院を調べて来てくれて有難う。
これは謝礼だ。てっきり私の勘違いだったようだ。」
おイ。それでおしまいかよ!
言いたい文句は山程有るが、Kanoは早速自分の世界に入ってしまったようで
何やらブツブツと呟いている。
報酬は貰ったし余計な事を頼まれる間に逃げ出した方が良さそうだ。

再び寺院の地下に潜った。もうSerpentもいないので最深部まですいすいと辿り着けた。
通路を進み、水のエレメントの祭壇に上がる。
ふぅ、やっとこれで2個目のエレメントか。

Relicに水のエレメントを嵌め込む。残すは風と炎のエレメントだ。
Ashosの町を出て次へ向かうべきだろう。
あ、そう言えば鍛冶屋兄妹の件が片付いていなかったな。
・・・どっちについても碌な事になりそうに無いし投げて行くか!

さて、次は炎のエレメントが近いな。
GorGammar、オーク共の城に殴りこみに行く事になるが
お使いで走り回るよりは早いかもしれない。










・Ashosのクエスト
後味の悪いクエストが多い気がするTwo Worldsですが、Ashosの一連のクエストは酷いの一言。
考えてみればすっきりと終わるクエストが一つも無かったり。
HokoとYorunのその後は語られる事は無いので想像するしか有りません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中