IndieCade 2011 Award


10月9日に終了したIndieCade 2011の受賞作品がShackNewsで紹介されています。

Best in Show(最優秀賞受賞作品):Fez (Polytron)
Best Story/World Design(世界観、物語性):Fez (Polytron)

Best Technology :Johann Sebastian Joust

Best Gameplay Design: Deepak Fights Robots (Tom Sennett)

Best Visuals:Superbrothers: Sword & Sworcery EP
(Superbrothers/Capybara Games/Jim Guthrie)

Best Sound:Proteus (Ed Key and David Kanaga)

Best Interaction:Ordnungswissenschaft (Till Wittwer, Marek Plichta, and Jakob Penca)

Special Recognition(審査員特別賞) : The Swapper (Facepalm Games)
PCゲームばかりでは無いのに加えて殆ど紹介出来ませんでしたが、
LIMBOやVVVV等のように2012年の話題作となる作品達かも知れません?
Shack News
IndieCade 2011: Award winners

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中