Fallout: New Vegas 日記20 One for My Baby

Jason率いるグールの集団は約束の地へ旅たって行った。
吹っ飛んで行ったと言う方が正しい気もする。
これで、Mannyの依頼がやっと片付いた。面白い装備も手に入ったしさっさと帰ろう。

Novacに戻った時には日が暮れていた。
丁度交代の時間なのかDino Bite GiftShopからMannyが姿を現すのが見えた。
おーこんちわっす。戻って来ましたよ。
「よう、グール共はどうなった?」

カクカクシカジカでもうREPCONNにはグール共はいないっす。
さー、約束のスーツ姿の男とその一味の行方を教えて貰いましょうか?
「本当か、そりゃ素晴らしい。お前は随分とタフや奴みたいだな。
あー、スーツの男はBennyって言うんだがBoulder Cityに向かったよ。
Great Khanの連中も一緒の筈だ。」
Pip-Boyで位置を確認する。北へ一直線か・・・
よし、有難う。これで次の目的が出来た。
いや、ちょっと待てよ。何か忘れてるな。
そうだ、Mannyの相棒のBooneとやらがLegionに
嫁さんを攫われたとか言ってたな。ちょっと話を聞いてみるか。
店仕舞いをしていたCriffに声を掛けてDino Biteの口に出てみると
Mannyのいた場所に初めて見る男の姿が有った。こいつがBooneだろう。
ちわす。ちょっといいすかね?
「あー?余所者が何の用だ?こっちは見張りで忙しいんだ。他所を当たってくれ。」

態度悪いなオイ。もうちょっとこう、フレンドリーにお喋りしても良いじゃないか。
Mannyから話を聞いてちょっと面白そう、もとい手伝える事が有るかと思ったのに。
ま、いいや。お邪魔したね。
「いや、ちょっと待て。お前の言うとおり、少し話をしよう。」
何だよ、1人じゃ寂しくなったか?余所者は嫌いじゃ無かったのか?
「見ない顔だから頼める事も有ると思ったんだ。
Mannyから話を聞いていると言うなら尚更だ。・・・人を探して欲しいんだ。」
攫われた嫁さんをLegionから取り戻したいのか?
値の張りそうな仕事だな。
「いや、そうじゃない。俺が見張りに立った夜に俺の妻は奴隷商人共に攫われた。
他には誰も被害は無かった。連中は妻のCarlaだけを狙ったんだ。
誰かが手引きをしなきゃそんな事は無理だ。・・・その誰かを探して欲しい。」
ふむ、犯人探しですか。それも良いが攫われた嫁さんを取り戻す方が肝心じゃないか?
「いや、妻は・・・Carlaはもう死んでいる。俺には判るんだ・・・
俺はCarlaを売り払った糞野郎を見つけなきゃいけない。」

ふむ、それでその犯人を見つけたとしてどうすればいい?
殺せとか言うんじゃないよな?
「いや、犯人を見つけたら俺が見張りをしている時間に
このDino Biteの前に連れて来てくれればいい。後はこっちでやる。
このNCRのベレー帽をやろう。犯人をDino Biteの前に連れて来たらこの帽子を被ってくれ。
それを合図にしよう。それと犯人を見つけるまではお互い接触は無しだ。いいか?」
ん、判ったよ。町の連中に話を聞いてみるさ。
でも、なんで奥さんが死んでるって判るんだ?
「説明しても判らんだろう。俺には判るんだ。」
・・・良く判らんけどそう言う事なのだろう。Booneの復讐に付き合う事になった。
となると聞き込みをしなければいけない。
んー、Mannyにちょっと話を聞いてみるか。
ホテルに顔をだすとMannyはまだ起きていた。
「あー?Booneの嫁さんに恨みを持っていそうな奴ってか?
Carlasはこの町が好きじゃなかったからな。部屋から出ようとはしなかったし
出れば町の連中に文句ばかり言っていた。
正直言えばこの町でCarlaを好きだったって奴の方が少ないんじゃないか?」

攫われた不幸な嫁さんと思ったらいきなり風向きが変わったな。
それで、Mannyも嫁さんが消えればいいと思った口か?
「CarlaがいなくなればBooneも元の相棒に戻るかと思ったがな、ダメだった。」
んー、Manny自体が嫁さんを良くは思っていないと。
後は誰に聞くか・・・真夜中だし聞き込みは無理だな。
ホテルで休んで明日にしよう。
翌日、順に町の順に聞き込みをする事にした。
Mannyの言った通り、余り評判は良く無かった事位しか判らない。


「あの女かい?ありゃ逃げ出したのさ。この町の事を嫌っていたしね。
New Vegas見たいなネオンのキラキラした所が好きだったのさ。
Booneは攫われたと思いたがっているんだよ。
どんな女だったかって?サボテンみたいな女だったとでも言えば言いのかい?」

Jeannieの話を聞き終えた所で聞ける相手がいなくなった。
怪しいと言えば怪しい人物はいるが誰がどうとははっきりと判らない。
さて、どうしたものか・・・
「そこにいるんだろう?いるのは判ってるんだ。」
声のした方を見ると壁に向かって話している男が。
・・・Noonanだった。

最初にNovacにやってきた時に話をした覚えが有る。
結局意味の有る事を言っている訳じゃないと3時間を無駄にさせられた男だ。
一応、聞いてみるか。なぁ、Noonan。Booneの嫁さんの事を知らないか?
「あぁ、ありゃ恐ろしい出来事だった。
夜中にDino Biteのオフィスに恐ろしい男達が何人も来てたんだ。
あいつらは、恐ろしい人喰いに違いない。いや、金を盗んでいったのも知れない。」

ほう、そりゃ面白そうだ。
引き続き伝説の生き物の事を喋り続けるNoonanを置いてその場を離れた。
そう言えばJeannieだけは随分とBooneの嫁さんの事で口が廻っていたな。
オフィスに再度顔をだすとJeannieの姿は無かった。丁度いい、何か証拠は無いか探させて貰おう。
部屋の中をぐるりと探すとカウンターの足元に隠し金庫が有った。
んじゃちょっと中身を拝見・・・ん、なんか紙切れが有るな。

Biill of Sale、売渡証とな?どれどれ。
殴り書きされた書き切れには奴隷商人がJeannieからCarlaを買い取った事が記されていた。
んー、Carla本人にこれから生まれる子供込みで500capか。
上手い商売と言うか気分が悪くなるな。これで犯人は確保と・・・
夜中になるのをまって再度Jeannieの元へ顔をだす。
ホテルの部屋の事で相談があると適当な事を言ってDino Biteの前に連れ出す。

「それで、一体・・・
口を開きかけたJeannieが吹っ飛んだ。
同時に銃声が一発。Dino Biteを見上げればBooneの姿が見える。

ちょ、仕事が正確すぎると言うか、巻き添え食らったらどうする積りだ!?
Dino Biteに掛け戻ってBooneに怒鳴り込む。おいおいおい、危ないだろうが!
銃を構えたまま固まっていたBooneが振り返った。危ないってば。
「・・・どうしてあいつが、Jeannieが犯人だと?」

撃ってから聞くのかよ!?
あー、あいつの部屋で売渡証を見つけたんだよ、ホレ。
Booneは書き切れの文字を見つめて吐き捨てた。
「あいつならそう言う書類を取っておくだろうよ。
さぁ、これを受け取ってくれ。これで全部だ。」
手持ちの全部のCapを渡されてもちょっと困るんだが・・・
おい、あんたこれからどうするんだ?
「どうもしない。この町にはこれ以上はいられないのは確かだ。
そうだな、Legionの連中を殺して廻るか。」
なんかやけっぱちだな。あーそうだよ、どうせなら一緒に行かないか?
「一緒に?止めておけ、碌な事にならないぞ?」

いやいや、どうせ行く当てなんか無いんだろ?だったら一緒に行動したほうが何かと便利だろ。
Legionと戦うにしてもどうするにしてもさ。それにスナイパーがいてくれれば何かと助かる。
「そうか、じゃぁ一緒に行くか・・・
さっさとこの場所を離れよう。銃声を聞きつけた町の連中が集まってくる。」
それもそうだな。とっとと逃げちまおう。
夜が明け始めたNovacの町から逃げ出す事になった。
旅の仲間が増えたこの先の展開は判らないけれど
Legionと戦わなきゃいけない事だけは確実になりそうだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中