The Precursors 日記03 Sunax

砂漠の山賊、Raider達から奪った武器弾薬から
一番状態の良かったLenkon Assult Rifleを一丁残し、サディの店で売り払って身軽になった。
さて、荷物を運ぶ為に宇宙港へ向かってみよう。
相手はキャプテン・・・セスなんとかさんだ。

マップを頼りに進み、荷物が大量に置いてある区画に出た。
埋もれるように立っているのがご本人だろうか?
ちわっすー、貴方がキャプテン・・・セス、セス?セストラーデンさん?
「多分な。で、何の用だ?」

む、愛想が余りよろしく無いようだ。おかしな名前で苦労しているのかも知れない。
えーとですね、キャプテン・リッジャーから
貴方の運んできた荷物を運んでくれって頼まれたんですが?
「あーその件か・・・ちょっと聞いてくれ。
実はSunaxからの荷の中にリッジャー宛ての荷物が入ってなかったんだ。
そもそもここ数日、SUnaxからの荷物が全く届いていない。
宇宙嵐でも無いのにこっちも困ってた所なんだ。」
そうなんですか、んじゃキャプテン・リッジャーには
何も有りませんでしたって伝えときますね。
「くそったれめ!頼む聞いてくれ。荷物が届いて無いなんて判ったらあの野郎は怒り狂うだろう。
俺はこの場を離れられない。Sunaxで荷物を預かって来てくれないか?」

んー、Sunaxは一度行ってみたいなとは思ってたから別に良いですけど
ほら、色々と有りますよね?
「オーケー。君は優秀なパイロットのようだな!
シャトルで向かえばSunaxは直ぐだ。よろしく頼む。
この武器を報酬代わりに君に渡そう。
Sunaxは静かな星だが・・・荷物が届いていないのは事実だ。注意してくれ。」
キャプテン・なんとかさんからSunax行きの仕事を受ける事になった。
報酬はオートマチック・ショットガンだ。
確か、Sadhiの所で400クレジット位だったか?
弾薬付だから悪い仕事じゃ無いかも知れない。さくっと行ってさくっと帰ってこよう。

シャトルであっという間にSunaxに付いた。さーて、リッジャー宛ての荷物は何処だろう?
着陸地点の周りには何人か人がいたので話を聞いてみる事にする。
ちわっす。ちょっと良いですか?ここはSunaxで間違い無いですよね?
「あぁ、勿論だ。ここは温暖で、セキュリティの連中さえ要らない平和な場所だ。
いや、だったと言うべきか・・・」

ん、何か有ったんですか?
「観光客が持ち込んだ犬、Tagoって言うんだがそいつらが増えまくって人を襲うようになったんだ。
香辛料のプラントも襲われて収穫も出来ない有様でね。
この辺はまだ安全だがプラントの辺りは近寄れない状態なんだよ。」
あらら、そりゃ大変すね。
あの、自分はGoldinのキャプテン・リッジャー宛ての荷物を引き取りに来たんですが・・・
「リッジャー、リッジャー・・・ふむ、多分キャンプに有るかも知れんが
Tagoのせいで取りに行く事が出来ない。
ここは安全な場所だってんで、俺達は護衛も無しにプラントで働いてたんだが
犬共のお陰で仕事にならん。護衛を要請したらそいつらはプラントを守るばっかりで
俺達の事はほったらかしだ。」
自力で取りに行けと言う事ですか。
それじゃ、そのキャンプの場所っては何処なんですかね?
それと香辛料のプラントっては近いんですかね?
「キャンプの場所を君の地図に入力して置こう。プラントはそこの道を進めばすぐだ。
気を付けてくれ、Tagoはプラントの傍で群れているんだ。」
犬なら適当に片付けますよ。荷物を持ってさっさと帰ってきますわ。
「そうか、頼もしい事だ。ではあの犬ころ共に誰がご主人様なのか
きっちり判らせてやってくれ!」

キャンプの場所を教えて貰ってその場を離れた。
地図によればそう遠くないように見える。
犬がいるって話だが、ショットガンもアサルトライフルも有るし何とでもなるだろう。

一応、用心しつつ道を進むと柵に囲まれた畑が見えて来た。
これが香辛料のプラントか?
となるとキャンプももう直ぐの筈だが・・・

道の脇の茂みからうなり声と共に何かが飛び出して来た。
同時に足に痛みを感じる。とっさにショットガンで襲い掛かって来た物を吹き飛ばす。
仰向けに転がった物は犬ような、似ても似つかないような・・・これがTagoか?
同時に茂みをガサガサと動き回る音が幾つも聞こえてきた。
噛まれた足が猛烈に痛む。これは、ちょっと洒落にならんぞ?

次々と襲い掛かってくるTagoをショットガンで吹き飛ばす。
見晴らしが良いならココまで近寄らせるような事も無いかも知れないが
こんな茂みばっかりの所じゃ姿を見せるまでどうにも出来ない。
2発も撃ちこめば倒す事は出来るが倒すまでに噛まれてしまう。
こいつら絶対に犬ころとか可愛いもんじゃ無い!

プラントの茂みに潜んでいたTagoを片付けるのにショットガンの弾薬はほぼ使い切ってしまった。
これはちょっと先が思いやられる。回復剤も持って来てはいるけど
この調子だと持つだろうか?なんだかキャンプが物凄く遠くに思えてきた。









・オートマチック・ショットガン

近接戦闘向けの強力な武器、8連装式。
射程は80mとAP-M23 エネルギー・ピストルよりも短い。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中