The Elder Scrolls V: SkyrimはGames for Windows Liveを採用?


予約得点が”premium quality”な布製マップで有る事が
発表されたThe Elder Scrolls V: Skyrim。
気になるDRMですが、PC Gamerの記事で
Games for Windows Liveのロゴの存在が指摘されています。
Games for Windows Live(以下GfWL)はMicrosftの提唱する
PCゲームのゲームプラットフォーム化戦略。
Xboxとのクロスプラットフォーム、IDの共有、マルチプレイ、
フレンド管理やチャット等、ランチャーとして、
そしてゲームの認証システムとして機能します。
そこで出てくるのが昨今増えつつあるSteamworks対応タイトル。
2010年時点ではコピーガード兼、認証システムであるとされたSteamWorks。
対応タイトルはSteamで認証しさえすれば自動アップデート等の恩恵に預かる事が可能です。
現状、欧米ではともかく国内ではGfWLは空気以下の存在で有り、
世界的にもSteamの存在に全く対抗出来ていません。
Microsoftの自社製タイトルで有るFable ⅢがSteamでも販売されている事を
思えば力関係は伺えるでしょう。
さて、では今現在のSteamworksがどうであるか?と言えば
国内では凶悪な認証システムの面を見せています。
Call of Duty Modern Warfare2、Fallout: New vegas、CivilizationV、
Mafia Ⅱ、Duke Nukem Forever等々・・・
Steamでの認証を必要とするゲームが国内では解禁されず、
直前になっての発売日の変更、延期、発売自体が無かった事にされる。
国籍弾きが横行し、Steamと言う縛りの為にユーザー側の与り知らぬ事情で
心待ちにした筈のゲームを遊ぶ事が出来ないと言う笑えない惨状になっています。
予約をしたのに何時一方的に無かった事にされるか判らないSteamworksか、
有名無実化したGfWLを選ぶかとユーザー側にはどちらも遠慮したい状態です。
GfWLならば少なくともSteamのように発売日目前で
無かった事にされる事は無い訳で、
こんな消極的な理由で喜ばなければならないのは
何かの罰ゲームなのか?と頭を抱えたくなります。
PCゲームを発売日に遊びたいと思うのは
何時から高望みになったのでしょうか?
Shack News
The Elder Scrolls V: Skyrim pre-orders to get bonus map, will Skyrim use Games for Windows Live?
・関連
Fallout: New Vegas Using Steamworks

The Elder Scrolls V: SkyrimはGames for Windows Liveを採用?」への2件のフィードバック

  1. こんばんは。最近のBethesdaはSteamworks対応ばっかりなんでGame for Windows対応なのかも?

    返信
  2. starjes205

    ○さん、こんばんは。PC Gamerでも名言はしていなかったんで怪しい所ですがSteamwork対応はもう勘弁して欲しい所です。

    返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中