Mount&Blade日記61 ラグナール王との戦い


ノルド王国から捥ぎ取ったアルブルク城の2度目の防衛に成功した。
最初の目的は達成出来たがこのままノルド王国を切り取るにはまだまだ手駒が足りない。
戦好きの王様のお陰で毎日のようにあの城を取った、
この城を取られたと言う急使が舞い込んでくるが
もう国境付近は何がどうなっているのか判らない状態だ。

前回の野戦では新兵ばかりで痛い目に遭ったので、
今度は動けるようになった城の守備兵を半分引き連れ兵の補充へ向かう。
ノルドの都市、ウェルチェグ周辺の村々は普段から気に掛けているので
急場の補充で助かるレベルになっている。

ジャエイクの村へ立ち寄るとまた盗賊の襲撃を受けていた。
もう、指示を出さなくても野郎共が雄叫びを上げて村に雪崩れ込んでいく。


30名程いた盗賊を片付けると歓声が上がった。

「この村はウェルチェグの領主、ディリグン卿の領地ですが・・・
もはや村人は貴方を崇拝していると言って良いでしょう。」
あーそりゃ、この先暫くは徴兵でお世話にならなきゃいけない村だしな。
友好を深めておいて損は無いだろう。
「ウェルチェグを落とせば、近隣の村々全てを掌握出来ます。
その時が楽しみですな。貴方は税の徴収にはさほど興味が無い。」
手持ちに余裕が有るから忘れてるだけさ。
一度でも負ければあっという間に部隊も城も維持出来なくなる。
そうなったら他の領主同様、徴収させて貰うよ。
「では、貴方が勝ち続ければ良いと言う事ですな。
私も戦う甲斐が有るという物です。武具の一揃いを買う金額で
貧しい村の税等は吹き飛びます。」
そりゃなんだ?新品の鎧を買ってくれって言う遠まわしの嫌味か?
お前、スワディアの騎馬装備じゃ不満か?
どんだけ武器振り回すのが好きなんだよ。
フィレンティスは笑って村の中央、村人達の歓迎の輪の中へ消えて行った。
前回の募兵の時も結構な人数を揃えたと思ったが
今回も村からの志願者は二桁になった。

聞けば近隣の村から噂を聞きつけた者がこの村へ流れ込んで来ているらしい。
良い事かどうかなんて判らないけれど人が集まる事は助かる。

引き続き、兵を募集すべく国境へ足を向ける。
なんとかアルブルク城に400名程詰め込んでおかないと次の城取りに掛かれない。
ドゥラムグ城へ差し掛かった所でノルド部隊を見つけた。
大方、取って取られてを繰り返しているユルマ城へまたちょっかいを掛けに来たのだろう。
何処にそんな兵力が残っていたのか知らないが丁度いい。
うし、行きがけの駄賃に片付けていくか!

「人数はおよそ180ですが・・・ありゃ止めておいた方が良くないですかね?
あの旗はラグナール王の旗ですぜ?」
目ざといボルチャがニヤニヤ笑いながら偵察を終えて報告に来る。
お前言ってる事と表情が合ってねーぞ?
「こっちは寄せ集めの120名。相手が王様じゃなきゃ良いんでしょうがね。」
だから説得力が無いって。
レザリット!奇襲出来そうか?

「ラグナール王の軍もコチラに気付き戦闘態勢を整えています。
奇襲は不可能、退却をお願いしたい所ですがその様子では無理なようですな。
しかし絶好の機会で有るのも事実。」
あぁ、王様を叩いておけば城の心配をしないで済むしな。
ココは是非とも叩いておきたい。手は有るか?
「新兵を抱えての戦闘は褒められる事では有りませんが幸い我々は川を背後にしております。
逃げ場が無ければ新兵も死に物狂いで戦うでしょう。」
よし、野郎共!迎え撃つぞ!
両軍はヴェジン村で激突する事となった。

「前回は不覚を取ったが今度はそうは行かぬぞ!覚悟しろ。」
降伏か、さもなくば死を選べ!」

会話にもならない一方的なラグナール王の口上と共に戦闘は始まった。
数では不利、前線の盾となる歩兵は完全に負けているが野戦では敵無しの
ベージャー狙撃兵は矢の雨をノルド軍に浴びせる。


ギリギリまで矢雨を降らせて突撃を指示する。
やっぱ待つのは性に合わんわ!

ラグナール王の軍を打ち破った。
王には逃げられてしまったがこれで今度こそ暫くは城は安泰だろう。
さて、兵の募集を続けなければ。

広告

Mount&Blade日記61 ラグナール王との戦い」への2件のフィードバック

  1. ライカ

    初めまして。最近WBを始めた者なのですが、凄く楽しく拝見させてもらって居ります。他のGameと違い人それぞれ物語があるのでこう言う日記は読んでいて楽しいです!

    返信
  2. starjes205

    ライカさん、こんばんは。ゲームが元になる背景しかないのでプレイヤーの数だけ設定だったり物語を作らなければ楽しめないと言う面が有ると思うんですが、その辺が苦にならない人にはまさに好きなように遊べる素敵なゲームだと思いますね。日記ともリプレイとも付かない感じでフラフラしていますが、苦にならない程度にのんびり進めたいと思います。

    返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中