Fallout: New Vegas 日記15 Cold, Clod heart

Niptonの町に辿り着くと火の手が上がっていた。
生き残りの男の話では町はLegionの襲撃を受けたらしい。
Town Hallの前で遭遇したLegionのリーダーは
町の惨状の全てをNCRに伝えろと言い残し、去っていった。

Town Hallの中で町の生き残りがいないか探して回る。
2階で動いているのはLegionが放った犬しかいない。
こりゃほんとに生き残りなんかいなそうだな。

3階に上がっても人の気配は無い。
ふっと扉の横の文字が目に付いた。Mayor(市長)?
部屋の中は他と余り変わらない荒れ様だったが生きている端末が有った。


端末を覗いてみると市長の日記が出てきた。
・・・どうやらNCR、Powder Gang、Legionの3勢力の間で
上手い事立ち回ろうとして失敗したようだ。
随分と儲かってたみたみたいだが、焼かれてしまっては使い道も無いだろう。

暫く家捜し、もとい生存者を捜してみたが
結局何も見つけることが出来なかった。
見つけたと言えば町の外れのホテルと書かれた建物で
町の住民と同じように事切れているNCRの兵士を見つけたぐらいだ。

さて、めぼしい物は頂いたし、いや生存者もいないし報告に戻るか。
Mojave Outpostに戻って来た。Ranger Ghostに報告を済ませてしまおう。
「Niptonの様子は判ったか?Town Hallはどうなっていた?
まだ煙が収まってるように見えないんだ。」

えぇ、それなんですが実はカクカクシカジカで町はLegionの
襲撃を受けて壊滅してました。
「Legionがやって来たのか?何てことだ。国境の向こう側でも無いと言うのに早すぎる。
Niotpnは禄でもない町だったがしかし・・・
いや、先ずは礼を言うべきだな。確かめてきてくれて有難う。
私は私の成すべき事をしよう。もうここはまさに前線になったのだから。」
あの、町に知り合いでもいたとか?
「あの町にか?やめてくれ。あの町は焼かれて当然の酷い町だったが
だからと言ってLegionが焼いていい訳じゃない。
これからこの辺りも地獄のようになる。監視の手を休める訳にはいかんようだな。」

Ranger Ghostへの報告は済んだ。
後はNCRに事の成り行きを伝えるだけだが、
そう言えば司令官ってのに会ってないんだよな。一体何処にいるんだ?
「Ranger Ghostとの話が聞こえてきたんだが、Niptonを見て来てくれたのか?」

あぁ、見張りのおっさんじゃないか。
うん、そうなんだ。Niptonの町は誰も残ってなかった。
「なんと言うことだ・・・いよいよここが戦場になるのか。
様子を探って来てくれて助かったよ。戦いの準備を進めないといけないようだな。」

・・・?あんた何言って、ってもしかしてあんたが司令官?
Sgt.Kilbornって事はあんた軍曹か!?
「あぁ、誰も言わなきゃ気付かないがな。」
そりゃ、まさか前線基地の司令官が基地の入り口でウロウロしてるなんて思わないよ。
Ranger Ghostと同じような内容を話して報告は終わった。
さて、用は済んだしNiptonが駄目だったって事は次の目標はNovacか。
Legionの事も少し気になるがわざわざ自分で騒動に巻き込まれに行く事も無いだろう。
・・・面倒だし。

Novacは地図を見れば大分北東だ。
Niptonを経由すれば道は有る様だがまっすぐ突っ切った方が早そうな気もする。
途中のIvanpah湖にはアリ位しかいなさそうだし突っ切ってみるか。
Outpostを出てNovacを目指す。
地図と睨めっこしつつ通り抜けられそうな場所を探していると
Jackal Gangの襲撃を受けた。
こんな人のいなさそうな所で何してるんだ?
あ、違うか。人がいないからこいつらがいるのか。

Gangを片付けると岩山の間に探鉱の入り口のような物が有るのが目に付いた。
おー・・・これは、潜らざるを得ない。

洞窟の中に入ると真っ先に殺されたらしいProspector(炭鉱者)が目に付いた。
どうやらGangの襲撃を受けた後の様だ。奥には小屋のような物も見える。



小屋の中のGangも倒してみたが生き残りはいなかった。
金目の物を漁り終えてからふっと気付く。
寝床も有るし、Reloding benchも有るし、Juke Boxも有るし中々いい場所なんじゃ?
一応、覚えておくか。

Gangの住処を抜け、岩山を抜けると頂上に付いた。
Mojave Wastelandが一望出来る。
遠くに見えるあの建物ぽいのは何だろ?

結局大して近道が出来ない内にハイウェイに出た。
普通にNiptonを抜けて来ても変わらなかったかもしれない。

ハイウェイの横に農家を見つけた。
何か食い物でも分けて貰えるかも?と思ったがここにも人の気配は無い。
少し気になるがベッドも有るし一休みさせて貰おう。明日はNovacに着けると良いが。
一晩休んで改めてNovacを目指す事にした。
ハイウェイを北上しようとすると移動中のキャラバンと出会った。
あー、そう言えばOutpostで足止めされてるキャラバンは見たけど
ちゃんと移動してる連中は初めて見たような気がする。

向かう方向が同じようなので後を付いていく事にした。
途中でGangに襲われたが流石にキャラバンも護衛付きで4人もいれば
Gangを撃退できるようだ。

暫く進むとNCRの看板を掲げた建物が目に付いた。
確かForlorn Hopeはまだ先の筈だしここは何の基地だろう?

キャラバンと分かれてNCRの基地を尋ねてみる事にした。
痛みの激しい建物の中にはJacksonやghostと同じ格好のRangerが一人。
ちわっす。ここは一体?
「ここはRanger Station Charlie。俺達はハイウェイの治安を守る為にここにいる。
今更だが民間人が勝手に入ってきて良い所じゃないぞ?」

はぁ、すんません。
あのOutpostから来たんですけどこの辺りはどんな感じで?
「特に何も無いな。パトロールでぐるぐる回ってる程度だ。」
面白そうな話は無しか。いや、何が面白いのかは判らんけど。
RangerとNCRの違いって何なんでしょ?
「Rangerは簡単に言えばNCRの特殊部隊員だ。
Mojave Wasteland全体でも数十人しかいない。
NCRで厳しい訓練を耐え切った者のみがRangerになる事が出来る。
ちなみに志願者は多いが8割は脱落するぞ?」

ふむ、やりあった事が無いから実感は沸かないけど手を出さない方が無難そうだな。
スーツの男の情報も聞けなかったのでOfficer Stepinacに礼を言ってNovacを目指す事にした。

Pip-Boyを覗けば町はもう直ぐの筈。
暫し歩いて廃墟のような建物が沢山見えてきた。
うーん?ここを越えたらNovacなのかな?再度Pip-Boyを覗く。
どうやらここがNOvacのようだ。GoddSpringsの方がよっぽど良い所に見えるのは気のせいか?

町の入り口に辿り着くと、大きなオブジェが視界に入ってくる。
どう見ても恐竜の類にしか見えない。町に来た目的は一応置いておいて
オブジェを確かめる事にした。
間近まで近寄ると巨大な恐竜の張りぼてだった。
んんん?一体何でこんな物が?
ふっと恐竜の足元を見ると半分壊れた電光看板が目に付いた。
“No vacancy”(満室)の文字が幾つか取れてNo Vacとなっている。
・・・もしかしてこれがこの町の名前の由来なのか?適当だな。


力が抜けそうだが目の前の恐竜が消える訳ではない。
回り込んで見ると外からは見えなかった位置に階段を見つけた。
ここから恐竜の中に入る事が出来そうだ。
これは灰入らずにはいられない。
「Dino Bite Gift Shopにようこそ!俺はCliff。
もしあんたがT-Rexのフィギュアが欲しいなら丁度いい。まだ少し残ってるぞ!?」

確かに店の中には恐竜の人形がゴロゴロ転がっている。
これで少しと言うなら全体の数はどの位だろう?
一体幾らで売ってるのか?とか幾つ売ってるかとか
疑問がどんどん沸いてくるが脇に置いておく。
あの、恐竜以外には売ってないんで?
「勿論目玉商品はT-Rexのフィギュアだが、
他にもREPCONN Factoryのロケットとかも売ってるぞ?」
いや、そうじゃなくて食い物とか銃とか弾薬とか・・・
「銃だと?あーあぁ、少しは有る。なんで誰もT-Rexを買わないんだ?」
なんだよちゃんと武器弾薬有るじゃないか。
Niptonで色々と金に換えたので多少懐は暖かい。
買えるだけの弾薬を買い込んだ。
さて、本題だ。縞模様のスーツの男を捜してるんだ。
Great Khansって連中と一緒にこの町に来た筈なんだけど見てないか?
「あぁ、見たよ。と言うかこの店に来た。
T-Rexを買っていかなかったから金はあんまり持ってなかったのかもな。」
いきなりビンゴかよ。それでその連中は何処に向かった?
「いや、そこまでは見ていない。Mannyの知り合いがいたみたいだから
あいつなら知っているかもしれないな。」
そのMannyってのは?
「昼間は恐竜の口にいるよ。」

指差さされた方を見ると階段が見える。あそこが恐竜の口に通じてる?
階段を上って扉を開けると本当に恐竜の口の中に出た。
外の景色が一望できる。口の中には先客がいた。

あの、こんちわっす。すいませんちょっと聞きたい事が有るんですが
あんたがManny?
「俺がMAnnyだ。町の警備をやってるが一体何の用だ?」
縞模様のスーツの男を追ってるんだ。
下であんたなら話が聞けるって聞いたんだよ。
「あぁ、知ってるぜ。で、何が知りたいんだ?」

おー、やっと話を聞ける人物に辿り着けたようだ。

Fallout: New Vegas 日記15 Cold, Clod heart」への2件のフィードバック

  1. ブリキの

     Novacってこういう由来があったんですね。全然気付かなんだ。NiptonのMayerの文字とかもさっぱり気付きませんでした。 こうやってプレイ日記見てみると、自分のプレイのいいかげんさを気付かされますねー。

    返信
  2. starjes205

    ブリキのさん、こんばんは。最初に気付いた時には余りの適当さに笑っちゃいました。住むにはあんまり楽しく無い町なのかも?

    返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中