STALKER SFPS日記14 Dark Vallyから脱出せよ

X18最深部へ到達し、アノーマリーなのかミュータントなのか
良く判らない炎の塊を倒した。資料を手に入れる為、
コントロールルームへ入ろうとした途端、視界が暗転した。

夕日を浴び、半ば崩壊した建物の傍に一人の男が立っていた。見覚えは無い。
足元が揺れたと思うと地平線から大量のネズミが現われた。
男はおもむろにネズミを撃ち始める。一体何がどうなってる?
「Strelok!」

誰かの声に男がゆっくりと振り返った。
コイツがStrelokなのか?しかし逆光で顔が見えない。

気が付くとコントロールルームの床に倒れていた。
何だったんだ?あれは・・・
Strelokと呼ばれた男、夕日に照らされた建物。
あれは、何だったんだろう?全く覚えていないようで
嫌と言う程みたような気もする。いかん、何も思い出せない。
倒れた拍子に打ち付けたのかこめかみが痛む。
くそ、こんな辛気臭い所に長時間いたら本当に頭がおかしくなっちまう。
コントロールルームを一通り漁って見たが埃を被った紙束以外は見つからなかった。
読んで理解出来る所は殆ど無かったが何か役に立つ情報が有るかも知れない。
一通り目を通してみたがX16と言う施設が有ると言う事しか判らなかった。
こんな迷惑な施設が他にも有るのか。

取り合えず資料を懐にしまう。これを持ち帰れば新たな情報を
Barkeepから引き出せるだろう。コントロールルームを出ようとすると無線が飛込んできた。
「1階とメインホールを捜索しろ。残りは2階へ向かえ!」
どういう具合なのか判らないが軍がやってきたようだ。
無線を聞いている限りでは地上部分は制圧されてようとしている。
これは鉢合わせする前に逃げ出さねば。
「なんとしても資料を見つけるんだ!」

・・・目的は一緒かよ。これはさらに都合が悪い。
地下1階へ登るとすでに制圧されているようだった。
銃を構えた兵士がゆっくりとコチラへ向かってくる。
これはとても見逃して貰えそうな雰囲気じゃない。

3人の兵士を順に片づけた。幸い、地上で生き残りとBandit達と戦闘が
始まっているようだ。続いて降りてくる者の姿も無い。
逃げ出すなら今の内だろう。
「Banditの基地が軍に攻撃されたようだな。Garbageの入り口も閉鎖されている。
だがX18を出て南に向かえばCampへ出る古い道が有る。用心しろよ、Marked One。」

軍の無線に混じっていきなりSidorovichの声が聞こえてきた。
思わず飛び上がる。Aprogramの時といい、この爺さんは一体何処で
こっちを見張ってるんだ?心臓に悪すぎる。
文句の一つも言いたい所だが、何も知らずに脱出してたら
Gabageの手前で軍とやりあうハメになっただろう。
文句は直接会ってからでいいか。

地上へ出ると銃声は止んでいた。Bandit達は排除されてしまっていた。
2階でアチコチひっくり返されている音がする。
どうやら目的は一緒でも探す場所を向こうは特定出来ていないようだ。
中庭へ出るとBanditにやられたらしい兵士が倒れている。

懐を漁って行きたい所だが今はムリだ。
全員建物の中に突入したのか門にも兵士はいない。
どうなる事かと思ったがなんとか脱出出来たようだ。

橋の所まで走ってから後ろを振り返ってみたが追い掛けて来る兵士の姿は無い。
ふぅ、沼地のど真ん中で腐ったドロの匂いしかし無いが、
生き返った気分だ。後はSidorovichの言っていた南の道を辿って
キャンプへ向かえばいい。
橋を渡ろうとすると人影が見えた。慌てて身を隠す。
スコープで覗いてみると軍の兵士が二人、出口を塞いでいる。
運の良い事事にコチラには気付いていない様だ。

X18ではバタバタしていて録に金目の物も漁れなかったが
二人の兵士の懐を漁ったお陰で弾薬の補充も出来た。
キャンプへ持って行けばこのAN-94も売れるだろう。

気が抜けたのか体のあちこちが痛み出した。地下じゃゾンビに
襲われた挙句に火あぶりに遭ったのだから当然か。
改めて自分の体のアチコチを確かめてみるがアーマーが痛んでいる以外は大丈夫なようだ。
新たな情報を得るにも体を休めるにも先ずはキャンプへ辿り着かねば。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中