Mount&Blade日記56 王様とアスガン城

ノルド軍に占領されたユルマ城を開放したヤレグロク王とその一行は追撃戦に移った。
100名程のノルド軍を追い、川を越える。

クラウとクダンの中間辺りの平原で追い付かれたノルド軍は
振り切れないと悟ったのか反転し、両軍の激突が始まった。
数は200対100。普通なら見てるだけでも楽勝だ。
「勝てる戦です。真っ先に突撃するべきかと。」
えー、見てても勝てるのにわざわざ被害被るのも馬鹿だろう?
ただでさえ、何処へ連れて行かれるのかさっぱりだってのに。
言われたまま突撃するのも微妙にしゃくに障る。
何か見学だけで済ませる方法はないか?
「細けぇ事は良いから突撃したいんですがね!?
農民共の訓練ばっかりで飽きてた所なんですよ。
ユルマ城はあっさり落ちちまうし。」
ふむ、それもそうか。そう言えば野郎共も心なしか突撃したがってるように
見えないことも無い。よし、んじゃ突撃。命令は無しだ。
各人好きに戦え、ただし深追いはするな。
余程、村人の訓練に飽きていたのかアチコチから歓声が上がる。
あーやだやだ、これだから脳筋共は・・・



戦いは特に何事も無く、ベージャーの勝利に終わった。
別の王国がちょっかいを掛けて来るまでは
ユルマ城はベージャーの物のままだろう。
さて、これで王様が満足してくると良いんだが。
解散の号令の無いまま進軍は再開された。
ふぅ、またこれ長丁場かもしれんぞ?
何処に行くのか大体予想が付いてしまうのも悲しい。

やっぱりと言うかまたか!と言うべきか一行はカーギットとの国境へ向かう。
その先に有るのは例の城しかない。
スンゲッチェ城を越えた所でばったりカーギット軍と鉢合わせした。
そのまま戦闘に突入する。

急峻な山でアチコチ走り回る気にも成らないので戦闘を眺める。
あー、やっと何もしなくても勝ちを拾える程度には
自軍もでかくなったんだなぁ・・・

下から勝ち鬨の声が上がった。戦闘が終わったようだ。
それでは、と言って控えていたジェレムスとユミラが救護班を率いて降りていく。
ユミラはすっかりジェレムスの助手の立場になってしまった。
以前ほど戦場でオロオロする姿は拝めないが相変わらず表情は硬い。
まぁ、怪我人の手当てが愉快な仕事じゃないのは確かか。

その日はスンゲッチェ城を補包囲してのキャンプとなった。
この城を攻めるかどうかは王様の気分次第だろうが
包囲される方は気が気では無いだろう。
「戦いを終わらせる為の戦いとは言え、隣にいた者の姿が
今はもう見えないと言うのはやはり納得できない物がありますな。」
普段は口も開かないフィレンティスが珍しく話し掛けて来た。
あぁ、そうだな。最初の頃って言うかまだ商人やってた頃は
野郎共の一人まで名前も、何処の村の出身かも覚えてたもんだな。
今じゃぁ募兵も口の上手いボルチャに任せっきりだ。
顔も名前も知らん奴がごろごろいる。
「大陸から戦乱を無くす為の戦いだと貴方は言われました。
疑う積りは毛程も有りませんが・・・時々自分が何をやっているのか判らなくなります。」
珍しく口を開いたと思ったらどうやら酔っている様だ。どうした?もう贖罪の旅に疲れたか?
フィレンティスは酒ビンを抱えて寝てしまっていた。なんだよもう、話振るだけ振って寝ちまうとか。
確かに所帯は大きくなったとは言え、人の出入りは激しい。出入りと言うか補充だ。
以前のカーギットとの戦闘で何人か騎兵を助け出し
仲間にしていた筈だが今は一人も残っていない。
大きな盾をガチャガチャ言わせていたロドックの弓兵達も、
もう一人もいない。くそ、酒が不味くなる。
篝火の方を見ればアライェンとバエシュトゥールが飲み比べをやっていた。
いいよなーあいつ等は。なんか悩み事無さそうだし。
そう思えば天幕の方ではレザリットとアルティメネールが難しい顔で
何かの図面を挟んで話し込んでいる。
・・・ふぅ、難しく考えるだけ無駄か。止め止め。

翌日、ヤレグロク王の一行は何事も無かったかのように進軍を再開、
アスガン城の包囲に入った。やっぱりココか。包囲の後に攻撃が開始された。



何度目か覚えていないがアスガン城を陥落させた。
そろそろ、お供も勘弁して欲しいのだが、進軍は止まる気配が無い。

アスガン城を陥落させたヤレグロク王の一行はカーギット領の縦断を開始した。
何時戦闘が始まるか気が気では無かったが、
特に何事も無く、カーギット領を抜けてしまった。なんだそりゃ・・・

雲行きも行き先も怪しくなって頃に一行はロドック領に侵入した。
この先は確かジェルカラの筈だ。
一体何処を攻めるのか・・・王様の行き当たりばったり具合には
大分慣れ来た筈だが、これは流石に勘弁して欲しい。
一行はロドックとスワディアの国境の城、レインディ城に辿り着くと
包囲陣を敷き始めた。
えー・・・こんな城を落としてどうしようって言うんだよ?

首を捻っている所に伝令がやって来た。
王様の気まぐれかアスガン城をくれるらしい。
「いい加減、城の一つ位貰っても良いんじゃないですかね?
そろそろ落ち着く場所が有っても良いと思うんでさ。
まぁ、場所が場所なんで落ち着く暇も無いかも知れんですが。」
本気か冗談か判らない顔でボルチャがそそのかしに来る。
ふん、自力で落としていない城なんぞ貰っても嬉しくないぞ。
どうせなら自分で攻めると決めた城を貰わなきゃな。
伝令を追い返して、その場はやり過ごした。
「余り、ヤレグロク王の好意を無下にするのもいかがな物かと。
ボルチャ殿の言われる通り、城の一つも頂いておかしくない頃合です。
頑なに固辞されるのは何か理由が有るのですか?」
いやだから、ご褒美っつったって欲しくもない城を貰ってどうするよ?
ボルチャにも言ったがコッチにはココ!って決めてる場所が有るんだ。

また伝令がやって来た。なになに?今度は村をやる?
要らんってば。王様に城は自力で落とすからお構いなくって伝えといてくれ。
伝令を追い返した。何処だったか場所も覚えてないような
村をやるって言われても困るんだってば。
そうこうしている内にレインディ城の攻略が始まり、
あっさり城は落ちた。元々守備兵が少なかったし、殆ど出番も無しだ。


こんな飛び地の城を取って一体何がしたいのか理解に苦しむが、
王様が満足なら問題無いか・・・良い迷惑だけど。

レインディ城を落とした事で王様が満足したのか進軍はそこで解散となった。
誰の城になるのか知らないが、こんな城を押し付けられる奴も良い迷惑だろう。
さて、さっさと帰ろう。

Mount&Blade日記56 王様とアスガン城」への2件のフィードバック

  1. a

    コンパニオンは死んでも復活するからいいんだけど他の兵は使い捨てだもんね死んだらそれで終わり

    返信
  2. starjes205

    aさん、こんばんは。最初の内こそ兵士の死亡が気になるんですがだんだん、そう言うもんだと思うようになりますね。時々思い出して凹みます。

    返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中