Mount&Blade日記52 ジェイルベ城の戦い

ナルデラ卿と共にイスミララ城を陥落させた。
友軍の有り難さと言うのは単純に数の話だけは無いと言う事なんだろう。
これで何人か懇意の貴族を作る事が出来れば自分の国を興す事も不可能では無い。
面倒だからやらないけど。
今まではレザリットに言われるままに安い所か足が出るような
貴族のご機嫌伺いをしていた訳だけれど
他の部隊の兵士も自軍として采配を振るえると言うのなら安い物だ。
よっしゃ、どんどん貴族のお友達を作らねば!

誰か適当に捕まえてお友達になっておこうとウロウロしていたら団体を見つけた。
どうやら目の前の城を包囲しているようだ。
ジェイルベ城と言えば元はベージャーの物だったっか?
いかん、イマイチ記憶が無い。
よっしゃ適当に参加させて貰おう。

キャンプを貼ろうとしたらジェイルベ城からロドックの部隊が姿を現した。
かなりの人数だこれは大きな戦いになるか?と身構えたら一団は一目散に逃げ出した。
城を放棄したみたいだがなんでこんな大軍の中を突っ切ろうとするのか・・・
隣の村まで逃げる間も無くロドック軍は包囲されて戦闘が始まった。
マジ何をしに出て来たんだろう?
よし、数はこっちの方が多そうだしちょっと便乗させて貰いましょうかね。



流石に大人数の戦闘は迫力が違うが、数では勝っているので
勝ちは決まっている。
戦闘が終了して城の包囲が再開されるかと思ったが
そこで城攻めは解散となった。うーむ、他を当るか。
敵軍を探している時はなかなか見つけられないのと一緒で友軍も探してみると
これが見つからない。一体皆何処に行ってしまったのだろう?
友軍と全く遭遇しないままカーギットとの国境近くまで戻ってみると
ナルデラ卿と一緒に攻め落とした筈のイスミラ城がまた陥落していた。
今度はロドックの城になっているようだ。

そう言えば落とした時に褒美で貰えるかも?って話を蹴ったんだよなぁ。
貰っても維持出来ないし元の持ち主に睨まれても困るし。
どうせ手に入れるならクダンみたいな大きな街が良い。
攻めるのは一苦労だけど手に入れたら左団扇だ。
イスミララ城の守備兵を確認してみようと城に近づくと
友軍が戦っているのを見つけた。チャーンス!加勢するぜ!


戦闘が終わってみるとイスミララ城は何時の間にかカーギット軍に包囲されていた。
あれ、カーギットとロドックは戦争してたっけ?
巻き込まれては適わないので早々に退散する事にした。

さて、友達、友達と・・・一体何処に行った?
友軍を探すより敵を探す方が早そうな気がして来た所に伝令が届いた。
王様の呼び出しらしい。

レイヴァディン集合って事は何処かに遠征するんだろうか?
通る度に持ち主が代わっているドゥラムグ城を通り抜けて
レイヴァディンに辿り着いた。
カーギットの大部隊が普通にうろついているので心臓に悪い。


「おぉ、やっと来たか。待ちかねていたぞ。
我が後を付き添い進むが良い。我らはまもなく出立する。」

また、行き先も教えて貰えないんですか。
そう言えば王様のお供が嫌なのは行き先が全く判らないからだった。
今度は何処に連れて行かれるんだろう?
暫しの待機ののちヤレログ王率いるベージャー軍は動き出した。
さーて、何処に行くのかな。

一行は先日包囲しかけて止めたジェイルベ城の包囲を始めた。
集合掛けるより現地集合の方が早いじゃないか!
なんで無意味に待機させてんだよ!
喚いても始まらない。ロドックの守備兵は100名程、
攻め手は5部隊、400名だ。これは一方的な戦いになる予感。
っしゃー!突っ込めー!さっさと終わらすぞ!



怒涛の勢いで城内に大軍が攻め入りジェイルベ城はあっさりと陥落した。
王様の部隊だけでも楽に落とせたんじゃ無いのだろうか?
しかし、問題はこの後だ。
この後、また何処に連れて行かれるのか。
ジェイルベ城を落として王様は満足したのかその場で解散となった。
しかもお供の部隊を完全に無視してレイヴァディンに戻っていく。
なんだろう、この置き去り感。

友達を作るのも大事だけど、やっぱり人の下に仕えるより
自分の国を持った方が良いのかしれんなぁと。
そんな考えが急に湧いてきた。
どっちにしろそろそろ狙うべき獲物を決めても良い頃合かもしれない。

広告

Mount&Blade日記52 ジェイルベ城の戦い」への3件のフィードバック

  1. ぺぽぷ

    初めまして。以前から拝見させてもらってます。ゲームをする上で、プレイ日記を読むのはとてもいいモチベーションになります。実は僕も多少ゲームの話を扱うサイトをやってまして、よかったら相互リンクしませんか、というお誘いに来ました。いかがでしょうか。

    返信
  2. starjes205

    ぺぽぷさん、こんばんは。M&Blは特にストーリーが無いんでプレイヤーが自由に出自だとか背景だとかを妄想出来るのが楽しいですね。コチラは行き当たりバッタリの適当日記ですがw>相互リンクこちらこそよろしくお願いします。商人ベネディクトがジャコブの餌食になりませんように。

    返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中