Two Worlds日記59 The Orc’s Camp

Relicを完成させる為、土のエレメントを求めてWindbreakの村迄やって来た。
エレメントが隠されていると言うSatrius王の墓の情報はここで得られる筈だ。
それは良いんだが誰に話を聞けば良かったんだったか?話を思い出してみる。
・・・うん、ここで情報が得られる”だろう”って話しか聞いてないな。

Windbreak村はざっと見渡した所本当に小さな村のようだ。
人影もまばらだ。これならその辺のやつに聞いて廻ってもそう手間は掛からないかもしれない。
よし、順番に話を見るか。
話を聞いてみようと村に馬を進めると警備隊の姿が目に入った。
街にしかいない筈の警備隊がこんな村で何をしてるんだ?
とりあえず話を聞いてみようと近寄ると逆に声を掛けられた。

「私の名はRan Hograd。Cathalonの警備隊の司令官だ。
お前は傭兵か?少し話をする時間は無いか?」
確かに傭兵ですけど、ええと警備隊の偉いさんがこんな所で一体何事で?
「我々は先日White Headと言う名のオークのリーダーを捕らえた。」
はぁ、それは目出度い事で。それで一体?
「捕らえたWhite Headを首都Cathalonへと連衡しようとしたのだが
他のオーク共の襲撃を喰らってしまった。
それはなんとか撃退したのだが私は負傷してしまった。」

あぁ、それでこの村で療養してるって訳ですか。
言っちゃ悪いが辺鄙な村に警備隊がいるとかおかしいなと思ってたんですよ。
で、部下の方達は?
「White Headを連衡するのが優先だったから
無事な者達に隊を任せCathalonへ向かわせたのだ。」
あのすいませんが話が見えないんですが・・・
オークのリーダーを首都に送ったのなら後は迎えが来るのを待ってるだけじゃないんですかい?
「首都に送った部隊から何の連絡も無いのだ。」
あー・・・もしかしてオークの襲撃をまた受けたとか?
「確かめる術が無いのだ。私はここから身動きが取れない。
報酬は出す。部隊が無事にCathalonに辿り着けたかどうかを確かめてくれないか?」

Satrius王の墓の情報を手に入れる為にこの村に来たんだけどなぁ。
またCathalonに戻るのも面倒だな。
「White Headとその一味は戦争と関係無しに近辺の村々を襲っている。
なんとしても捕まえなければならないのだ。
1,000ゴールド出そう。頼みを聞いてくれないか?」
判りました。1,000ゴールドならゲフンゲフン、村の住民達が
無慈悲なオークに襲われていると言うのなら手伝わない訳には行きませんな。
それで、部隊はどの道を使ってCathalonへ?

「南のルートだ。ここからQudinarを抜けCathalon迄一本道だ。
護送車は道を外れるには重すぎる、道なりに進んで見つかる筈だ。
Cathalonで部下達に会ったら報告書が届いていない事を伝えて欲しい。」
はいはい、お安い御用で。ちゃっちゃと行って戻って来ますんで
報酬の方をよろしく。
困っている警備隊長さんを見捨てる訳には行かない。
Cathalonへ行って帰ってくるだけの簡単な仕事のようだから
ひとっ走りして片付けてしまおう。
Captain Hogradと別れCathalonを目指す事にした。
護送車なら単騎のコチラはすぐに追いつけるだろう。

暫し馬を走らせるが護送車は見えない。Qudinarの街を通り過ぎた。
こりゃもうCathalonに付いているかもしれんな。
森に差し掛かると人影が見えた。ん、あれか?護送車のような物も見える。
が、動いてるのは・・・オークじゃないか!


10匹近いオーク片付ける。White headとやらを護送してた連中は
やられてしまったようだ。木が切り倒されて道を塞いでいる。
止まった所を襲われたか・・・
簡単な仕事の筈だったが嫌な報告をしなければならないようだ。

Windbreak村に戻ってきた。Captain hogradは直ぐに見つかった。
「もう戻ってきたのか。部下からの報告書は持って来てくれたのか?」
Hogradに襲われた護送車の残骸を見つけた事を報告した。
嫌だなこういう報告と言うのは。
ええとそれで申し訳無いんですけどこれで仕事はお終いですよね?
報酬の方を・・・出来れば頂きたいんですが。

「なんと言う、なんと言う事だ!それでお前はWhite Headを見つけたのか!?」
あー、オークは倒したけどそのwhite Headってのがいたかどうかは
ちょっと判らないんですが。それでその、報酬を
「あのケダモノは隠れ家に戻ったに違いない。だが私はその場所を知っている!」
あぁ、そうなんですか。んじゃまぁ自分はこの辺で
「オーク共は北の森の中に陣地を作っておる。奴らめこの村を襲う積りに違いない!」

それは困る。Satrius王の墓の情報を聞き出さないといけないし。
ええとオーク達は直ぐに攻め込んでくるんで?
「私は身動きが取れない。頼む、White Headを止めてくれ!」
あの自分はちょっと関係無いような気がするんですが
「報酬を倍出そう!護送車を襲ったオークを倒したのなら
残りは僅かな筈だ。頼む、この村を守る為にWhite Headを倒してくれ。」

倍ですか。判りました!
村の危機を見ぬ振りをする訳にも行きませんし頼まれましょう!
で、報酬はの方をよろしく。
村の危機を見捨てる訳に行かないのでオーク陣地を目指す事になった。
未曾有の困難を救っておけば情報も貰い易くなるだろうしな!

Captain Hogradと別れ北を目指す。
一晩走るといかにもな岩山が見えて来た
岩山に辿り着くのとオークが襲って来るのが同時だった。おっしゃ来い!



動く者はいなくなった。この中にWhite headってのがいたのかどうか判らないが
全滅させたし問題無しだろう。Hogradの所へ戻ろう。

広告

Two Worlds日記59 The Orc’s Camp」への6件のフィードバック

  1. ahan!?

    こんにちは。 同じナンバーの防具をフル装備したほうが得ですよ。

    返信
  2. starjes205

    ahan!?さん、こんばんは。この装備はお気に入りなんですがヘルメットが微妙に格好悪いので他の物を使っています。格好良いセットを揃えたら切り替えようと思いつつ結局最後までセット装備は使っていなかったり。

    返信
  3. ahan!?

    set number531は個人的におすすめです。 こんな面白い作品が日本語化、またはローカライズされないのはもったいないですね…

    返信
  4. starjes205

    ahan!?さん、こんばんは。今は普通に遊べるし確かに勿体無い感じがしますね。ただ、発売当初はバグだらけでまともに遊べ無くて半年程パッチリリースを繰り返したとかXBOX360版はパッチも無く放置されてるとか色々問題は有ったようです。Two WorldsⅡが問題なく世に出ればもうちょっとは注目されるかも?

    返信
  5. Ultra

    two worldsに限らないけどrisenとかgothicとかdarksangとか以下略もちょっと話題に上がっても良さそうなの一杯有りますよね日本語化されたら大喜びするのに。

    返信
  6. starjes205

    Ultraさん、こんばんは。RPGとか特に文章が膨大なんで日本語版とか有れば嬉しいですけど、売れるかどうか?と言うと微妙そうな気もします。海外でミリオン達成するようになれば余波で日本語版とか登場しないかな?と思ったり。

    返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中