TorchLight日記04 Estheriaの名残


OverSeerを倒した。しかし肝心の腐敗を防止する方法が判らない。
まさかあのガイコツを倒したら治療法が見つからなくなるとか言う
落ちじゃないよな?
さて、どうしよう。どうしたらいいんだか。

何か見つかるかも知れないという事で先を進むとポータルを見つけた。
これはBrinkを倒した所に有った物と同じだ。これで街へ帰れるんだろうか?
ポータルに踏み込もうとした所にいきなりSylが現われた。
「君がOverSeerを倒してくれたお陰で彼の書斎を調査する事が出来る。」

ちょ、驚かさないで。あのガイコツ倒せば治療法が
見つかるんじゃな無かったんですか?
「ここに彼のメモが有る。ふむ、これによると彼は山の奥深くにある
ドワーフの洋裁でEmber Forgeを探す事に触れているわ。
それが腐敗を浄化出来ると彼は考えたみたい。」
ええと、すいません。つまりどう言う事で?
「他の書類を詳しく調べてみる積りだけど
このメモに有るEmber Forgeを探さないといけないようね。
さらに地下を目指すしか無さそう。
私達には余り時間が残っていないのかもしれない。」

OverSeerを倒したら治療法が見つかるって言ってたじゃないですか。
倒せば解毒剤でも出てくるものだとばっかり思ってたのに。
そのなんたらって言う物を探しにさらに潜らなきゃいけないと?
「詳しい事はさらに調べないと判らないが、今は他に手段が無い。」
むむむ、なんだか適当な説明で言いくるめられて良いように
こき使われてるような気がしてきた。
と言ってもBrinkの二の舞は勘弁して欲しい。
仕方ない。地下に降りる事にしましょう。

OverSeerの図書館を抜けると景色が一変した。
アチコチ崩壊した遺跡に植物が生い茂っている。
床は下手に歩くと踏み抜いてしまいそうだ。
「この遺跡よ、Estheria人はこのゲートを停止した。
先へ進むにはそこに有る3つのゲートを探索してこの停止している
4つ目のゲートを開く必要が有るわ。」

Estheria人?またいきなり出てきましたね。
さっきのドワーフとかForgeとか何処に行っちゃったんすか?
「Ember Forgeへ辿り着くには多くの障害が有るのだ。
これはその一つ。私はこのゲートを調べるから
君は3つのゲートの中から失われたEstheria人の文字を見つけてきて欲しい。
それが揃えばこの4つめのゲートを動かせる筈だ。」
腐敗の治療をするにはEmber Forgeまで行かないと駄目で、
Ember Forgeに行くにはこのゲートを開かないと駄目って事ですか。
なんか急に帰りたくなって来たんですけど。
Sylは言う事は全て言ってしまったのかゲートを調べるのに専念してしまっている。
Estheria人の文字とやらを探しに行きますか。

ゲートは3種類。青、赤、紫。飛び込んだ先に何が待っているのやら。
どれから行こうか?よし、せっかくだからこの赤いゲートを選ぶぜ!
飛び込んだ先は特に景色が変わった感じはしないがSylの気配は全くしない。
どれ位の距離を飛ばされたんだろう?

さて、Estheria文字とやらは・・・
いきなり槍を持った子供のような大きさのモンスターに囲まれた。
ちょっと待って。止めて止めて!



腐敗の治療法を見つける前に別の場所へ旅立てそうな目に会ったが
なんとかモンスターを撃退した。
ふぅ、この先こんなヤツラがうじゃうじゃいるんだろうか?
--------------------—
今回から日本語化されたTorchlightのプレイ日記となります。
Torchlight wikiの有志の方々にこの場を借りてお礼を。
色々と判らない事が多過ぎて頭を抱えていましたが日本語MODのお陰で
ゲームの世界を楽しむ事が出来そうです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中