Mount&Blade日記41


ヤレログ王の招集が掛かった。
ドゥラムグ城には王様を含めて諸侯が10人、
総勢800名近い大軍が集まっていた。
おおう、コレだけ頭数が集まると壮観だなぁ。

「早速で済まないが近辺の偵察を頼めぬだろうか?
スワディアは何かと不案内ゆえ進撃の足掛りとしたいのだ。」
スワディアに攻め込む訳ですか・・・
お安い御用で!早速行ってきます。
行き先はスワディアの町、ディリムとヴィンクード城、ウシュクルの村だ。
偵察と言っても特に難しい事をする訳でも無い。

本当に様子を見てくるだけだ。
特にスワディア軍に襲われる事も無く無事偵察は終わり
ヤレログ王の元に戻る事が出来た。

「伝令が先程偵察の報告を持ってまいった。
なかなかの仕事振りであるな。」
大した事じゃ無いっすよ。それより何処を攻めるんでしょう?
スワディアの騎馬とやり合えるかと思うとワクワクするんです。
「まぁ、ついて来い。」
王様は焦らしている積りなのか行き先は教えてくれない。
ディリムの偵察して来たんだしその辺だよなぁ?
町なら攻め甲斐が有りそうだと言う事で戦の下準備をしつつ行軍を追いかけると
ベージャー軍はヴィンクード城へと向きを変えた。ありゃ、城攻めっすか。

町ほどの旨みは無いが捕虜を解放すればそのまま仲間に出来るし
お城でも良いかぁ。
ちょっと拍子抜けしてしまったが城なら城で良いかと考え直す。
しかし、ベーージャー軍はヴィンクード城も素通りしてしまった。
おいおい、一体何処へ行こうって言うんだよ?
スワディアを縦断する形で行軍は続く。
このままだとスワディアの首都に辿り着いちゃいそうな。
王様の狙いが判らなくなって来た所でスワディア軍と遭遇した。

2部隊で150名近い。自分の部隊だけなら一目散に逃げ出す所だが
今回の進軍は800名だ。勝てる戦となれば皆が
我先に突撃しようとして隊列が崩れた。
運悪く逃げ損ねたスワディアのプライス卿と剣を交える事に成った。
人数は300対70。これは負ける筈が無い。



大地を埋め尽くさんばかりの勢いで突撃するベージャー軍。
騎馬隊が優秀と言われるスワディア軍も流石に
4倍強の敵に適う筈も無く、ベージャー側の圧勝となった。
勝戦に勢いを得た筈のベージャー軍は北へ進路を変えた。
あれぇ?こっちへ行くとベージャーへ戻っちゃうんじゃ・・・
先回りしてみるとスワディアに攻め落とされたイスミララ城が有った。

あぁ、この城を奪い返すのね。でもそれだと偵察の意味は何処に行ったんだ?
ちょっともやもやしながらも城の奪還なら良いかと
考え直したが一向はイスミララ城も通り過ぎてしまった。
おいおい、何処へ行くんだよ?

ベージャー軍はカーギットとの国境を越える動きを見せ始めた。
カーギットへ攻め込むのか?スワディアの偵察の意味無いじゃん?
首を捻っても答えは出ない。抜ける訳にも行かないので後を付いていくと
国境に近いアスガン城に辿り着き、包囲が始まった。
あの、偵察の意味は・・?

夜が明けると同時に城攻めが始まった。
守るに易い城とは言え、守り手は100名、攻め手は800名だ。
数の暴力の前にアスガン城はあっけなく陥落した。



見物していれば良いから楽で良いのだが目的地も判らず
付いて廻るだけと言うのも結構ストレスが貯まる。
しかしまぁ城も落としたしこれで解散するんだろうと思っていたら
王様は城に守備兵だけを残してまた行軍を開始してしまった。
ちょっと、今度は何処に行くんですか?



運悪く鉢合わせしたカーギット軍をこれまた数の暴力で
薙ぎ払い行軍が続く。国境を抜けまたベージャー領へ戻ってきた。
もう考えるのも面倒なので黙々と後を付いていくと今度はスレズク城に辿り着いた。


元はベージャーの城のだったが今はスワディアに占領されているようだ。
ここも取り返す積りなんだろうか?
なんか国内の城が地味にアチコチ攻め落とされてるような気がするが
実はベージャーはピンチなんだろうか?

包囲が完了しスレズク城の攻城戦が始まった。
アスガン城よりも守備兵の少なかったスレズク城はこれまたあっさりと陥落。
ベージャーの旗が改めて掲げられる事になった。
ふぅ、この辺で流石に御しまいだろう。
「こう、勝ち戦ばかりなら愉快な事ですな。結構、結構。」
忙しく攻城塔の組み立てを指示していたアルティメネールが軽口を叩く。
そりゃまぁ負け戦よりは良いけれどさ。
ただ行軍に付いて行くだけってのはどうかと思うんだ。

今度は止まるだろうと思った王様は解散の気配すら見せず
また進軍を開始した。ちょっと、そろそろ勘弁して欲しいんですが。
スレズク城に守備隊を配置したベージャー軍は今度はユルマ城の包囲を始めた。

ここも元々はベ-ジャー領だ。先程のスレズク城同様、スワディアに占領されている。
これまた数の暴力で陥落させてしまった。


流石にこの辺で御しまいでしょ?
・・・3城を手にしただけでは気が済まないのか
今度も進軍が始まった。
あの、そろそろ抜けても良いっすか?

またカーギットとの国境へと進路を取ったベージャー軍は
今度はイスミララ城を補包囲した。
攻めるなら最初から攻めれば良いのに。
数の暴力で(以下略



初めての行軍は4城を攻め落とすと言う大掛かりな戦となった。
いい加減解散するよな?と思っていいると今度こそ解散の伝令が届いた。
ふぅ、これでやっとお供も終わりだ。

さて、今度こそ自軍の強化をせねば。

Mount&Blade日記41」への2件のフィードバック

  1. 五郎

    この日記を見て購入しました!こういうゲームが欲しかったんです! これからも応援してます!がんばってください!

    返信
  2. starjes205

    五郎さん、こんばんは。更新頻度とか滅茶苦茶なんで申し訳ないですがぼちぼち更新して行きたいと思います。日記終わる前にWarband来ちゃいそうですけどw

    返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中