Fallout3日記79 Following in His Footsteps


「よう、ツケで飲むなんざ良い身分じゃねーか?」
この妙に甲高い声は忘れようが無い。Moriatyだ。
くそう、いない時を狙った積りだったのに。
「酒を飲んでくれるのは大いに結構だが
金を払ってないってのは頂けねぇなぁ。ウチは明朗会計がモットーだ。」

今Gobに金を払った所だよ。残りはすぐに持って来るさ。
踏み倒そうってんじゃねえんだから偉そうな顔すんなよ。
「そう言うヤツが全部が全部金を払ってくれるなら
Wastelandも住みやすくなるんだろうがな。」
何が言いたい?嫌味を言いたいだけなら
端末にでも幾らでも書いてれば良いだろうが?

「なんか聞き捨て出来ないような事を聞いたような気もするがまぁいい。
そう言えばJamesの情報を教えるって約束の400capもまだ貰って無かったよなぁ?」
あら、そうくるか。父さんの行方なんざとっくにコイツの端末を弄って
情報を仕入れているがこりゃ下手な事は言わない方が良いか?
「Gob!こいつのツケは後幾ら残ってる!?」
Moriatyが大声を上げた。コチラを見ようとしないGobが
小さな声で残金をMoriatyに告げる。

「タロンの連中だったら喜んでヒットマンに化ける金額だな?オイ?」
だから何だよ?残りも今すぐ払えってんなら
キャラバンに金目の物を全部売り払えば用意出来るぞ?
「いや、おめーはここに酒も卸してくれてるからな、
稼ぎにも出られなくなられちまったらちと困る。」
売った酒をここで飲むと倍の値段になってたな。
持ち込めばGobが喜ぶんで拾った酒はホイホイ渡してたが
店の稼ぎに影響するぐらい持ち込んでたっけか?
いやいや、そうじゃない。何が言いたいんだよ?

「払う金が無いなら働くってのも有りだぜ?
おっと、銃は出すなよ?オマエに客を取れって言うんじゃ無い。
そんなもんはこっちからお断りだ。一つオマエに仕事を頼みたいんだよ。」
ほう、どうせ録でも無い仕事だろうが聞くだけ聞こうじゃないか。
「GNR、Galaxy News Radioに行って来い。」
・・・なんですと?
すまん、良く聞こえなかったんだが。
もしかしてGNRに行って来いって言ったか?
Moriatyはニヤケ顔を崩さない。
「オレは何かおかしな事を言ったか?
ここ最近ラジオの入りが悪いのはオマエも知ってるだろう?
このままじゃラジオがGobに壊されちまう。
オマエGNRに行ってナントカして来い。それとも何か困る事でも有るのか?」

端末を覗いた事はとっくにばれてるか・・・
しかしなんでGNRなんだ?
もっとこうコイツらしい仕事の依頼が有っても良さそうだが。
Moriathy、一体何を考えてるんだ?
「GNRに行くかツケを耳揃えて払うかどっちだよ?」
判ったよ。何か知らんがGNRへ行けば良いんだな。
それでツケはチャラでいいんだな?
「あぁ、『400cap分』は値引きしておいてやるよ。」
そう言うとMoriatyは理由を説明せずに店を出て行った。
は、ラジオ局まで出向いて400capかよ。
まぁいいか。おい、Jericho、Clover!飯は終わりだ。GNRへ行くぞ!
と、その前にだ。おーい、Gob!
「な、なんだよ・・」

カウンターで小さくなっていたGobが身構える。
いや、何時も言ってるだろ?殴らないから安心しろって。
GNRに行くついでにUnderWorldにも寄ってくわ。
お袋さんに何か持ってくもんは有るか?
「あ、あぁ!そうか。判ったちょっと待っててくれ。」
Gobは何かごそごそとしていたが小さな袋を取り出した。
「大した物じゃ無いが届けてくれるか?
それとすまんが俺はここで元気にやってるって伝えてくれないか。
何か礼が出来ればいいんだけどな。」

あぁ、いいさ。またその内融通利かせてくれれば問題無い。
「んで、GNRへ行くのか?」
装備を整えて家を出た所でJerichoが聞いてきた。
うん、その内行かなきゃいかんなとは思ってたんだが
いい機会だし行って済ましちまおう。
「ラジオを直しに行こうって思ってたのかよ!?」

大げさに驚くJerichoとそもそも話が見えていないClover。
そう言えば言ってなかったっけ?
二人にVaultを出てきた経緯を説明した。

「親父を探してる?なんだよそりゃ初耳だぜ?」
「父親を探す為にVaultを出てきたの?」
うん、面倒臭いんで説明してなかったし正直忘れかけたんだが
親父はどうもGNRへ行ったみたいなんだな。
何しに行ったのかは判らんけど。
行けば何か情報が手に入るかもしれん。
ふっとJerichoとCloverの家族とかどうしたんだろう?
と聞きたい気分になったが話したくなったら話せと
言ってる手前、止めておく事にした。
「オレなんざ親の顔も知らねえぜ。そもそも」
あー、Jericho、そう言う設定は後々面倒だから止めておけ。
Clover、ムリして喋る必要は無いからな?
「聞けよ!」
「その内ね、ダーリン。」

っつー訳でだ!これより「オペレーションGNR」を発動する!
メトロを経由してGNRへ突入、DJ野郎から親父の情報を入手する!行くぞ助手!

「いきなりどうしたよ?」
特に意味は無い。やってみたかっただけだ。んじゃ行こう。
メトロはアンダーワールドへ向かった時だかに掃除していたので
襲われる事は無かった。


壁に落書きされているGNRの矢印を頼りに地下を進む。
地上にでると目の前にGNRの建物が見えた。
迷わずに出てこられたようだ。

なんだよ簡単じゃないか。
先へ進もうとした所でいきなり攻撃を受けた。
見えない所にミュータントが潜んでいたらしい。

ミュータントを片付けようとしている所に割って入って来たヤツがいた。
ライフルの光線の走った方向をみるとどうやらBoSのようだ。
こりゃいいや、合流させてもらおう。
BoSの集団に近づくと一人だけヘルメットを被っていない人物が目に付いた。

「民間人がこんな所で何をしている!?」

いきなり怒鳴りつけられた。どうなってんだ?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中