Mount&Blade日記34


カーギット、ベージャーを交易品を抱えて往復し当座の資金として3,000デナルを手に入れた。
これだけ有れば新兵を雇えるだけ雇ってもお釣りが来るだろう。
装備に廻せる金は無いが頭数を揃えられれば山賊の襲撃も減る筈だ。

ロドック領内で新兵を募集しつつ移動している所で森の盗賊団に襲われた。
弓を主体に遠距離からチクチクと痛い集団で新兵ばかりのいまは余り関わりたくないのだが
足は向こうの方が速いのでどうにもなら無い。
人数は14対7でコチラが勝っている。なんとかなるか!

新兵を盾にして虎の子の弩兵で盗賊団を迎え撃つ。新兵共!頑張って防げ!
3人程倒した所で突撃を命じる。うし、勝った。

盗賊団の装備を身包み剥がして山賊スタイルから盗賊スタイルにレベルアップ。
これで少しは見た目も良くなったか?

ロドックを廻って10人程新兵を補充してそのままノルド領に移動する。
ロドックの新兵はこのまま弩兵になって貰ってノルドで歩兵を募ろう。

先ほどの戦闘で捕まえた捕虜を売り飛ばすべくティールへ向かう途中で
今度は海族に追いつかれてしまった。

歩兵で壁を作り弩兵に好きなだけ撃たせておいてから突撃を命じる。
有効に使ってやるから身包み置いていきやがれ。


弩兵の活躍で海賊を蜂の巣にして片付けた。ロドックの弩兵は強くて良いんだが
装填に時間が掛かるのがちょっと惜しい。
とは言え、ボードシールドを背負ってる後姿はなかなか頼もしい。
海賊から装備を剥ぎ取り短い時間だった森族スタイルに別れを告げ、海賊スタイルへ変更。
片手斧も持てば大分雰囲気が出るだろうか。

ティールで捕虜を人材斡旋業者に預けて身軽になった。部隊も30人近くになったので
これでその辺の山賊に絡まれる事も大分減るだろう。
商売を再開してうろつきつつ仲間を探すことにしよう。

ベージャーの町、クダンで皮を仕入れロドックへ向かう。
ジェルカラで皮を売却し宿へ顔出すとアルティメネールと言う爺様と出会った。


爺様曰く、ジェルカラで塔の増築の仕事を請け負ったのは良いが資金不足で工事は中断、
さらに運の悪い事に作った塔が倒壊、発注者が下敷きになり殺人容疑で捕まりそうだ。
逃げるにも身一つでは山賊の餌食なので仲間に加えてくれないかと。

話を聞くだけだとろくな人に見えないのだが爺様曰く交易品の目利きも出来るのだとか。
ふむ、爺様を雇えば勘で商売品を仕入れる博打を打たずに済みますか。
契約金として300デナル?よっしゃ、雇いましょう。

爺様と話を済ますとジェレムスと名乗るザビエル風の男から声を掛けられた。
話を聞くとジェレムスは自分は医者だと名乗った。
ジェルカラに住む大商人の息子が転んで頭にケガをしたのを直そうとしたのだが
古臭い医療術を有難がるガレノス派に邪魔され商人の息子は亡くなってしまった。
何を勘違いしたのかその大商人は自分を人殺しと決め付けて捕まってしまいそうなのだとか。

ふむ、ガレノス派とか言われても全然ピンと来ないが医者なら大歓迎だ。
戦場にも出てもらう事になるがそれでも構わないなら雇いましょう。
雇ってみて判ったがジェレムスは手術に加えて応急処置の腕前も中々だ。
これは有難い人物を仲間に出来たのか知れない。

アルティメネールに早速交易品の品定めをして貰う。
油をクダンに持って帰れば利益は出そうだが少し利幅が少なさそうだ。
こりゃ別の町に行った方が良さそうだな。いや、爺様の勘を疑ってる訳じゃないっすよ。
確か自分の記憶じゃヴェルカで油が安かったなと。
お隣の町へ行ってみましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中