Two Worlds日記44 The Past And The Future

妹の待つ南の遺跡に向かう為にに南下したが道は巨大な門に塞がれていた。
地図を見れば迂回して山道を抜ければ行けそうだが
散々山賊達に襲われた後なのでこの先でも苦労しそうだ。
通れない道で何時までも時間を食っている訳にも行かないのでDarat門を後にした。

山道に分け入ると早速狼の歓迎を受けた。
狼を倒して一息入れたら山賊が、山賊を倒したら今度はGromが襲い掛かってくる。
Tharbakinがと言うか北の領土が孤立してしまっているのもこれではしょうがないのかも知れない。



うんざりする程の敵を倒してやっとDarat門の南側に辿り着いた。
ふぅ、目と鼻の先なのに酷い目に会ってしまった。

南から門を眺めれば人の胴体よりも太い鎖が門を固定している。
どんな魔法を使ったのか知らないが開け閉めが大変そうだな。

っと、目的を忘れる所だった。Kiraの待つ遺跡はもう目の前だ。急がねば。
目的の遺跡は昼間だと言うのに濃い霧が立ち込めていた。

自分は何も感じないがGandohar曰くこの遺跡も生きているのだろう。
遺跡に足を踏み入れると景色が一変し目の前に光の柱が立ちKiraが現れた。
「兄さん!やっと来てくれた!」

すまん、大分待たせちまったな。直ぐにでも来たかったんだが色々と有ってな。
それより、あの野郎達に酷い扱いを受けていたりはしないよな?

「もうアレコレ質問される事は無いわ、彼らは何かを待ってるような様子なの。」
話を聞いてくれ、癪に障る話だが、自分はやつらの話に乗らなきゃいけない。
でもな黙って言う事を聞くわけじゃない。やつらを見返す手が有るんだ。
「兄さん!アレは、Relicは完成させちゃいけない!」

心配すんな。Gandoharなんか全然、これっぽちも信用なんかしていなんだ。
アイツは要らん事までペラペラ喋るから利用してやろうと思ってるんだ。
「兄さん、Gandoharはとても恐ろしい人よ。渡り合おうなんて思ったら足元を掬わてしまう。
あの人達を出し抜く為にRelicを使おうなんて思わないで。」
やけに心配してるみたいだが、、伝説なんか嘘っぱちでなにも危ない事なんか無いさ。
Relicはぶっ壊す。ヤツラには上手く事が運んでると思わせておくさ。
「兄さん、300年の間、私達の家系はRelicを守ってきたのよ?
AZIRAALの話は伝説なんかじゃない、全部事実なのよ。」

事実だったらどうしてRelicはバラバラになっちまったんだ?
そんな話はGandoharに聞くまで全然知らなかったぞ?
「父さん達から一緒に話を聞いたじゃない・・・兄さんは話を聞こうとしなかっただけよ。」
そりゃそうだ。唯の貧乏な百姓だったのに口を開けば伝説だの
歴史の有る家系だの言われて信じられるか?馬鹿馬鹿しい。
「・・・確かに私も半信半疑だったけど、AZIRAALもRelicも伝説なんかじゃないの。
RelicはAZIRAALを封印したけれどAZIRAALを解き放つ事も出来るのよ?
兄さん、お願いだからRelicは完成なんかさせないで!」

オマエと喧嘩なんかしたくないんだ。信じてくれとしか言えないが
決してヤツラにRelicは渡さない。
オマエを救い出す為の口実に使うだけさ。
「そうね、、でも兄さん。お願いだから慎重に行動して。
あの人達は簡単に騙されるような人達じゃないと思うの。」
あぁ判った。こっちだって軽い気持ちで動いてる訳じゃ無い。任せてくれ。
もう一度Gandohar達と話を付けなきゃないんだ。
Kira、またココで会えるか?

「もうこの遺跡は使えない。でもGon河を越えた南にここと同じ遺跡が有るわ。
そこで会えると思う。でも多分遺跡の周りはオーク達に占領されていると思うの。
ごめんなさい、、他に方法が有れば良いんだけど・・・」
なぁに、オークなんざ問題無い。全部片付けてやるさ。大船に乗った積りで待ってろ。
ReistにもGandoharにもオマエを連れ去った責任をきっちり取らせてやる。
「有難う、、神の祝福を。」

Kiraは現れた時と同じように光の中に消えていった。
南か・・地図を見ればまた一段と遠い所にある。ここに来るのも大分馬を走らせたと思ったが
今度の遺跡はそれよりも遠い。こりゃ手間が掛かりそうだ。

が、その前に今一度Gandoharに会わなければ行けない。
ヤツの話に乗らなければRelicの情報は手に入らないからな。
来たばっかりだがもうココには用は無い。Goat Caveに戻ろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中