Mount&Blade日記26

攻め落としたエトロスク城を王様に押し付けてヤレンの街の攻略に取り掛かることにした。
途中でスワディア軍のデブリアン卿と会ったのでナンパしてみると付いて来てくれるようだ。
これはラッキー。城攻めが大分楽になる。
ロドックの街、ヤレンを攻め落とすべく行軍を続けると攻め落としたばかりのエトロスク城が
ロドック軍に包囲されていた。100、200、、結構いるな。

普段なら全力で逃げる所だが同行しているデブリアンと合流すれば200名を越える部隊に
なっているのでちょっかいを掛けて見る事にした。
エトロスク城を包囲していたロドック軍の一部がコチラに気づいて襲い掛かってきた。
その数およそ300。よっしゃ掛かって来い!




ロドック軍を撃退、追い払う事に成功した。いやぁ、、元帥っていいなぁ。
他の部隊の兵士も自分の命令で動くので非常に気分がよろしい。
よし、この勢いでヤレンを落としてしまおう。
ヤレンの守備を探る為に街に侵入すると久々に衛兵に見咎められた。



久しぶり過ぎて油断してたがなんとか兵を倒し偵察を終えた。守備兵およそ200。
ふっふっふっ・・これは勝ったな。野郎共!攻め落とせ!


ハスカールが突き進むのを横目に街を見下ろせる城壁の上から守備隊目掛けて弓を撃ち込む。
はっはー!撃てば当たるぜ!


切れることの無いロドック軍兵士の悲鳴、勢いの止まらないハスカール部隊そのままは
城壁を突破し街へなだれ込んだ。足の踏み場も無くなるほどの死体を築き上げて城下を占拠した。



勝った!と、思ったが生き残りの守備隊が城の中でまだ抵抗を
続けているようだ。うっし、さっさと片付けるぞ!



遂にヤレンの街を攻め落とした。王様に早速手紙を書いてみる。
所有が認められれば街を二つ持つことになり兵士達の報酬の支払いを心配する必要が
殆どなくなる。少し不安も有ったがハルラウス王はヤレンの街の所有を認め
大手を振って街の支配者となる事が出来た。うーん、なんだか遠くに来たもんだ。


おっと、感傷に浸って入る暇は無い。ヤレンに守備隊を配置しなければ。
改めて大陸の地図を見ればロドック王国は中央で完全に分断された形になった。
もうここまで来ればロドックを壊滅させる日はそんなに遠い事では無いかもしれない。

ヤレンに守備隊を配置してそのままクルマール城の攻略に取り掛かることにした。
クルマール城を落とせばロドックの領土のほぼ2/3をスワディアに完全に併呑出来る事になる。
クルマール城を偵察すると守備隊はわずか50名程。これはもう勝ったも同然だ。
城を包囲し、さっそく攻城塔を作らせる事にした。

攻城塔がもう直ぐ完成すると言う所でヤレンがロドック軍に包囲されていると知らせが届いた。
往生際の悪いヤツラだ・・もうちょっとで城を落とせた所を。
クルマール城の包囲を解いてヤレンに戻ると確かにヤレンが包囲されている。
ええと、、400名位か?防衛戦ならなんとかなりそうだ。
ヤレンに突入しようとすると街を包囲していたロドック軍が逃げ出し始めた。

え??どういう事?
良く見ればロドック軍の総数こそ400越えだが一つ部隊は70名前後だと判った。
比べてコチラは120名。それで逃げていくのか・・?

追われれば逃げるが逃げるのを見れば追いかけたくなる不思議。
逃げるロドック軍の部隊の一つに狙いを定めて追い詰める事にした。
攻城の邪魔をされた御礼をしなければ!


ヤレンの包囲していたロドック軍を蹴散らしてすっきりした所で周りを見渡せば
何時の間にかイブデレス城とエトロスク城がロドックに取り返されていた。
・・ちょっとクルマール城の攻略に時間を掛けすぎたか?

まぁ取られたのなら取り返せば良いか!いや、攻め落とした城を奪い返されたから
もう一度攻め落とすのか?・・面倒くさい、やっちまえ!
イブデレス城は取り返されたばかりで満足に守備兵も詰めていない。



前回攻めた時の程の抵抗を受けることも無く、
ハスカール部隊の一方的な攻撃であっさりと陥落した。
しかし、今のままでは城を取っては取り返されての繰り返しになってしまいそうだ。
何か良い手は無いか?と考えた結果、捕虜にしたロドックの諸侯を解放しない事にしてみた。
捕まえた諸侯をずっとジェルカラのお客さん用の施設に宿泊してもらうようにすれば
いずれはロドック軍の種も尽きるのでは無いだろうか?うん、これで行こう。

そうと決まればロドックの部隊をどんどん倒さなければいけない。
いけない、、ヤレンを包囲してた連中を見逃すんじゃなかった。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中