Mount&Blade日記22


ロドックの町、ジェルカラの攻略に取り掛かるべく移動中の所でプラヴェンで
スワディア軍とロドック軍が戦ってる所に出くわした。
しかも部隊同士がバラバラにぶつかっている。こういう光景は初めてだ。
ちょっと待て。是非とも加わらせて貰おう!



段々と鍛え上げられ頭数の揃ってきたハスカール部隊は文字通り
ロドック軍を押しつぶしていく。なんかもう囮役さえやってれば後続の
ハスカール部隊が全部片付けてくれる。
こんなに楽で良いんだろうか・・山賊相手にチマチマ戦っていた頃が
ちょっとだけ懐かしく感じる。

助けたデヴァリン卿と共に隣で戦っているスワディア群の戦闘に加わる。さぁどんどん行くぞ!



戦っていたロドック軍を全て撃退した。大勝利だ。これだけ圧倒的だと
なんでも出来てしまうそうな気がしてくる。

事前にこれだけ叩けばもう十分だろう。ジェルカラの攻略に掛かろう。
守備隊は、、大分減っているな。しめしめ、、ようし野郎共いくぞ!




ロドック軍の矢雨をものともせずハスカール部隊が町になだれ込む。
こちらは後ろから付いていって矢を射掛けて来る者を片付けるだけだ。
城に立て篭もった守備隊を片付けジェルカラを陥落させた。よっしゃあ!

しかも城内に捕虜として捕まっていた他国の兵士が沢山いすぎて
自軍に吸収しきれない。勿体無い。なんて勿体無い。。
そのまま城の守備隊として雇えればどれだけ良い事か。
どうにもならないので牢から解き放つ。また募集する時はよろしくなー!
早速王様に手紙を書く。これだけ戦い続きで頑張って来たのだから
褒美として貰えるだろう貰え無かったら・・どうすっか?

待つ事数日、無事王様からジェルカラの所有を認めるとの返答が来た。
っしゃー!これで1城、1街、2村の領主様だ。はっはー!
税金収入だけでウハウハだな。。もう一つ位街を落とせば
もうのんびり暮らせるんじゃ無いだろうか?
っと、いけないいけない。浮かれる前にジェルカラの守備を固めねば。
マラユルグ城から守備隊を引き抜いてジェルカラに移送する。
最悪マラユルグ、ジェルカラの両方が攻められる事になるが
ジェルカラさえ守りきればなんとかなる。いやいっそマラユルグは
攻め落とされた方が維持費が掛からなくなって・・ゲフンゲフン。

あまり守備隊を引き抜きすぎるのもどうかと思ってので
久しぶりに新兵を募る為に諸国を廻ってみる。
頭数が揃えば良いので手当たり次第だ。カーギットは新兵でも
馬に乗っているヤツがいるので途中で山賊に襲われても中々の戦力になってくれる。
新兵には代わりは無いのでバタバタ倒れてしまうが。
80人程集めてジェルカラに戻ろうとした所で油断していたのかロドック軍に遭遇してしまった。

まぁいいか。よーし、野郎共・・・って新兵ばっかだったよ!ヤバイヤバイ!
逃げるわけにも行かないしこれは詰んだか?


ハスカール部隊であればものともしないロドック軍だが
新兵ばかりでは全く歯が立たない。あっという間に味方が打ち減らされ
自分も倒れてしまった。久しぶり捕虜の屈辱を味わう事になった。
トゥリビダン卿か、、名前は覚えたぞ!?


なんとかロドック軍から逃げ出し再度守備隊を募る為に各地を廻る。
今度は下手な事にならないように注意せねば。
くそう、人数が少ないと見ると途端に馬賊が襲ってきやがる。
オマエラ覚えておけよ?

なんとかジェルカラに守備隊を300人程放り込む事に成功した。
これで攻められてもそう簡単には落ちないだろう。

落ち着いたのでジェルカラの街を歩いてみる。商売で何回か訪れた街だが
自分の所有地だと思うと感慨も深い。


さて、残りのロドックの領地も頂いてしまいますかね。

広告

Mount&Blade日記22」への2件のフィードバック

  1. starjes205

    nanasiさん、こんばんは。・・M&Bでコメントが付くとかにわかに信じられないんですが、有難うございます。ハスカールは対ロドックみたいな騎馬集団のいない相手だとかなり強いですね。楽させて貰えます。非常に暑苦しいのが難点ですがw

    返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中