Mount&Blade日記17

大陸最強と言われる歩兵、ノルド軍のハスカールを育てるべく
引き続きノルド王国を彷徨う。

40人程新兵を集めた所で海賊に襲われた。
海賊でも山賊でも良いがこれは良い訓練になりそうだ。
新兵ばかりだが簡単に負けるような事は無いだろう。
よし!全軍突撃!あんまし殺すなよ!


何人か海賊を捕まえたので早速ティールへ向かう。
宿屋に行くとあの商人がまだいた。

「毎度どうも。今回は何人で」
言い終わる前に目の前で刀を抜いてみせる。毎度ってどう言う事だ?
確か会うのは初めてじゃないか。そうだろ?

「も、申し訳ありません。人違いをしていたようで。お初にお目に掛かります。
実は手前共は、、えーと」
海賊をその他を引きとって更正さると聞いたような気がしたな。
「そう!そうです。と言う訳で引き取らせて頂きたく・・畜生め。
なんか言ったか?まぁいい。引き取って貰おう。よろしく頼む。

あーやっぱり歩兵集団は良いな。騎兵の戦闘も蹂躙している感じがして良いが
歩兵の集団の突撃は本当に押しつぶしていると言う感じがする。
ロドックの弓兵も魅力だが戦争の真っ最中だ。流石に徴兵・・もとい義勇軍を募る事は出来ない。
さぁ、この調子で100人のノルド兵を集めよう。ヴァイキングの末裔らしいから
さぞかし暑苦しい集団が出来上がることだろう。
引き続き新兵を募っている所に一報が届いた。なになに・・?
スワディアとカーギットが停戦だとぉ!?

な、なんてこったい・・ギルドの連中め、他の諸侯に泣き付きやがったか。
折角ノルド兵を鍛えてギタギタにしてやろうと思っていたのに。
この育てかけの集団をどうしよう?
いや待て。別にカーギットじゃなくてもスワディアはロドックと戦争の真っ最中じゃないか。
兵士はきちんと育ててロドックにぶつける事にしよう。
うん。それがいい。うし、やる気が出てきたぞ。


山賊の捕虜になっていた農夫達を預けるために一旦マラユルグ城に戻ろうとした所で
騎馬の集団が近寄ってきた。ありゃ?
おい、ユミラ。なんかスワディアの騎兵に見えるんだが気のせいか?
「脱走兵でしょう。装備は軍の物ですが夜盗と変わりないかと。」
隣に馬を並べていたユミラが嫌そうな顔で答える。
しかし、一応コッチの方が人数多いぞ?襲って来るとか馬鹿じゃないか?
「新兵ばかりで良い獲物に見えるのかもしれません。」
そう言われてみればそうか。確かに新兵ばかりだ。
脱走兵とは言えスワディアの騎士が道を行く者を襲うのか。ふむふむ。
全軍突撃!!いいかてめぇら!一人も生かして返すんじゃねぇ!皆殺しにしろ!
いきなり大声を出したのでユミラがびっくりしているが知った事ではない。
なんだよなんだよ。スワディアの騎士が盗賊と一緒だと?
ふざけるなよ。絶対に一人も生かして返すな。
商人を襲うのはカーギットだけで十分なんだよ。



新兵は頭数がいてもやはり新兵だ。脱走兵との戦闘で半分が被害を受けた。
くそう。。やっとここまで集めたのに。

またノルドで兵士を募らなければならない。
今度は山賊が近寄ろうなんて思わないように
鍛え上げねば。スワディアを旅してスワディア兵に襲われるなんてもう御免だ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中