S.T.A.L.K.E.R.日記07


出口を目指し進んでみるがそこらじゅうで放電現象が起こっていて満足に真っ直ぐ歩けない。
壁沿いに進みなんとか開けた所に出ると軍の生き残りに遭遇した。
なんでそんな所にいるのか聞いちゃいけなんだろうな。


軍の兵士を片付け一息付く。もう少し進めば出口、目的地の研究所だ。
さっさと書類とやらを頂いて帰ろう。
歩く先が明るくなり出口が見えてきた所で衝撃波のような物に襲われた。
なんだなんだ?後ろを見ると誰かいる。目が合ったような気がした瞬間吹き飛ばされた。

ミュータントだろうか、迂闊に壁から顔を出せない
出した瞬間に衝撃波を喰らってしまう。しかもだんだん近づいて来るし!
何か手は無いか!?焦ったせいかも知れないが手榴弾が効きそうな気がしたので
投げてみる事にしたが投げようと身を乗り出した瞬間に攻撃を喰らってしまって
足元に手榴弾が転がってしまった。
慌てて飛びのいた所に爆発が起きる。痛い。

どうにも手が出せなくて頭を抱えていている所に当のミュータントが遂に扉を越えてきた。
うわー!近寄るんじゃねぇ!
銃を乱射するとミュータントはパッタリと倒れた。あれ?

倒れたミュータントにライトを当てた。何かの実験でもされて変異でもしたのだろうか?
包帯を巻いた男が仰向けに倒れている。ふぅ、びびらせやがって・・
死体を漁ったが案の定何も持っていなかった。
人間相手の方が弾の補充が出来るだけマシだな。

やっと地上にでた。空気を思い切り吸い込む。
よし、研究所とやらは・・周りを見渡すとココが目的地、研究所のようだ。
ええと、もしかしてど真ん中に出ちまったか?


慌ててしゃがむのと警報が鳴り響くのが同時、あっさり見つかってしまった。
急いで走って目の前の建物に飛び込んだ。
外を兵士がワラワラと走って行く。ヤバイ、逃げるか?目的の研究所に忍び込むか?

兵士が目の前を走っていった。今がチャンスかもしれない。
PDAが示している建物に飛び込んだ。幸い見つかってはいないようだ。

目的の物は・・上か?階段を進み鉢合わせした兵士を倒した。
2階にはめぼしい物は無かった。まだ上か。。
3階に上ると兵士が一人机の横に立っていた。机の上にケースのような物が見える。


多分アレだろう。見張りを倒しケースを手に取る。よし、目的の軍の資料のようだ。
警報は相変わらず鳴っている。さっさと逃げようと階下へ降りるが
出口に兵士が固まっているのが見えてしまった。
3,4,5・・何人いるんだよ?
どうやら包囲されてしまったらしい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中