Fallout3日記53 Reilly’s Rangers 4

回れ右して帰りたくなったがぐっと堪える。
えーとですね、Reillyからの依頼でアンタ達を救出にしたんですが。
「何!?彼女は無事なのか?おい、教えてくれ!」
くっそ、Rangerは人に物を聞く態度がががが揺さぶるな!!
「す、すまん。それで彼女は無事なのか?」
その前にだ、アンタの名前は?Reillyから一応聞いてたが覚えてないんでね。
「オレはButcherだ。奥のミニガン持ってるのがBrick。エレベーターを
直そうとしているのがDonovanだ。コレでいいか?

あぁ、上等。Reillyはアンダーワールドで保護されてる心配は要らない。
自分はReillyからアンタらの救出の依頼を受けてここまで登って来たんだ
ミュータントも片付いたみたいだしとっとと脱出しよう。
そのまま返事を待たずに来た道を戻ろうとしたがButcherが呼び止めてきた。
「あいにくだがミュータントの連中が病院の方へ入っていくのをさっき見たんだ。
あの数はちょっと厳しいかもしれない。このホテルのエレベーターを使った方が早いと思う。」

だったらさっさと降りようじゃないか。エレベーターが動くのか?
「Donovanが直そうとしてるんだが部品が足りなくてね。
俺達は銃を撃ち尽くしちまって身動きが取れない、
良かったら核分裂バッテリーを見つけてくれないか?」
・・・・・なんですと?
「バッテリーだ。配電盤とかロボットとかに普通に使われてる。見たこと無いのか?」
いやいやいや、核分裂バッテリー位知ってる。その後だ。
ここまで登って来て感謝の言葉の一つも無いのにバッテリーを持ってこいと?
「あー、、すまない。焦っていて気が廻らなかったんだ。
勿論アンタには感謝してる。背中に羽が生えて見れる。まるで天使だ。
さっきも言ったがオレ達にはもう弾薬が無いんだ。
アンタがその銃を貸してくれるってんならオレが行く。銃を貸してくれるのか?」
なんだかなぁもう、、銃を貸す位なら取りに行くよ。
おい、Jericho!ホールに行けば何か有るだろ。戻るぞ!

Butcher達を置いてホールに戻ってきた。手分けしてバッテリーを探す事にする。
バッテリーが要ると判ればMegatonの家から持ってきたんだが探すと無いんだよな。
「おい、アレはどうだ?」
Jerichoが指差す先を見るとホールの倉庫のようだ。
中にプロテクトロンが転がっているのが見える。
ロボットを調べるとバッテリーが見つかった。ビンゴ。

Butcherの所に戻ってきた。無言でバッテリーを目の前に突き出す。
「そう怒らないでくれよ。本当にアンタには感謝してるんだ。
それで出来ればバッテリーはDonovanに渡してくれないか?
アイツじゃなきゃエレベーターは直せないんだ。」
・・コイツ・・いや我慢我慢。エレベーターの前でゴソゴソやっているDonovanに
バッテリーを渡した。

「有難う。コレでエレベーターを直せるよ、まだ礼を言ってなかったな。
オレはDonovanだ。感謝している、有難う。」
それだけ言うとDonovanは直ぐにエレベーターの修理に取り掛かった。
「なぁ、弾薬をコイツら渡してやらなくていいのか?」
Jerichoが小声で呟く。
あー・・そうだなぁ、どうすっかな?ココを無事に出られるんなら
別に弾薬なんて要らないんじゃね?
「オマエReillyに何か聞くんじゃなかったのか?メンバーが欠けてたら
素直に質問に答えてくれるのかね?」
・・・チッ
回収した弾薬をButcherに渡した。Theoってヤツが持ってた弾だと説明すると
Butcherは何か言いたそうにしたが結局言葉は出てこなかった。
ふむ、死んだ仲間の事は一応覚えてたみたいだな。

「直ったぞ!さぁ行こう。」
Donovanが声を張り上げる。
「よし、じゃぁ行こう。2階までは直通だ。1階のミュータントを片付ければ外へ出られる。
皆気をつけてくれ。」
こちらが何も言わないうちにButcher達がエレベーターに乗り込む。コラ置いていくな。
Butcherの言うとおり、2階までは直通だ。
苦労して上がってきたのに、、なんか疲れてきた。
エレベーターを降りた所でButcherが壁に身を隠す。
「ミュータントがいるな。一気にかたをつけよう。行くぞ!」
Rangerのメンバーが同時に通路に飛び出しミュータントに銃弾を浴びせる。
ちゃっかりJerichoも一緒に飛び出して銃を乱射している。

全くもう、仕方が無いので手伝う事にした。Reillyの所に戻るまでは
生きていて貰わないといけないしな!


ミュータントを全て倒しButcherがため息を付く。
「これで外に出られる。本当に有難う。さぁ、行こう!」
ちょっと待て。外にもまだミュータントあいるかも知れないじゃない慎重に・・
って聞いちゃいない。Butcher達は外に出て行ってしまった。

ちょっと酷くないか?追いかけて外にでた。ありゃ?誰もいない。
・・・・・・・・・・・・・・・
もしかして、おいてきぼりにされた?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中