Mount&Blade日記06

ウルチェグから脱出後、徒歩での戦闘を鍛えるべく
町を転々と渡り歩く。
馬上で強ければ良いんだが、雑魚にやられるのは我慢ならない。


カーギットの正規軍とぶつかっても余程の人数差が無ければ負ける事も無くなって来た。
捕まえた将軍は開放せずに捕虜にするとカーギットから身代金として3,000デナル程を
巻き上げる事が出来る。商売ぬ比べれば恨みを買うだけで旨みは余り無いが
武将がいない分敵方の戦力が確実に減る訳で、戦いが有利に進めらると思う。



自分の所有で有るアメレの村は丁度カーギット汗国との国境付近で、
目の前にカーギットのマラユルグ城が有る。
・・欲しいよなぁアレ。

カーギットはスワディアとベージャーの2国と戦争中であり
ベージャーとカーギットがマラユルグ城を巡って小競り合いを繰り広げている。
漁夫の利を得られないものか。
商売と武者修行で東西を行き来しつつ機会を伺う。
商売中にベージャーに奪われたマラユルグ城をガーギットが奪い返したとの
一報を受ける。これはチャンスか?
城を偵察する。城主が変わったばかりなので手薄だ。
普段なら300以上の守備陣が詰めているんだが大分人数が減ってるな。

今ならいけるか?野郎共!行くぞ!
・・・イカン!馬上槍持ったままだった!
城攻めの方法は良く判らないが物量で勝てる筈。野郎共一気に突撃しやがれい!




うっしゃー!獲ったぁ!
王に手紙が書ける様だ。早速マラユルグ城を譲ってもらえるよう手紙をしたためる。
待つこと数日。ハルラウス王からの許可が出た。


うっしゃ!これで一城の主だ!
城の中と中庭を意味も無くうろついてみる。
あーやっぱお城は良いなぁ。。荷物置けるし。


・・・・・・・・・・
えーと、どうやって防衛すれば良いんだろ?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中