Mount&Blade日記05


王からの召還が無いので商売に精を出す。
部隊の人数も増えてきたので出費もジワジワと増えている。
商売のついでに町の宿屋を廻って何人かの仲間を募った。
部隊は50人の大台を越えてきた。良い感じだ。
さて、ぼちぼち国内の地位を上げる為に諸侯と良い感じになっておくかなと。
スワディアの大きな町の一つプラヴェンに立ち寄り、領主に面会を求める。
モンテワール卿って方でした。
あれ・・プラヴェンはハルラウス王の直轄だったような気がしたが、まぁいいか。


モンテワール卿曰く、イクマールに間諜を送り込んでいるので
情報を受け取ってきて欲しいとの事。
・・いや、そう言うのは自分の子飼いにやらせろよ・・
おk。行って来ます。一応イクマールはカーギット領で敵地なんですけどね。
イクーマルに付いた。深夜だしこっそりと・・発見される。
警備隊と戦い片付ける。


馬上の戦闘ばっかりやってるんで徒歩での戦いは
どうにも上手くいかない。徒歩での戦い方にも慣れないと行けないだろうか。

さて、スパイの人は・・そう言えば人相風体を聞いてないな。
怪しげな人物でもいるのかと街中を歩くがそれっぽい人物がいない。
これはもしかして片っ端から声を掛けろと言う事か?
歩いている町民に声を掛けて廻る。
なんか物凄く怪しいよなコレ。警備とか呼ばれてもおかしくない。

何人目かで当たりを引いた。情報を受け取る。
よし、これで町には用は無い。
モンテワール卿の所に戻り報告を済ませ、報酬を貰う。
うん。商売してた方がよっぽど儲かるわ。。
モンテワール卿との関係アップ。コレを続ければその内
言うこと聞いてくれるようになるんだろう・・か?
食料を補給しにイビランと言う村に寄ると盗賊の襲撃を受けていた。
よっしゃ!盗賊倒して村との関係アップだ!全員掛かれ!



農民の皆さんと部隊で盗賊を袋叩きにする。
これはリンチじゃないでしょうか?
やっとハルラウス王からの召集が掛かった。
クリン城?何処だ?と地図を見るとノルド王国のようだ。
カーギットじゃないのかよ!
自分の領地(村)の目の前がカーギットだと言うのに
なんでまるで正反対のノルドまで行かないと行けないのか・・
クリン城に辿り着くと丁度包囲戦の真っ最中のようだ。ハルラウス王と面会。


捕虜の交換の為にノルド兵を3名捕まえて来いとの命令を受ける。
うーむ。。王様に文句言うのもアレな気がしますが
王様の捕虜の中にいるみたいですけど。
あ、いや独り言です。捕まえてきます。はい。
90日以内で捕まえろか・・その辺にノルド軍いるよな?
あっさり発見。と言うか追いつかれた。
ブルバ卿と言うらしい。個人的にノルドには何の恨みも無いが
王様と良い関係になるには仕方が無い。



ノルド軍を破り捕虜を確保した。
王様に報告し報酬を貰う。王様との関係も良くなってきているだが・・

そろそろカーギットと戦いたい所なんですけどね。
王様の軍について行く任務終わったので再び商売に励む事にした。
今度はノルドのウェルチェグと言う町に油を売り付けに行ってみよう。

敵地では有るけれど昼間なら大丈夫だろう。
あっさり見つかり捕り物になる。
兵士に囲まれ袋叩きにされ反撃も満足に出来ないまま捕まってしまった。


ムッキー!ノルドも許さん!
カーギットの次に滅ぼしてくれるわ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中