月別アーカイブ: 2009年1月

Mount&Blade日記04

スワディアに仕えて最初のイベントは元帥選びだった。
グラインワッド卿とトレディアン卿?・・誰よ?

勝ってる方に投票してみる。
勝った方と関係が改善、負けた方とは関係悪化か・・
なんかどっちに転んでも敵に廻す人が出てくる訳ですな。
仕官したと言っても特にお呼びが掛かる訳じゃないので
放置してた村々との関係改善をしてみる。
村との関係が良好なら義勇軍を募った時の人の集まり具合が違う。
小麦や牛を他所の村から調達してみたり、



村を襲う山賊対策の為に村人を訓練してみたり。
うむ。一応諸侯になった筈なのに使い走りですなぁ・・
まぁ、いいか。チマチマと村や町を廻り好感度を上げていく。
そうこうしている内にクラルグス卿って人からの召集が掛かった。
ノルド王国のフルス城を攻めるらしい。

・・・カーギットじゃないのかよ。
まぁ、いいか。フルス城に向かう。
しかし、付いてみるとノルドの部隊にクラルグス卿他がボコボコにされている。
こりゃいかん、近寄れんわ。
と眺めている内に、ノルド軍に絡まれる。
盗賊とは戦った事は有っても正規軍とは初めてだ。
人数はと、40対60か。勝てる・・かな?
しかし、会戦と場所となったのは山岳地帯。こんな所じゃまともに馬も走らせられない。
高台に兵士を固めておいて弓の援護をさせつつ走り回る。




なんとかノルド軍を倒した所でほっとしたのもつかの間、他の部隊に追いかけられる。
しつこいっての!
振り切れずに戦闘に突入。今度は川が戦場だ。
ええと、なんだっったか、、川の半ばを敵が渡る所を襲えってのが有ったな。
部隊を散開させ敵が渡河するのを待つ。
よっしゃ!かかれ!



よっしゃ。勝った。戦利品が大量だ。これは美味しい。
が、部隊の被害も甚大だ。兵士を半分失ってしまった。
慌てて敵の捕虜になっていた兵士を迎え入れて人数だけは揃える。
ふぅ・・元々寄せ集め部隊だけどなんかさらに寄せ集め部隊になったな。。

目の前の戦利品に喜んでいる内にクラルグス卿の部隊は全滅。
同時にクエスト失敗の表示が。
あー・・敵に捕まっちゃったのね、クラルグスさん。
いや、まぁ、流石にノルド軍200オーバーの部隊に生き残り30人ちょっとで突撃する
元気は無いっす。

捕虜の身から脱出できたらその内また会いましょう。
こっちも兵士を食べさせないといけないし。
給料が地味に痛いんですよ。いや、可愛いヤツラなんですけどね。

さて、当てが無くなったのでクエストの続きでもしますか。

Mount&Blade日記03


カーギット汗国のウクスカルと言う町の宿屋でユミラと言う女性を拾った。
ユミラ曰く、父の仕事仲間で有る30過ぎの男性と結婚しろと言われたんだが
馬鹿らしくて家を飛び出してきたんだとか。

・・・商売で身を立ててる30過ぎの男が嫌ってアンタ、、夢を見すぎと違うか?と。
まぁ、いいや一緒に行きますかぁ。
と、言っても二人じゃ心許ないので先々の村々で義勇軍を募る。

なんの義勇軍だか疑問だが、村で腐ってるよりは
外の世界に出たいと言う若者が後を絶たないって事だろうと脳内で保管する。
生き延びたら良い思いが出来るかもな!


ノルド、カーギッット、ベージャーとお金になりそうな商品を運びつつ旅を続け、
蓄えも結構な額になってきた。名声もぼちぼちと上がってきたようだ。
これからの方向を考えていた時にスワディアとカーギットが戦争を始めたとの
知らせが舞い込んできた。

ほほー・・大陸中が戦争状態に突入しているようだ。
戦国時代って事でしょうか。
暫し、商売兼部隊強化で時を過ごす。



部隊を育てるのが楽しすぎて暫し戦争の事を忘れる。
何時の間にか30人越えの大所帯に。
そんな所にカーギットから仕官の誘いが来た。誰が行くか。
続けてスワディアから仕官の誘いが。待ってました。

ハルラウス王に会いに行く。
なんだか大げさな挨拶の後に晴れてスワディアに所属する事になりました。


仕官した褒美にアメレと言う小さな村を貰う。
決まった額の税金を徴収できるそうな。もしかして美味しいかも?
・・・・・
カーギットとの思いっきり国境やん。。
なんかちょっとだけムカツク。

村を機能させるには色々と施設を作らないといけないようだが
そのスキルを持っていないので金額も時間も大変な事になりそうだ。
む、、改めて名の有る人物でも雇うことにするか。
と、言うわけで食い物の恨みならぬ商売の恨みでカーギットと戦う事となりました。
ふふふ。。カーギットめ・・滅ぼしてくれるわ!

Fallout3日記38 脱出

「起きて!起きてってば!」

・・むー、カニケーキは大味で食えた物じゃないっす。
「起きて!」
なんすか?ってAmata?

「貴方のお父さんがVaultを抜け出したのよ。」
へ?確か自分は・・あれ?
Amataから事情を聞き自分もVaultを脱出することにした。
うーん。色々有った様な気もするすけど思い出せない。
さて、のんびりとはしていられない。
さっさと抜け出しますか。
「この銃を持っていって。」
Amataはそう言って10mmピストルを渡そうとした。
折角の申し出だが、こっちには心強い味方であるバットが有る。
銃はAmataに持っていてもらう事にして部屋を出た。


警備の連中が襲ってくるが大した事は無い。
片っ端から撲殺して廻る。うん。なんか楽勝っす。
あ、Amataが尋問されてる。どうすっか。
OverSeerもいるし挨拶でもしておきますか。


って、Amataはさっさと銃で尋問してたおっさんを射殺して出て行ってしまった。
あらら・・
さて、OverSeerさん。こんちわ。

このまま穏便にVaultを出たいんですけど
オフィスの鍵と端末のパスワードを貰えないですか?
え?誰が渡すか?

ふーん。Amataも連れてココ出て行こうかな?
改めてお願いするとあっさり鍵とパスワードが貰えた。
うん。やっぱ話し合いで解決が一番ですな。
OverSeerのオフィスの前でJonasの死体を見つけた。
あぁ、、10歳の誕生日の時にVatsで的にしても怒らなかった
良い人だったのに。

死体には必要無いだろうと言う事で装備を一式頂いていく。
ムダにはしないからな!


端末を操作し隠し通路からVaultのゲートへ。
Amata一緒に来ない?
え?行かない?そうか・・まぁいいや。
んじゃ行ってくるっすよ!


外は一面の廃墟だった。
・・・前にも見たような気がするが気のせいだろう。
取りあえず、Megatonとやらに向かってみますか。

Mount&Blade日記02

スタート地点である雪原の国はベージャー王国。
大陸の端に当たる。
お隣のスワディン王国との国境近くクラウの町で鉄を仕入れる。


スワディン王国を超えたカーギット汗国のナッラと言う町へ持って行ければ
買値の7倍で売る事が出来るようだ。
最初に色々襲われていたせいで近場でチマチマと行商をしていたが
大きな商売が出来そうなので足を伸ばしてみることにした。

途中で馬賊や山賊を倒してナッラの町が見えてきた所で
カーギット軍槍騎兵と言うのに襲われる。
むむ、脱走兵とかじゃなくてその国の正規の兵も略奪行為をするのか?
山賊なら馬で走れば振り切れるがコイツラにはあっという間に追いつかれてしまった。
しかも全員騎馬だ。さらに、馬上弓の攻撃が痛すぎる。
3人程倒した所で捕まって、全財産に近い鉄を奪われてしまう。
暫し引き連れまわされた後に脱走。
ムッキー!コイツラ許さん!
脱走後に直ぐ傍にいたカーギット軍槍騎兵の生き残りに襲い掛かる。
皆殺しにしてくれるわ!




馬上弓の死角は判ったので一撃離脱を繰り返しなんとか全員倒す。
カーギット汗国への個人的評価は地に落ちた。
その内攻め込んでやる・・
それまで初期装備で頑張っていたが槍騎兵の装備が飛びぬけていたので
変えられる装備を一式変えてみた。あっと言う間にカーギット軍槍騎兵の出来上がり。

いや、カーギット汗国は嫌いなんです。いや、ホントです。
鉄も奪い返しナッラで売る事が出来て財産が一気に倍増した
これで、さらに商売に弾みが付きそう。
しかし、一人旅はどうにも物騒でいけない。
その辺で兵士でも募ってみようかと思ったり。

Mount&Blade日記01


キャラクターを作成する。
雰囲気はOblivionと似ている。悪い意味で。
ランダムで顔をどんどん選んで、マシな顔に当たったらチョコチョコ手直しして完成。
凝りだすときりがないし。

次に主人公の生い立ちを設定。
ええと、取りあえず没落貴族で行くか。で、旅たつ理由は・・・特に無いな。
世界の探索したいからでいいか。という訳で主人公誕生。

周りは一面の雪景色でした。おー・・こういう地方も有るのか。
山賊発見!早速襲ってみる。


あー・・やっぱ馬上戦闘は楽しい。SSじゃ動きが伝えられないのが物凄く残念。
初めて使う槍がコレが全く当たらない。
ええと、確か構えて体当たりすればいいんだよな。
ランスアタック成功。一撃で山賊が倒れる。
これはいいかも。。剣にスキル振っちゃってるけど槍も良さそうだ。
山賊を全員倒し、装備を頂く。毎度あり。


直ぐ傍に有ったクダンと言う町に立ち寄ってみる。
うーん。会話が日本語だ。有り難い。有り難い。

山賊の装備を早速売り払う。しかし、所持金は体験版と変わらずショッパイ。
これを増やすにはと。市場の動向を探ると言う項目が有ったので試してみる。
ふむふむ。ここで鉄を買ってハルマールとやらに持って行って売れば儲かる訳ですか。

鉄を1個試しに買ってみる。そもそも1個しか買えないんですけど。
さて、ハルベールとやらは・・無茶苦茶遠いじゃないか!
むぅ、悩んでもしょうがない。向かってみますか。


途中で山賊や馬賊や脱走やら・・に襲われ、倒してみたり虜囚になってみたりを繰り返し、
なんとかハルマールに到着。鉄を売り払う。

よし、これを繰り返せばお金も貯まって装備も整えられるし
兵を雇うことも出来そうだ。なんだかワクワクしてきた。
うっし、ここで買って売れそうな物はと。羊毛を買い込んで次の町へ。
なんか商売人になってますな。

Mount&Blade購入

I Feel GroovyのHPを覗いてみる。
む、入荷待ちか・・残念。
何時も利用させてもらってるが気長に待つほど心の余裕が無いのだよ!
さて、Amazonで・・こっちも売り切れか。チッ
じゃぁ、シリアルキーを手に入れるか。
TaleWorlds Entertainmentでライセンスを購入し体験版をアップグレード。
Mount&Blade wikiで操作方法とか戦い方とか色々覚えておきますか。
・・・・・・・・・・
日本語化パッチ暫定版?ええと?
日本語化されてるし!wikiから後光が差して見えます。
Two Worldsで自力翻訳の苦痛を味わっただけに有難すぎて目頭が熱くなります。
有志の方々に感謝しつつ日本語化。
さて、ゲームスタート。

・Mount & Blade 日本語化覚書。
Mount&Blade日本語化wikiの日本語化ファイルのページへ移動して
日本語化MOD暫定版の最新の物をダウンロード。
追記 2010年1月現在、Mount&Blade日本語化Mod 20100131暫定版2.6が最新です。
Zipファイルを解凍してMount & Bladeのフォルダへコピーすれば完了です。
日本語化に際してTextureフォルダ、Dateフォルダ、language.txtが上書きされるので
念の為にバックアップを取っておくと良いかもしれません。

Fallout3日記37 蛇足

と、言う訳で(?)Fallout3 プレイ日記 の終了となります。
短い間でしたが見てくださった方々、有難うございました。

この日記はSmall Gun主体、メインクエストを中心に進めたキャラと
Unarmed主体でサブクエスト中心に進めたキャラのニコイチ日記となっています。
メインクエストを進めたキャラは中盤以降、パワーアーマーを着込んでいた為
出番が無くなり、殴りキャラの放浪が主となりました。
殴り主体なのに銃撃戦で撃ちまくってるのはSmall Gunキャラでその場面だけ
プレイして繋げていたりしています。

銃プレイの後の拳プレイは新鮮でStimpakの余裕の無さも有って
とても楽しいものでした。
プレイをそのまま続けるのも良かったと思うのですがキャラが丁度Lv20になったので
Following in His Footstepsで最終話とさせていただきました。

少し、時間を置いてまた別のキャラで違うストーリーを追っていけたら
良いなぁと思っています。
日記に書いていない部分も含めて発売から延々遊んでいますが
まだ行っていない所、手をつけていないクエスト等が有るのが
凄いと言うか、何処まで作りこんでるんだよ・・とあきれるやら。

1月末にはDLCの第一弾であるOperation Anchorageも来ます。
まだまだWastelandでのサバイバル生活は終わりそうに有りません。

では、また違う少し違うWastelandへ。