Fallout3日記16 Rivet City

無事にRivet Cityに辿り着いた。
後はbryanの親戚を尋ねるだけだ。
えーと、名前はなんだったか・・まぁいいか。

入り口での尋問を適当にかわし船内に入る。
むぅ、迷路じゃん。この手の上下入り組んだ構造だと
今何処にいるのかも判り辛い。PipBoyじゃ高低差までは教えてくれないしな。
仕方が無いのでダンジョン探索の基本壁沿いに進んでみることにする。
うむ。階段は看板覚えておけば良いか。



MarketPlaceで一通り話を聞いて廻る。
なんか余計な依頼を受けた気がするが取りあえずスルー。
船内を粗方歩き回り、いい加減誰だったか記憶を呼び覚まそうと思っていた所で
ホテルを発見。Veraと会話する。ビンゴ!この人でしたか。
VeraはBryanの境遇を不憫がりBryan世話を引き受けた。
ふぅ。なんか大分時間が掛かった気がするけど
なんとかなったみたいだよ。Bryan君。

大急ぎでGrayDitchに引き返しBryanにVeraの事を説明する。
うん。良かったな。
いや、まぁ自分も面倒だったんで暫く忘れた訳で・・
感謝は気持ち良いが、ちと後ろめたい。
さて、メガトンに戻ろう。Moiraさんが待ってる筈。
後日RivetCityホテルによるとVeraとBryanの姿が。
良かったなと思う反面・・・
Bryan君。引越ししたんだし服はなんとかしないか?
いや、その格好もワイルドで中々良いんだけどさ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中