Two Worlds日記21 3人の治癒者 2

Denorと別れWindBreak村を出てClovelly村に向かった。
・・・他にも仕事を依頼したそうなオーラを放っている住民がいたが
手一杯になりたくなかったので放置。


途中でオークやリーパーに絡まれたが特に問題も無くCloveryに到着。
ここでも余計なクエストは受けたくなかったので一直線にヒーラーの元へ。


FamahとGrahはMostrol Mirraの伝言を伝えると、
直ぐに向かうと言いテレポートしていった。
ふむ、テレポートは主人公の専売ではないのか。
・・・・・・・・・・・・・・これで終わり?
気になったのでFour Stoneへ戻ることにした。
Mostrol Mirraの家の前にGrahの姿が有った。

「アンタは何者だ?あの爺さんとグルなのか?」
うぇ?何?
「テレポートしてきたらいきなり襲われたんだ!FamahとDenorは殺された。
自分は逃げてきたんだ!」
?????
「アイツはMostrol Mirraじゃない。多分彼も殺されたんだ!頼む助けてくれ!」
うへ・・これはやられたか?
Mostrol Mirra、あの爺さんは最初にMister Mirraに会いたかったら後日来いと言った。
こっちがMirraを知らないと判ったら仕事を頼んで来たんだよな・・
殺しの片棒を担がされたか?
家に飛び込むとまだ爺さんはまだいた。
何故ヒーラーを殺した?と問い詰める。回答によっては爺さんを切らなければいけない。

「ヤツラがヒーラーだと?笑わせるな。2年前、娘が病気に掛かった。
自分はMostrol Mirraの元へ行き助けてくれと頼んだ。だがアイツは自分の目の前で
家の扉を閉めたんだ!」
・・・・・
「ヤツは自分が貧乏で治療費を払えない事を知っていたんだ。
必ず返すからと頼んだがヤツは治療してくれなかった。」
・・・・雲行きが怪しくなってきたか・・?
「自分は他の3人のヒーラーの元へも行った。誰も娘を助けてくれなかった。
娘は自分の腕の中で苦しんで死んでいったんだ。
自分はヤツラ全員を殺してやろうと誓ったんだ。頼む。残る一人を殺すのを手伝ってくれ!」
手に掛けた剣の下ろし場所が無くなった。
爺さんにヒーラーを殺しても娘さんは戻ってこないとお約束を語ってみたが
爺さんの決意は揺らぎそうに無い。
むぅ・・・Grahにも話をもう1回聞いてみるか。。

「自分があの爺さんの娘を見殺しにしたって?自分はヒーラーだ。
断じてそんな事はしていない!全部あの爺さんの嘘だ!
あの爺さんはもう3人殺しているんだぞ?
ヤツを信じるのか?頼む。助けてくれ!」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コレは・・・困った。どっちを信じれば良いんだ?
悩んでも仕方が無いのでGrahを叩き殺した。
何も根拠は無い。ただ、話の流れで爺さんがヒーラーを殺す理由が他に
無さそうな感じだったからだが。。
爺さんは娘の復讐が出来た。アンタのお陰だと感謝されたが・・・・
この手のクエストはやり終わってみてとても気分が悪い。。。
・・・・・・・保留しておけば良かったか?
蛇足
続きを書いていたら、変なキーを押してしまったみたいで
2回書き掛けの日記が消えてしまった。正直、かなり凹んだ。。。
次からはメモ帳に書いてからUPしよう・・

広告

Two Worlds日記21 3人の治癒者 2」への2件のフィードバック

  1. ○ぉ

    信じる信じないというより、娘を見殺しとヒーラ殺しのどっちの罪裁く?っことですね。サスペンス劇場では、ヒーラー殺しが断罪されると思いますが、娘の復讐ってのもいいなw

    返信
  2. starjes205

    爺さんが実は〇〇でヒーラー達は只のとばっちりってパターンもありそうなんですけどねぇ。。まぁ、Obli程ひねくれたパターンは無さそうなのとどっちを殺しても話はそこで終わりみたいだったんで。・・そういえばTwo Worldsの日記書き始めて初めてのコメントですわw

    返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中