Two Worlds日記14 反乱軍

さて、受けたクエストは片付く気配は無く、
どんどん詰みあがっていく。正直何処から手を付ければいいんだか・・
適当にクエストを受けるのは自重しなければと思いつつも
行く先々でほいほいと仕事を請けてしまうのも問題か。
正直簡単に片付くだろうと思っていたMyron捜索がここまで尾を引くとは思っていなかった。
Myronどころかhagrastの行方も知れない。
・・・・・・・・・・・
取りあえず、村の住民に話でも聞いてみるか?
その辺で働いていた住民を捕まえて話を聞く。

勿論欲しい答えが返ってくる訳では無いが気になる情報を拾った。
Covengorはかつて栄えた町だったが鉱山が閉じた為、寂れた。
鉱夫はさらに北を目指しそして帰ってこなかった。
・・・・・・
北ねぇ・・・そういえば未だ言って無い所に町らしいのが有るな。

北端の町を目指し北上する。町に付くと
なんとKargaのキャンプだった。なんだこの超展開は・・
と、言うか・・何か踏むべき手順を飛ばしてしまった感じがしまくっている。

門番はアンタの噂は聞いている会えて嬉しいぜと
そそくさと門を開いてくれた。はて。。どうしたもんか。
見つけた物はしょうがない。
もしかしたらクエストに進展が有るかもしれない。
最悪、Connとやらを見つけて叩ききればいいんだろう。
村に入り、住民と会話。さっそくクエストだ。orz
どうも、Kargaの協力者と見られているらしい。
いや、まぁ節操なく仕事は請けてるけどさ・・
特にKargaに肩入れをしてる積りはないんですよ・・って聞いちゃいないか。

EthanはGorelinいるZed Masaraに会い、
重要な書類を預かってきて来てくれと依頼してきた。
Gorelinは泥棒の町で、House of Skelden側の協力者もいるから
自分達がホイホイと行く訳には行かない。
余所者のアンタなら誰からも怪しまれないだろう。
・・・・・・・・・・・・・
これはHouse of SkeldenのBrokkから頼まれた盗まれた書類の事じゃないんだろうか?
対立する両陣営から同じ仕事を請けた場合どういう扱いになるんだろうか。。
ちと困った事になった。まぁ、なんとかなる・・か?
EthanはさらにKargaのリーダーはUltarとその息子Cahalだと教えてくれた。
この二人が実質のリーダーなんだが村人達の間では
Connkrannachの方が受けが良いらしい。
また、話がややこしくなってきたぞ・・
彼を密告したのは身内のIsaと言う人物らしい。Connは行方をくらました。
断片的に情報が手に入ってるように見えてさらに話が込み入ってきましたが・・
ついでにUltarにも会って見るか?
Ultar探しに村を散策してみることにする。
追記。
何気にパッケージ付属のMAPを見たらデカデカとKarga Campと書いてあった・・
開封した時にちらっと見ただけでパッケに押し込んでしまっていたが
秘密でもなんでも無かった様だ。
・・・・ちょっと、凹む。
と、同時に慌ててMAPを再度パッケに押し込んだ。付録でネタバレされちゃ適わん。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中