Two Worlds日記11 狼退治

Excavationsに付いた。普通にガードがいる。
ふむ。。デモ版のアレは何だったんだろう?
e0120826_21423392.jpg
ガードと話すと、ここではドワーフの遺跡(遺跡?)を掘り出している事、
Ebrat SkeldenはSkelden王の甥らしい事が判った。
次の王様っすか。その割には評判良くないみたいですが。
んで、件のEbrat Skeldenはkargaの暗殺者に2度襲われ
柵(?)を作ってソコから出てこないらしと。。。
そう言えば奥にさらに砦が有ったな。
Eblat Skeldenに会うには彼の右腕であるSano moonに話を付けなければいけない。
Sano moonはここの実質支配者なんだとか。
Excavationsの東に狼の集団がいて鉱山の労働者が毎年襲われているとも話した。
・・・Myron・・もしかして喰われたのか?
Sano Moonは狼を倒した者に報酬を与えると言ってる。
ふむ・・行って見ますか。
先にSano Moonに会えば良かったか?とも思ったが
Myronの事も気になるので狼がいるという東の山を目指してみる。
目的地に着く。なんか凄いのが出てくるかと思ったら
普通に狼だった。さくっと倒して帰る事に。
行きで見かけた鉱山の入り口にいたガードがmyronの事を少し話していたので
少なくともMyronは狼に食われた訳ではなさそうだ。
んじゃ、何処だ?
Excavationsに戻り狼退治の報告をした後、
Sano moonに会うことにしてみた。なんか話の流れが判らなくなってきてるんだが。。
e0120826_2154289.jpg
Sano Moon曰く、Ebrat Skeldenは暗殺未遂事件の後、
信用できるものしか会おうとしない。信用を得る為に一つ仕事をしないか?と。
・・・・・いや、信用云々よりコッチはMyronのことの方が気に掛かるんですが・・
そもそもなんで自分はEbrat Skeldenに会わなきゃいけないんだ・・
脱線。
Sano moonの依頼は以下の通り
砦内のBrokk、Set kitorの2名とExcavationsの北にいる
Menno Hagerard、CovengorにいるBerudに会い依頼を請ける事。
盗賊の村であるGorelinへ行きEstar Grenに会い荷物うを受け取る事を頼んできた。
むぅ・・どうもクエストを受けすぎて何から手を付ければいいんだか状態。
先ずは、Excavations内にMyronがいるか探してみよう。
なんかグダグダになってきてるなorz
ちと、Excavations絡みのクエストを纏めてみる。
・行方不明の息子を心配する爺さん。
鉱山の管理者のHagratが彼の行方を知っているかもしれない。
Noals、とKargaが関係している?
・鉱山の採掘が止まった理由
鉱山で働いている囚人に話を聞け?
・Ebrat Skelden
彼に会うにはSanoMoonを通さなければならず
さらにSanoMoonはEbratに会わせてやるからと仕事を依頼してきた。
Brokk、Set kistor、Menno Hagerard、Berud、Ester Grenに
会わないといけない。以上か?
・・・・・Sanoの仕事を請けるだけでどんだけ時間掛かるんだか・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中