Two Worlds日記10 行方不明の息子

どうもGon河より南はまだ自分では越えられないようだ。
すぱっとクエストを放置してTharbakinに戻る事にした。
tharbakinのGed sammraは鉱山で働いている息子Myronから便りが
途絶えた事を心配している。行方の判らない息子の安否を知る為に
House Skeldenの鉱山の責任者Hagrastに会ってくれないかと頼んできた。
e0120826_22211994.jpg
デモ版で痛い目を見ていたのでHouse Skelden絡みは
放置していたのだが改めて受けることにする。
爺さん、長いこと放置してすまぬ。
Tharbakinを出てExcavationsに向かう途中で1軒の家が。
山賊でもいるか?と覗くとまた、House Skelden絡みの依頼を受けた。
StorkはHouse Skeldenの鉱山が閉じられた(採掘が休止された?)理由を
知る為に労働者から情報を仕入れてきてくれないかと頼んできた。
上記と同じく放置していた依頼を受ける事に。
e0120826_2239515.jpg
・・爺さんの依頼はまだ判るがstorkの依頼は正直理解できていない。
まぁ、なんとかなるさ・・
二つの依頼を受け、Excavationsへ。
・・・・・・・・・お、Eras Barkalet発見。デモ版じゃ何言ってるか判らなかったけど
今回はマジメに話を聞くよ。
e0120826_22435750.jpg
うん。Tharbakinの地下通路を開けてくれってのは判るんだ。
スマンがその前後をもう一回。
・・・一帯(Thalmont)を支配しているEbrat Skeldenと
Kargaの一族(?)が対立している。
重税を掛けるEbrat Skeldenは支配者としては評判がよろしくないらしい。
住民はKargaを指示している。
支配者Ebrat SkeldenとKargaの争いって所ですか。。多分。
んで、Ebrat Skeldenの計画を知る為にTharabakinの地下通路を開けてくれと。
すまん。やっぱ良く分からん。
ドワーフの鉱山、スパイ、Skelden王、議会とか気になる言葉が出てくるが・・
むぅ・・もちっとマジメに英語の勉強を(ry
取りあえず、Tharbakinの地下通路を開けておこう。
デモ版の時とは違いコチラのLvが上がっているので
ガイコツをさくっと掃除。SS取る暇も無し。
e0120826_2395796.jpg
e0120826_2312426.jpg
Eras barkaletから感謝と報酬を貰う。Karga一族はこの恩を忘れないと来たか・・
改めて、まさしく問題のExcavationsに向かうことにする。
さてさて、、どうなる事やら。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中