Civ4日記17 WL アステカで皇子2

余りに一方的だったので再挑戦。。
ただ、MAP同じだと銅鉄の湧く場所が分かっちゃうので
MAPの再生成を行ないました。
河有り、氾濫源、初期資源トウモロコシでスタート。
お隣は・・またペルシャですか・・orz
今まであんまり意識したこと無かったですが
序盤拡張の維持費が半額な帝国志向と言うのは
拡張の余地が有る場合、凶悪だなぁと・・
大陸の位置関係は大陸中央にペルシャとイギリス(エリザベス)、
東にドイツ(フリードリッヒ)西にケルト(ブレヌス)、
南東アステカ、南にインド(アショーカ)南西に中国(始皇帝)となっています。
折角の宗教志向なので仏教を創始。。
が、改宗するとまた孤立しかねないので無宗教で行くことに。
創始した意味無いな・・
余計な寄り道をしている内にインドとの拡張合戦に押し負け
4都市で空き地がなくなってしまいます。まぁ・・しゃーない。
おいおい、隙間に都市をねじ込もう。
宗教分布はアステカ無宗教(仏教創始)、中国(ヒンズー)
ペルシャ、ドイツ(仏教のちにユダヤ教に改宗)、イギリス(儒教)となりました。
青銅開発。銅は遥か彼方。鉄器・・・鉄は圏内に湧きました。ホット一息。
インドにでもしかけるか?とも思いましたが
それで、前回は戦争にかまけている間に技術が酷い事になっていた事を
思い出し、自重。ちっと国力を付けておこう。
技術は他と同じ物を取っても交換材料になりずらそうなので
宗教ルートに走る事に。
キリスト教は取り損ねましたが、道教、イスラム教を取得、
なんとか交換で技術差を詰めます。
ここでスコア3位。軍事力は・・ペルシャの3分の一位か・・ハハハ・・
アステカでやってる意味無いなぁ・・と思いつつも
宗教志向で停滞が無いのは結構大きいよなと。
対隣国用にその時作れる最強の兵士を国境に送り込み
首都には戦士と弓兵と言う状態で都市の隙間に都市をねじ込み
なんとか8都市に。良し、これで生産と布教用都市は確保。
仏教、道教、イスラム教を国内にばら撒きます。
紀元1200年。軍事力は下から2番目。
最下位はペルシャとアステカに挟まれて3都市しかないドイツです。
一位はペルシャ。4倍差に開いてないか・・?
イギリスがケルトに宣戦布告。
大陸の反対側なのに何故かイギリスから参戦要求が。
・・まぁ、ケルトはペルシャ、インドとも通商結んで無いんで攻め込まれる心配は
無いな・・と、言うことで参戦。弓騎兵一体で戦場見学。
10ターンきっちりで停戦。イギリスの態度悪化。
イギリスからの脅迫がきつい事になっていますが
僻地に押し込まれているとは言え、儒教国家がユダヤ連合に攻め込める筈も無く
無視し続けます。いや・・アステカの意味無いな・・
紀元1400年。ぶっちぎりの超大国となったペルシャがイギリスに宣戦布告。
イギリスに中央への出口を塞がれていた中国も宣戦布告。
10ターンも持たずにイギリスはペルシャに降伏します。
イギリスはスコア6位に。繰り上がりで
アステカは2位になりました。インドが凄い勢いでスコア伸ばしてるけど。
紀元1700年。あっさりインドにスコアを抜かれ3位に転落。
インドとの遺産競争に悉く負け続けいい加減嫌になりかけていた所でしたが
まさかの自由競争一番乗り。共産主義を取り職業軍人へ
共産主義と引き換えに火薬他の幾つかの技術をペルシャと交換。
ついでに防衛協定を結びます。
これでインドはペルシャ、イギリス、アステカに囲まれた形になりました。
ふぅ・・これで生き延びれるか・・?
・・・アステカの意味無いなぁ・・ハハハ・・
が、ここでペルシャ他の友好国が技術交換を渋り出します。
独占技術をばら撒く事で他の技術を回収していたのでいきなり手詰まりに。
紀元1800年。なんとか自力で民主主義、ライフリング開発。
奴隷解放、宗教の自由、普通選挙採択。
インドが防衛同盟を結べる状態になっていたのでコチラとも防衛同盟を結びます。
この辺で自力開発は限度と見切りを付け文化勝利に走ることにしました。
当然候補は仏教、道教、イスラム教の聖都です。
隙間都市でこつこつと軍備を補いつつ偉人配置を芸術家に絞ります。
普通選挙期間中に銀行その他の施設を作りまくり
首都と聖都に聖堂を建て準備完了。。
カースト制に切り替え隙間都市と生産都市に芸術家配置。
生まれた芸術家は全て文化爆弾で消費。
紀元1950年。ペルシャの国際連合が完成。外交勝利されては
適わないので対抗馬のドイツに投票。
対抗馬に入れただけの積りでしたがなんと旨い事に環境保護主義の採択が。
文化に90%振り込んでいるので物理学すら取得していなかったアステカ。
衛生資源が無く人口拡大に苦しんでいたのがあっさり好転。
ペルシャが何故かプレゼントしてくれた物理学で人口が爆発します。
紀元2000年。首都が文化の全盛を極めます。
道教聖都とイスラム教聖都はこの時点で文化値40,000ソコソコ。
どちらの都市もハンマーを文化に変換していますがそれでもギリギリか
間に合わない気配がします。
・・・何かいい手はない物か・・
首都にも芸術家配置。人口がみるみる減っていきます・・
いや、コレはちょっと微妙すぎる。。
仕方が無いので都市の周りの製材所を全て伐採。
紀元2030年。イスラム教首都が文化の全盛を極めます。
残りは1都市だけ。
ペルシャ他の国が続々と宇宙船のパーツを完成させます。
こりゃ、だめか・・?
ここで奇跡(?)が。なんとインドがペルシャに宣戦布告。
何時の間にかドイツとも同盟をインドは結んでいました。
どうなるか・・?と言うと
何故かイギリスとペルシャに宣戦布告した事に。。。
ひええええええ。
コチラは最低限のライフル兵と騎兵しかいない所に
機械化歩兵と戦闘機の大群が。
抵抗しても意味が無いのでひたすら都市に篭ってやり過します。
・・・・・・
なぜか大群は畑と漁船を一つづつ破壊した後に
インド領内に・・んー・・線路すら引いてないからなぁ・・
10ターン目で速攻でペルシャと和平。
都市の一つも取られるかと思いましたが、
金370で無罪放免。。まぁ、どの都市も人口が酷い事になってるしな・・
ドイツとインドもどちらも持ちこたえる事が出来ずにあっさり
ペルシャに降伏。ナニがしたかったんだろう・・

ここで再度国際連合の議長選出が。
これでペルシャに入れた日にはペルシャの外交勝利確定です。
しつこくドイツに投票。・・属国でも議長になれるんですね。
奴隷解放、核拡散防止どれももう関係無いうことなので
全ていいえに投票。
ペルシャのパーツ開発も再開されました。ヤバイヤバイ。
紀元2043年。道教聖都が文化の全盛を極めました。
アステカの文化勝利です。

そもそもアステカで文化勝利とかどうなんだろ?
と疑問を感じる事甚だしいですが
とりあえず皇子一勝目となりました。
評価はダン・クェール

広告

Civ4日記17 WL アステカで皇子2」への5件のフィードバック

  1. ○ぉ

    そうだった。皇子おめー私は、天帝でやってみましたが、一応カエサル級でクリアしました。次は、上記の3つの勝利条件を封印してやるかな^^;

    返信
  2. 面白かったです。最近買ってはまってます。 将軍で2度滅びて、酋長で時間切れ勝利、将軍で時間切れ勝利1回ずつプレイしました。ちょっとの油断で即滅亡の緊張感がたまりませんねー

    返信
  3. starjes205

    >>南さんはじめまして。ホントに始め出したら止まらない麻薬的ゲームだと思います。自分は時間表示をして自制してますがコレ無かったら確実に睡眠不足ですね・・

    返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中