Civ4日記05 WL ペルシャで貴族

連敗中ですがしつこく貴族で(ry
MAPはFractal。他はランダムでスタート。
今回はペルシャの大キュロスに当たりました。
拡張志向、創造志向か・・使い方がさっぱりワカラン
気を取り直してスタート。海が見えるな・・砂漠も見える
コレはまたやっちまったか?
取りあえず斥候を一歩動かすとソコには金山が2個!

よく見れば魚も金も範囲外なのにいそいそと首都を建てます。
周囲を探索し順に他の文明と遭遇します。どうもパンゲアぽい。
丸い大陸の西端にペルシャ(自分)。大陸中央にドイツ(ビスマルク)。
北西にケルト。東端がエジプト(ラムセス2世)。南西に中国(始皇帝)。南東がアステカです。
おー・・戦争好きが揃ったな・・生き残れるかしら。
まず農業、青銅器を取り、南の米を押さえて銅の在り処を探します。
銅か鉄が無いと序盤で死ねる。
青銅器を取って銅の場所が判りましたが。。遠い。。
ソコまで拡張できるか判らないけれど近くまで拡張出来れば
文化圏が広がった時に回収できるやろと思い序盤ラッシュは諦めて
内政に取り掛かります。
仏教を創始すると同時に何処かがヒンズー教を創始。。どこだ・・?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・モンテか!
コレは標的にされそうな雰囲気がぷんぷんします。
仏教の布教を諦めて何処か他の宗教が流れてくるのを待ち、
ケルトが創始したユダヤ教がドイツ経由で流れて来た所でユダヤ教に改宗。
なぜか仏教が飛び火したドイツが仏教を国教にしてるし。。
大陸はエジプト、ケルト、ペルシャのユダヤ教圏と
アステカ、中国のヒンズー教圏
ドイツの仏教圏となりました。ビスマルク。。南無。
4都市目を建てた所で銅に手が届き掛けましたが
拡張して来た中国に銅を押さえられてしまいました。
戦士だけじゃ蛮族に滅ぼされちゃうよ・・
って訳で鉄器を取得。第2都市の圏外ギリギリに鉄発見。助かった。
ストーンヘンジが作れたので鉄はすぐに圏内に入りすぐ横で道作って
待機させていた労働者に鉱山を作らせます。
戦士と不死隊しかいなかったペルシャにやっと斧兵と剣士が・・
これで蛮族に攻め滅ぼされる危険は無くなりました。
が・・序盤ラッシュは夢と消えました。
軍備を拡張しまくってるアステカに宣戦布告されるのも
時間の問題・・・・宣戦布告されましたorz

騎馬兵のスタックで攻めてきたアステカを槍兵と斧兵でなんとか撃退。
なんか手が無いかと外交画面を眺めていたら
アステカと国境を接しているエジプトがアステカにいらついています。
エジプトに土下座してアステカに宣戦布告してもらい
エジプトvsアステカの戦争が始まった時点でアステカと停戦。
第4都市近くまでせまって着ていたアステカ軍はUターンして
エジプトに攻め入って行きます。エジプト頑張れ。
なんとか難を逃れてほっと一安心。取りあえず軍備だ!と軍拡に走ります・・
が、マトモに兵隊を生産を出来るのが第2都市しか無いため
軍事力はダントツの最下位。コレは外交で生き延びる道を模索しないと
早晩潰されそうです。
・中国とアステカは仲が良いので対エジプトで足を引っ張りあって貰う。
・ドイツとケルトは仲が悪いので喧嘩して貰う。
隙間を縫って切り取れそうな土地が出来たら順次参戦して漁夫の利。
ソレまでは土下座外交で行こう。よし!基本方針決まった!
技術取得でも出遅れた感が有るので一つ技術を取得出来る度に
それをエサに交換を繰り返し他の技術の穴を埋めて行きます。
将軍の時は考えられないプレイですが、自力で全て開発とか
今の国力では絶対ムリなのでこうなります。これに気付いたのが最近ですが・・
ラスセス2世・・アンタ戦争もしててその技術力はどうなのよ・・?

時は流れ、1400年代。泥沼状態の続くアステカvsエジプトの戦争。
エジプトから対アステカの参戦要求が。ココでエジプトの機嫌を
損ねる訳には行かないが、コチラは君主政治時代で
住民の不満を兵力でむりやり押さえ込んでいる状態。
動かせる兵隊は・・・擲弾兵4部隊か・・
軍事力の比較を見るといい感じでアステカが削られています。
参戦要求に応じ中国経由でアステカに侵攻。
城はガン無視して街や畑を破壊して周り火事場泥棒に励みます。
アステカの弓騎兵の波状攻撃を受けそろそろ部隊が
壊滅しそうな雰囲気になった所でアステカに停戦交渉。
金300をゲット。
アステカと戦端を開いた所で中国との関係悪化も気になります。
コチラが停戦した後にエジプトもアステカと停戦。
大陸に平和が戻りました。
普通ならここで再度アステカの脅威に怯えなければいけない所ですが
戦争の間に土下座外交と貢物でエジプトとの関係を強化しているので
何時でもエジプトを召還できます。アステカ恐れるに足らず。
エジプト召還は有料ですけどね。。
1600年代。土下座が過ぎたのかペルシャの北側に広がる
ドイツの要求が厳しくなって来ました。
多少交渉負けしても良いんですが技術の恐喝は我慢できない。
時を置かず、北東でスコアトップのケルトのブレヌスがドイツの
ビスマルクに宣戦布告。いやぁ、高く付いたわ。
時を同じくしてアステカとエジプトの戦争が再開されます。
平和なのはペルシャ(自分)と中国。
そして海の向こうのモンゴル(フビライ)だけか・・
怖い怖い。
圧倒的な戦力でドイツを侵攻しまくってるケルトから参戦要求が。
待ってました!
火事場泥棒に励みつつ第2都市と国境の押し合いをしていた
ドイツの都市を破壊。首都が陥落した時点でドイツはケルトに降伏。
あっけないな。。。しまった。都市は破壊せずに残しておけば良かった。
コレで残すは無傷の中国とモンゴルのみ。
なんとか付け入る隙はない物か・・・
うーん、中国はそつなく立ち回っているようで敵対関係国がいません。
しいて言えばペルシャとの関係があんま良くない(笑
ケルトはエジプトとも国境を接しているのでこちらの方も気になります。
放置すればケルトvsエジプトと言う最悪の事態が起こりそう。
が、何故かケルトはアステカに宣戦布告。
属国のドイツもアステカに宣戦布告しまた。
外交の面白さが身に染みます。
国土で負けているエジプト相手に良い勝負をしていたアステカも
3国から攻められては助からないだろう。さようならアステカ。

が、ここで奇跡(?)が。アステカが中国の属国になりました!
とのメッセージが。
一瞬何の事か判らなかったのですが考えてみれば
エジプトorケルトに降伏するより中国の庇護を求めるのも
判らなくはありません。
しかし、アステカはエジプト、ケルト、ドイツと戦争をしています。
そこで中国の属国となると・・
そう、中国、アステカvsエジプト、ケルト、ドイツの大戦の勃発です。
ついに大陸で唯一無傷だった中国が戦争の舞台に出てきました。
コレで生き残れる!思わずガッツポーズを取ったのは秘密です。
ココで勝利の方法を模索してみる。
外交勝利・・ムリ。文化・・ムリぽい。征服・・論外。時間勝利・・ムリ。
宇宙船・・可能性は無い事も無い。
宇宙船勝利に望みを託します。
ペルシャとエジプトと言う壁を挟んで好き放題暴れられるケルトと違って
中国、アステカの攻撃を一身に受けるエジプトが戦線離脱。
ケルトvs中国の戦争を横目に見つつ
技術交換を頑張り一直線にアポロ計画へ・・・
銅が無いのが痛い。痛すぎる。世界地図を見ると世界に銅資源は4個
1個はケルトが、残りの3個は全て中国が持っています。当然交渉不可。
コレはオワタか・・?
嘆いても始まらないので戦争が終わる前に打てる手を撃たねば。
エジプトと防衛協定を結び戦争終了後の中国の脅威に備えつつ
唯一の生産都市である第2都市の強化に励みます。
どうせ軍事力は降伏時のアステカより少ないんで歩兵を生産しつつ
出来た端からケルトにプレゼントします。長引け戦争。
時は進み1900年代。ケルトvs中国戦争が終了。
こちらはやっとアポロ計画着手。中国の鼻息が聞こえます。
が、エジプトと防衛協定を結んでいるので戦線布告の恐れは少なくとも今は無い。
頑張れ第2都市。
しかし、アルミが無いので進まないアポロ計画。
中国が、続いてエジプトが、続いてモンゴルがアポロ計画を完成しました。
とのメッセージが。ウボア。
アルミ!アルミは何処だ!エジプトに2個有る!
交渉に行くと仲が良い筈なのに有り金全部と幸福資源全てを要求される。
馬鹿野郎ふざけるな。
・・背に腹は変えられない。大枚はたいてアルミゲット。追いつけ追い越せ!
しかし、なぜかココでエジプトとの防衛協定が破棄されてしまいました。
え・・?オレなんか悪いことした?
と、思ったらエジプトが再度アステカに侵攻したとのメッセージが。
うはぁ・・コレはマジで逃げ切れるかも。
戦争に続く戦争で発展が遅れていたケルトに技術をプレゼントし
対中国戦争に参加して貰います。
文化で押して中国の都市を侵食しているのでケルトの兵隊が
ペルシャ領から一方的に中国を攻撃する面白い光景も見られました。
残るは全く無傷のモンゴルのみ。しかし世界に2個しか無いアルミの1個は
ペルシャが頂いた。コレはいける!
緊急生産を有効にする為に長らく続いた君主政治と別れを告げ
普通選挙に切り替えます。首都の不満大爆発。知るか。
首都と第3都市は役目を終え、研究都市になりました。
第2、第4都市でパーツをフル生産。
エジプトからの要求が有ればいらない技術でも喜んで交換に応じ
ケルトから技術クレクレ言われても喜んで応じます。
残り20ターン。ついに残すは宇宙船のエンジン技術のみ!
税率90%でフル回転する研究。間に合うか?
ここで中国がケルトに降伏したとのメッセージが。
あらら・・そう言えば嫌な爆発音が聞こえてたな。。
これで、ケルトは中国、アステカ、ドイツを従える超大国になりました
残り8ターンでついに技術開発完了。
エンジン開発にかかるターンは幾つだ!!??
・・11ターン。。。オワタ。
2050年。ケルトは時間勝利を達成しました。
首相のブレヌスは最大の友としてペルシャの大キュロスを褒め称えたが
無策王の称号を貰い、真っ白になった大キュロスにその声が届いたかどうかは定かではない。

Civ4日記05 WL ペルシャで貴族」への1件のフィードバック

  1. ○ぉ

    序盤の都市が少ない気がします。せめてメイン8都市欲しいです。後は、副次効果の出る武器が出るまでは、ユニット数がそろってれば攻めなければ大丈夫かと・・・(維持費に金のかからない政治体制を選ぶ必要もありますが・・・)

    返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中